• 更新:
  • 投稿:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER』 No.364 「思惑」

phone
電気信号に置換される──死神の伝言

正規国王軍を兼ねた第一王子の私設兵は、最悪に厄介な存在です。
ビンセントは「防衛権」を盾にして(むしろ矛にして?)好き放題できる。念能力や拳銃を使い、王子や側近を消せれば良し。あるいは、正当防衛で退場させられることも計算済みでしょう。

たとえるなら、〈伸縮自在の愛〉(バンジー ガム)で全身を覆ったヒソカが襲ってくる感じです。
クラピカからすると、受けても攻めても──もとい、攻撃しても防御しても排除させられる。当然、クラピカのことだから、ビンセントに「協力」するハズもない。

この危機をクラピカたちは どうやって乗り越えるのか?

今回の見どころ
  • クラピカの人差し指の鎖に新しい事実が発覚
  • ......おや!? ワブルおうじの ようすが......!
  • 「エンペラー タイム」には恐ろしいルールが......
  • 一難去ってまた四難!
虫取り代行

クラピカの鎖には まだ奥の手が残されていました。
人差し指の絶対時間〉(ステルス ドルフィン)は、吸い取った能力を 他人に移動させる。さらに、念能力を使えない人間でもドルフィンを認識できます。

この能力により、口うるさいイルカの おしゃべりオイト王妃と共有できました!(そこ!?)
──なんとなく、「本当は自分の気持ちを他人にも理解して欲しい」というクラピカの深層心理が隠されていそうです。

ビスケ
ホントは さみしかったんだね
クラピカ
BB──ママー!
ビスケ
ババァ?(ビキビキ#

──みたいな やり取りが楽しめたりして(続きは夏・冬の薄い本で)。

いつまでも赤児のままで いられない

急に泣きやんだワブル王子が謎でした。
現時点でのワブルは、「ただの赤子」以上の描写は ほぼ皆無です。唯一、一瞬だけ〈オーラ〉のような気配を察したくらい(No.358 「前夜」)。
それなのに、まるでクラピカの言葉を完全に理解したようなワブルの反応です。あるいは、最低でもクラピカの覚悟を言葉ではなく心で理解できたように見える。

そもそも、ワブル王子に(も)向かって「信じて いただけますか?」とクラピカは聞きました。この点も奇妙です。
どこかの時点で、「ワブルは人語を解する」ことをクラピカは察知していたのか?

ただ、ワブルが「ば あ」と赤ん坊らしい反応をする場面では、クラピカは驚いているようにも見える(アニメだったら「目をパチクリ」しそうな表情)。
親子の両方にクラピカが呼びかけた理由は、ただたんに「仕事上の礼儀」だったのかも。

まだまだ隠す鷹の爪

ビルの能力は何だろう?
ビンセントに銃を撃たれても、接近して押し倒しても、ビルは基本的な〈念〉しか使っていません。
クラピカが〈奪う人差し指の鎖〉(スチール チェーン)を使わなかったら、ビルはビンセントに倒されていたのでは?
そんな状況でも、ビルは〈発〉を使わない。つまりは、ビルの念能力は戦闘向きではない、ということでしょう。

あるいは、「すでにビルの能力は描かれている説」を考えてみました。どれもショボいな......。

  • 国王軍すら見逃しちゃうね、な「ドン」と消えて現われる能力
  • 私設兵ですら屈服させる「ヒジ」こそがビルの能力(コマンド: →→→P)
  • 銃弾を食らっても「さすがに かなり痛えな」くらいで耐えられる「防御力」
  • じつは、〈虚空拳〉を出せなかったのはビルの能力だった
  • スーパーサイヤ人のように髪を逆立てて強く見せるスキル
命の価値は

発動時 一秒につき一時間!! 寿命が縮む...!!

絶対時間〉(エンペラー タイム)の制約が明かされました。つまりは、「発動時間の3,600倍」の寿命が減っていく......。「長時間 使っていると寝込むくらいに疲れる」程度のデメリットでは なかった。
一週間も発動すると、約69年の寿命が消し飛びます!

「クルタ族は妖怪(例: 蔵馬)並に長寿の種族」──といった可能性は薄い。「(現実的では ないな......)」というクラピカの独白から考えて、せいぜい他の人間と同じ80-100歳ほどの寿命でしょう。

──ん? ドン゠フリークスは、暗黒大陸を300年以上も冒険しています。究極の長寿食〈ニトロ米〉をクラピカがモリモリと食べれば問題は解決か!?

(「ドラゴンを倒すには、ドラゴンが飲み込んだ剣で斬れば良い」みたいな無理難題)

むなしい戦利品

虚空拳〉(エア ブロウ)は、ビンセントの動作から考えて、おそらく放出系でしょう。または、「強化系で威力を増した掌打から空気銃のような飛道具を打つ」──といった念能力だと見ました。
「コブシ」ではなく「手のひら」じゃねーか! とツッコみたくなるのは〈波動拳〉と同じ。

いずれにせよ、〈エア ブロウ〉の発動条件は それほど難しくはないはず。
──「頭を丸めて眉を剃る」という「覚悟」を乗り越えた末に獲得した「制約と誓約」かも しれませんが。

ただ、どう考えても戦闘用の能力で、しかも一発しか打てません。名前の とおりに、誰もいない「虚空」に打って終わりそう。

(──という予想の「その少し 斜め上」を行ってほしい。たとえば、この〈虚空拳〉こそがツェリードニヒから〈緋の眼〉を奪う決定打になる、とか。絶対ムリだけれど)

死を呼ぶ四

もっと悩ましい状況が最後に待っていました。
ベンジャミンは分かるが、さらにチョウライツベッバまでクラピカを呼び出してきました。この間の悪さは わざとなのか?

