• 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER』 No.353 「冷徹」

Gêmeas - Twins
本物も偽物も──利用されるだけの人生

異次元の死闘が続いています。
天空闘技場に集まった人々は大半が「」(ネン)を知りません。実況者すらオーラが見えていない。「奇術師のトリック」とでも思っている のでしょうか。

そんな状況は お構いなしに念バトルは展開する。
クロロ・ルシルフルが終始リードしています。ヒソカ・モロは後手に回るばかり。中dもとい後出しが得意なヒソカとは言え、防戦一方は厳しい(ナニかと言い間違えなかった!?)。
久しぶりにヒソカの「ズキュウゥゥゥン」が飛び出しました。が、そんな余裕も削り取られていく──。
右ほほと同様、ヒソカに初の「黒星」が付くか!?

引き寄せられる運命

携帯する他人の運命」のアンテナが気になりました。
釣り糸でも結んでおいて引き寄せたか」とヒソカは軽く結論づけています。自身が「伸縮自在の愛」(バンジー ガム)の使い手だからでしょう。
ただ、「ブラック ボイス」のアンテナは おそらく世界に二つだけのはず。そんな貴重な物を「切れたら終わり」な糸で回収するだろうか?(シャルナークが夜なべして作っているのかも)
そこで別の案を考えてみよう──。

人間を操る能力」をクロロは別に持っているのでは?
今回の死闘で使う能力をすべて明かした──とクロロは宣言しています。しかし、それが真実か どうかは判断できない。ウソつきなヒソカに語ったからこそ、クロロの言葉は完全に信用された。それこそが団長のトリックかも しれません。

オーラの器

クロロは何十人ものコピーを作り出しました。
神の左手悪魔の右手」(ギャラリー フェイク)の持ち主・コルトピは巨大なビルすら何棟もコピーしています。クロロも同じくらいの質量を生み出せるのだろうか? 同時に「人間の証明」(オーダー スタンプ)で何十人も操作している。命令を受けた人間──もとい人形は、元の本人と同じく何の能力も無いはずです。それなのに、お互いの体を利用して空中のヒソカに襲いかかっている。

クロロのオーラ量が恐ろしい……!
並みの能力者であれば、一つ一つの念能力を使うだけで精一杯でしょう。それなのにクロロは、複数の能力を操りながら体術も一流です。オマケに本の管理にも余念が ない。

一方、「転校生」はアッサリと解除しています。
前回の説明でも「コンバート ハンズ」の効果はビミョーに感じました。そもそもクロロが転校生で返信している描写が無い。このまま無かったことに されるのでしょうか。
それとも、コンバート ハンズこそがクロロの切り札だったりして。

団長の真意

脇腹を蹴られたヒソカは本当に痛そうでした。
ほぼ初めて見せた間抜けで惨めな表情のヒソカです。それでもヒソカは戦闘を止めない。まだ勝ち目は あると考えてクロロを追っている。
クロロにしても手は抜かないでしょう。ヒソカが戦い続けて命を落とすようであれば、それだけの器と見るに違いない。
しかし──。

やはり団長はヒソカの命を奪う気は ないのでは?
ヒソカの体力と精神を削ることで降参させることが目的だと見ました。現に、「番いの破壊者」(サン アンド ムーン)の刻印を押す機会は何度も ありました。
しかし、刻印の威力は上がるには数秒間 押し続ける必要がある。それだけのスキをヒソカは見せないはず。最初から刻印で止めを刺すつもりは なかったと思う。

(「ヒソカを壊せ」ではなく「ヒソカを取り押さえろ」と人形の命令を下している可能性は ある)

反撃の一手

初めてクロロがヒソカの攻撃を受けた瞬間です。
たったの一撃とは言え、念の攻撃が頭部へ命中しました。気絶するか致命傷になる可能性もある。ただ、さすがに これで「ヒソカの勝利」とは ならないでしょう。
仕切り直して死闘は まだ続くのか……?


クロロは なぜ死角を突かれたのか?
一頭目の首を団長は完全に把握しています(イヤな数え方!)。戦闘中でも つねに「」(ギョウ)を使っているからでしょう。ヒソカが「」(イン)で念を隠しても見られてしまう。
本来で あればクロロが不意打ちを食らう余地は無い。

ところがクロロは二発目の攻撃を防げなかった。
いまのところ一発目と同様に「人形の首」か どうかは不明です。もしかしたら首とは別に仕込んでおいたワナでしょうか。「薄っぺらな嘘」(ドッキリ テクスチャー)で衣服や床にワナを隠したのかも。

おわりに

観客に追い詰められるヒソカに既視感を覚えました。
頭に浮かんだ映像は『マトリックス リローデッド』の「100人スミス」です。そして下の懐かしい動画も思い出しました。


二撃目の不意打ちと言えばキルアのヨーヨーです。
爆弾魔」(ボマー)の一人・サブキルア・ゾルディックが戦いました。その際にキルアは(重さ一つ50kgもある)ヨーヨーの二つ目を隠し持っています。
ズボンの丈夫さと共に、その戦術に感心しました。

(同じ巻のゴン・フリークスゲンスルー戦でも『マトリックス リローデッド』の名を上げている。ドンだけ好きやネン!)

[2] このページの一番上へ戻る