『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』 空へ水へ、ヒロインのために!

トム様が体を張ってスパイする季節が やって来た!
シリーズ 5 作目は、アクションもシナリオも評価が高い。
「W ヒロイン」など、あまり注目されない点の感想を書いた。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 最強・最弱のランク更新!

英雄たちがパワー・アップして帰ってきた。
敵も進化して目的の達成を目指す。
もっとも目を引いたのは「彼」の変化だ。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 老若シュワ×合体

なつかしい名前を連ねる新しい物語だ。
近未来から過去へ、そして未来へと舞台は移る。
旧作に とらわれすぎない感想を書いた。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 爆音も黙る女戦士の一発

凶悪な男たちが改造車で追いかけてくる。
戦いながら逃げる女たちに未来はあるのか。
そして、主人公は何を求めて さまようのだろう。

『アメリカン・スナイパー』 戦争賛美でも反戦でもなく

彼は「番犬」として生まれた。
国と家族を守るため、聖書を胸に戦う。
伝説よりも英雄よりも、彼が求めたのは──。

『ゴーン・ガール』 円満な夫婦生活・オア・ダイ

とつぜん行方の分からなくなった妻を探す。
そのわりには、夫の態度には違和感があった。
鑑賞後、それでもアナタは結婚生活を送れるか?

『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』 刺さる散る落ちる

新生シャーロック・ホームズ映画の第 2 弾だ。
謎解き要素をスパイスにしたアクションが見ものである。
ホームズの宿敵や兄が登場した。

『ミッション:インポッシブル / ゴースト・プロトコル』 世界一のビルからダイブ!

シリーズ 4 作目は、主人公に最大の危機が訪れた。
最新の装置や豪華な衣装・高級な舞台と贅沢な映画だ。
CG を極力使わないアクションが見ものである。

『カウボーイ & エイリアン』 インディ・ジョーンズ & 007!?

西部劇の時代に宇宙人が襲来する。
SF アイテムと馬の融合が新鮮だ。
無心に次の展開を追う楽しさを味わって欲しい。

『ルーパー』 愛のために生きるか アイのために死なせるか

時間旅行を題材にした SF とアクションが融合した映画だ。
世代に違う同一人物を別人のように描いている。
2 つの人生には、2 つの愛が必要だ。

『007 スカイフォール』 ジェームズ・ボンドの故郷で散る!

ダニエル・クレイグが演じる 007 の第 3 弾だ。
ジェームズ・ボンドの不吉な未来を思わせる敵が登場した。
迫力あるアクションと、謎の多いボンドの過去が見どころだ。

『バイオハザード V リトリビューション』 ふたたび東京とアリス

前作までの登場人物が多く出演する。
総集編のような構成の映画だった。
最後には今後の新展開が見える。

『バイオハザード V リトリビューション』 ふたたび東京とアリス

前作までの登場人物が多く出演する。
総集編のような構成の映画だった。
最後には今後の新展開が見える。

『アベンジャーズ』の最強は誰だ!? 脳天気に楽しめるアクション大作!

マーベル・コミックのヒーローたちが共通の敵と戦う。
ところが、なかなか協力し合わずに争ってばかりいる。
ヒーロー同士の戦いも見どころの大作映画だ。

『キャプテン・アメリカ』の最重要人物とは!? お気楽ノリで観られる映画!

大作映画の『アベンジャーズ』に連なるシリーズ作品である。
『アイアンマン』や『マイティ・ソー』の関連が多く出てきた。
ただし、ある重要な人物の扱いには疑問がある。

『マイティ・ソー』は主役もヒロインも魅力的な名作アクション映画!

悩みながら成長するヒーローを描いた映画だ。
北欧神話の壮大さとアメコミの痛快さが楽しめた。
『アベンジャーズ』や続編での活躍も期待できる。

『ダークナイト ライジング』のテーマは「希望と絶望」! 両者は表裏一体

生まれ変わった『バットマン』シリーズの第 3 弾だ。
シリーズ 1 作目と深く絡み合う話だった。
完結編であり、物語は終わったはずだが──。

『P2』は傑作サスペンス・ホラー! 自分が被害者になり得る恐怖を味わえる!

クリスマスのニューヨークで悲劇は起こる。
残業に追われる彼女に、さらなる恐怖が襲いかかる。
誰もが巻き込まれかねない恐ろしさだ。

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』は大迫力のシリーズ最高傑作!

あいかわらず派手なアクションに圧倒される。
それだけではなく、凝ったシナリオにも注目だ。
笑える場面も多くて見どころの多い作品である。

『トランスフォーマー/リベンジ』は大迫力のオトナ向けアクション映画!

前作と同じ監督・配役によるアメリカ映画だ。
派手な戦闘だけではなく、主人公の成長も描いている。
笑える場面も多くて大いに楽しめた。

『永遠のこどもたち』は名作映画! 母親の愛情と執念は無限大

地味な設定と画面が好印象の映画だ。
家族がいることの ありがたさを再認識した。
ホラー映画のような要素もあるが、恐がらずに見て欲しい。

『アイアンマン 2』はヒロインのアクションが最高! 悪役も渋い迫力が見事!

前作と同じ監督と主役で 2010 年に公開された。
アイアンマンとウォーマシン・ドローンの戦いが見ものだ。
さらにはブラック・ウィドーの格闘戦が素晴らしい。

『アイアンマン』は傑作アクション映画! 原作コミックとの違いにも注目!

2008 年に公開されたアメリカの映画である。
自然な CG で見せる重厚なアイアンマンが素晴らしかった。
主役の人間像も楽しめる作品に仕上がっている。

『冷たい熱帯魚』はスゴ映画! 村田幸雄よりも恐ろしい邪悪な存在とは?

園子温 監督の作品で、実話を元にしている。
吹越満氏と でんでん氏の演技が素晴らしい。
オトナが楽しむ娯楽映画の傑作だ。

『シャーロック・ホームズ』は最高傑作のアクション映画!

コナン・ドイルの書いた原作から、多くの創作が生まれた。
今回の映画は、原作に忠実な主人公像と新しい名脇役像が特徴だ。
ミステリィよりはアクションの部分が大きく、冒頭から引き込まれる。

[2] このページの一番上へ戻る