おまけに、新たな刺客としてバビマイナが送り込まれてきました。「三下感」が強かったビンセントと違って、バビマイナは そうとうの切れ者だと感じます。

いったい、誰の相手を最優先に するべきなのか?
今回は、「答えは沈黙」では終わりません。

普通に考えれば、優先順位の最下位はバビマイナでしょう。王子よりも優先する理由は皆無です。
ただし、バビマイナを送り込んだのはベンジャミンでした。バビマイナよりも先に他の王子と話したら、それはそれで反逆行為と みなしてきそう。

やはり、最優先するべきは第1王子・ベンジャミンですね。
その上で、第3王子と第5王子には「第1王子に呼ばれた」と答えるしかない。──なんだか ありきたりな答えですが。

というか、各王子に事情を説明するのは交換台の仕事なのでは?

おわりに

今週号の「ジャンプ」には、『ONE PIECE』の20周年を記念した企画が載っていました。題して「マンガに隠れた麦わら帽子を探せ!!!!」です。ルフィの被っている麦わら帽子が各マンガに隠されていました。
我らが『H×H』も企画に参加しています。それどころか、なぜか他の作品のアイテムまで盛り込まれている!?

  • 阪神タイガースのロゴ(作者・冨樫 義博氏の趣味): 1ページ目、下のコマにいるクラピカのジャケット
  • 「ジャンプ」の海賊マーク: 2ページ目、「もっとも危険なのは お前だ」のコマ
  • ゴルフのクラブ(『ROBOT×LASERBEAM』): 7ページ目、ドンと飛び出すビルのコマ
  • 磯兵衛のマーク(『磯部磯兵衛物語』): 9ページ目、ビンセントの上着
  • 竈門炭治郎の耳飾り(『鬼滅の刃』): 11ページ目、「貴様を 拘束する(キリッ」と宣言するクラピカ
  • ルフィの麦わら帽子(『ONE PIECE』): 12ページ目、1コマ目にいるビンセントの頭上
  • E = mc2の公式(『Dr.STONE』): 13ページ目、4コマ目のカベ
  • 制御装置(『斉木楠雄のΨ難』): 14ページ目、2コマ目にいるバルサミコの前
  • サッカー・ボール(『キャプテン翼』──もとい『シューダン!』): 16ページ目、3コマ目のカベ
  • 定春の置物(『銀魂』): 18ページ目、4コマ目にあるテーブルの上

麦わらとは違う帽子も出てきました。しかも2か所に描かれています。おそらく麦わらとの引っかけでしょうね。
が、個人的には『家庭教師ヒットマン REBORN!』のリボーンが被っている帽子だと思いたい。

  • 帽子 1: 3ページ目、1コマ目のカベ
  • 帽子 2: 17ページ目、4コマ目にいるドルフィンの模様

この帽子の種類をネット上では「シルク・ハット」と呼ぶ人も いました。しかし、これは「ソフト帽」・または「中折れ帽」でしょう。

あと、『青春兵器ナンバーワン』が個人的に好きです。でも、冨樫先生の お眼鏡に かなわなかったのか、今回のネタには入っていませんでした......。ネジを一本 仕込むだけなのに!


こち亀』最終回の掲載号でも「両津 勘吉のマユゲ」を作中に登場させる企画がありました。ほとんどの作家は、目立たないように隠してマユゲを描いています。この企画を正しく理解していたワケですね。

ところが、『トリコ』がスゴかった。
かなり重要で感動する場面なのに、全力で「台無しの時間」にしていくスタイル! ギャグを押し出した作風の初期なら分かる。しかし、物語の終盤も近く、マジメな展開が続く時期でした。
そこへ「シリアスな笑い」をブチ込んでいく!

【トリコ 387話ネタバレ】トリコ、覚醒!!→両津化ワロタwwwwww【画像】 : 最強ジャンプ放送局

ところで、本当に両さん愛に あふれているのであれば、すべてのコマの全員を「両津マユゲ」に しても良かったはず。その上で、いつもの作風を押し通す。──そういうマンガが一作でも あれば良かったのに。
それこそ、初期『トリコ』だったら、ごく普通にトリコと勘吉を戦わせたと思う(そして作者・しまぶー本人が「秋本先生、すみません!」と作中で謝る)。


今回の題名は「泣く子と地頭には勝てぬ」から借りました。「道理の通じない者や権力者にはどうやっても勝てないから、無理を言われても従うしかない」という意味です。改変する前から本編に合った言葉ですね。
ただし、「泣く子」も「王子」もワブルが当てはまるけれど。ついでに泣き止んでるし。

Amazon PrimeDay
Amazon PrimeDay(プライムデー) 2017 | あれも、これも、欲しかったもの大セール!

[2] このページの一番上へ戻る