• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

松井 優征 『暗殺教室』 18 「バレンタインの時間」

バレンタイン・ケーキ
ハートに隠された──本当の甘美

18巻の表紙は、本編よりも一足早い桜模様です!
松井 優征先生の後書きによると、「今回の桜は、ボツ案も秀逸なもの揃いだったので、どこかで公開したいなぁ…」とのこと。もうすぐ時間が できるでしょうし、イベントなどで拝見できるかもしれませんね!
そう、「卒業」まで本当に残りわずかです……。

第18巻の見どころ

何と言っても「やっぱりガサツ」が良かった!
毎度おなじみな岡野ひなた前原 陽斗の夫婦マンザイです。──が、描き下ろしの「突発性四コマ」では、いつもより岡野が積極的すぎる!
これは、『タカヤ -閃武学園激闘伝-』の名言「あててんのよ」に次ぐ衝撃です! 言わば「見せてんのよ」という感じかな!?
──前原には見てる余裕は ないけれど。


現実の方が盛り沢山だった」は苦笑しました。
2016年は、年明け早々から ずっと慌ただしい。某・野球選手の「お薬」や各方面の不倫問題など、本業を飛び越えたエンタテインメントが爆発しています(本人たちは けっして娯楽感覚ではない だろうが)。
事実は小説よりも奇なり」ということで、「殺せない触手生物」や「中学生の暗殺者」が普通に思えてきます(本当か!?)。


まさかの『DEATH NOTE』ネタも出ました!
本編でモジモジしていた狭間 綺羅々には、やはり裏の魂胆があったようです。あの「愛の手紙」はデスノートだったのか!?
──という性格付けで狭間は一年間を過ごしました。しかし、彼女はちょっとしたキッカケで「高校デビュー」しそうな気がする。『SKET DANCE』の結城 澪呼から連想しただけですが。


」の描き下ろしも興味深かった。
「自分で自分が間違えた可能性を指摘できる」なんて、人間よりも人間らしい。ある意味では人間(とくに頭の硬い中年)よりも高性能です。
自律思考固定砲台」として「生を受けた」彼女は、いまでは世界中に羽ばたく自由さを持っている。──ただ、卒業後は政府に どう扱われるんだろう……。


神崎 有希子だけが七三分けの罰ゲームを逃れました。
第156話の感想でも指摘した この描写は、作画のミス──では なかったようです。彼女が「ゲームの達人」であることを示すエピソードでした。
たとえば、神崎がゲームの制作会社に入ったら面白そう。いかに──ユーザから効率よく搾取するかというマネー・ゲームも強いに違いない!


二代目「死神」の評価が意外です。
初代「死神」──殺せんせーによると、たった「10年早い」だけでした。二代目が辛抱強く鍛錬を続けていれば、いつかは初代を超えられたかも しれません。
殺し屋になるしか道が なかった初代と、自分から道を選べた二代目との差ですね。何もかも恵まれている者は、自分の幸福さに気がつかない。

このブログの感想記事

おわりに

題名は「恋愛と戦争では手段を選ばない」から借りました。
ガールズ&パンツァー』でダージリンが語った言葉です。正確には、「こんな格言を知ってる? イギリス人は──」が頭に付く。
これは実際にあるイギリスの ことわざです。──ダージリンの格言は でまかせと思っていました。ところが、けっこう出典のハッキリしている(けどジョークな)場合が多い。
ガルパンは いいぞ。


カバーに書かれた作者の言葉も見逃せません
暗殺教室では「皆が綺麗に終わる事」を目指しましたとのこと。また、終わり方が最も大事な漫画とも語っています
週刊連載では、その終わりに向かって一歩ずつ進んでいる。その「一歩」は、殺せんせーと同じくマッハ20くらいで飛ばしています。最後までの回数を明かされても、まだ着地が見えてきません。
今は ただ、連載開始時と同じくらいワクワクしながら次回を待っています!

[2] このページの一番上へ戻る