『よつばと!』 13 巻は ばーちゃん初登場!とーちゃんの本名公開!

突然ばーちゃんが やってきた。
来訪の理由にも容姿にも驚かされる。
楽しい日々は あっという間に過ぎていき──。

『よつばと!』 12 巻は おもしろすぎ警報発令!

なにげない日常のなかに楽しさがある。
秋らしい行事も体験できた。
小岩井よつばと、きょうは なにしてあそぶ?

エヴァンゲリオン・SKET DANCE・ニセコイ・暗殺教室・恋染紅葉 新刊発売!

楽しみにしている作品が来月に発刊される。
自分が感想を書いている作品をおもに取り上げた。
どの作品も手元に届くことが楽しみだ。

『ジョジョリオン』 3 巻・『JORGE JOESTAR』・『JOJOmenon』発売せまるッ!

荒木 飛呂彦先生の描く最新作が発売される。
『ジョジョ』の小説は舞城 王太郎先生が書いた。
さらに、『ジョジョ』の魅力を語るムックも登場する。

『少年ジャンプ NEXT! 2012 SUMMER』は『ニセコイ』と『magico』をイチ押し!

「週刊少年ジャンプ」の特別編集増刊号を購入した。
多くの作品のなかから、とくに自分が好きな作品を紹介する。
さわやかな読み味で楽しめた。

『少年ジャンプ NEXT! 2012 SUMMER』は 2012/08/11(土)発売!

『ニセコイ』の登場人物が鮮やかな表紙だ。
同作品の番外編や単行本カバーも見られる。
ほかの連載作品の番外編も読めて充実した内容だ。

ニセコイ 3 巻・パジャマな彼女。2 巻・ONE PIECE 67 巻 2012/08/03 発売!

来月に発売される「週刊少年ジャンプ」の単行本を紹介する。
感想を書き続けている作品も、そうではないマンガも おもしろい。
これからもマンガの面白さを伝えていこう。

『のりりん』 5 巻 鬼頭莫宏 - 旅は「道」連れ

かつては いがみあっていた者同士が集まった。
今では仲良く今後の予定を立てている。
欠席者を出しながらも、冒険が始まった。

バクマン。 20 巻・SKET DANCE 25 巻・ニセコイ 2 巻 2012/07/04 発売!

「週刊少年ジャンプ」の単行本が同時に発売される。
このサイトで感想を書き続けている作品も含まれていた。
思い出深い 1 冊になるはずだ。

『進撃の巨人』や『孤独のグルメ』・『寄生獣』を DMM でダウンロード!

DMM.com では電子書籍のダウンロード販売を行なっている。
写真集や小説・雑誌のほかに、マンガ作品も扱う。
過去に紹介した作品を中心に紹介する。

4 月発売! 『HUNTER×HUNTER』『SKET DANCE』『ジョジョリオン』『進撃の巨人』

2012 年の 4 月には多数のコミックスが発売される。
そのなかから、当サイトで感想を書いてきた 4 作品を取り上げた。
どの作品も感想の書きごたえがあって喜ばしい

『のりりん』 4 巻 鬼頭莫宏 - 老いた松が手渡す刃

ロードバイクの現状を知ると、次々に問題点が見えてくる。
何かと問題を起こす主人公には見過ごせない。
そんな主人公と「気が合いそう」な人物も登場した。

『のりりん』 1~3 巻 鬼頭莫宏 - 性格の悪さが実力差を埋める

ロードバイクが大好きな少女と、自転車嫌いな男を描いたマンガだ。
3 巻までは意外なことに、少女の母親の魅力でグイグイ引っ張る。
自転車のことを「チャリ」とバカにする人にこそ読んで欲しい。

久保帯人先生が「G カップを拝みたい!」と連呼している……だと……!?

久保帯人先生が「G カップを拝みたい!」と連呼している件
何気なく「ジャンプ」を読んでいると、面白いページを見つけた。
『BLEACH』の作者である久保帯人 先生のコメントだ。
関連する Twitter のツイートも紹介する。

『ヒミズ』に出てくる「化け物」の正体! 幻覚ではなく特定の個人説

主人公の背負う失望感が、『ヒミズ』を読む者にも重く のしかかる。
本作品に出てくる「化け物」も、不幸を象徴しているようだ。
しかし、「化け物」の正体は登場人物の 1 人だと思われる。

『よつばと!』 11 巻は懐かしい人物の再登場と新アイテムに注目!

懐かしい登場人物が勢ぞろいしている。
それぞれの人物の珍しい一面が見られて新鮮だ。
小岩井よつばにも新しい趣味ができた。

「シャッキリポン」を超える!? 『美味しんぼ』の珍セリフ!

ずっと前から『美味しんぼ』が好きだ。
とくに 50 巻あたりまでは、何度も何度も繰り返し読んできた。
読み返すたびに吹きだす「珍セリフ」を紹介する。

『屍鬼』 小野不由美×藤崎竜 11 巻 - ヒトと火と死と

マンガ版『屍鬼』の最終巻が発売された。
人間と屍鬼との戦いは、一方的な展開になっている。
最後に「勝った」のは、いったい誰だったのか──?

『HUNTER×HUNTER』 28 巻・『SKET DANCE』 19 巻・『屍鬼』 11 巻

表題にある 3 冊の単行本が、明日(2011/07/04)に発売される。
3 作品とも、このサイトでは感想を書き続けてきた。
今回は、発売前の紹介をお送りする。

よつばと! - 主人公と同じ目線で面白さを探す

一言で言えば、「ほのぼのとした日常を描いたマンガ」である。
しかし、読んだ人によって大きく印象が変わる作品だ。
この作品の面白味をどこに見つけるか──ということ自体を楽しもう。

『屍鬼』 小野不由美×藤崎竜 10 巻 - 屍鬼と仕事は仲間を作る

血に染まる神楽から悲惨な展開が続いている。
ただし、被害にあっているのは人間ではない。
人間たちの反撃に対して、屍鬼に切り札はあるのか?

料理マンガにおける「味見」 - 適切な味見は愛らしいキスのように

「カクテルを作る際に、バーテンダは味見するのか?」と疑問に思った。
女性の友人がバーで働いているため、現場の経験を聞いてみる。
そこから発想して、料理マンガで調理中に味見するかどうか、思い出してみた。

『屍鬼』 9 巻 小野不由美×藤崎竜 - 多くの人間に取り囲まれた母親

コミックス 9 巻は、尾崎と千鶴が霜月神楽に到着した場面から始まる。
千鶴は体調が優れないようだが、尾崎はどこか楽しそうだ。
一方、夏野はたんたんと行動を進めている──。

『なるたる』 9~12 巻 鬼頭莫宏 - 少女は地球(ほし)に夢を描く

さまざまな出来事や思いが実を結び、そして朽ち果てていった。
やがて、音を立てて世界が崩れていく。
最後に残ったのは──。

『なるたる』 5~8 巻 鬼頭莫宏 - 天使と華と歯の生えたモノたち

少女たちの近くで、次々と不思議なできごとが起こる。
多くの死を見た少女は、何を思ったのだろうか。
終盤に向けて、静かに話が加速していく──。

『なるたる』 1~4 巻 鬼頭莫宏 - 海に沈むホシと出会う少女

夏休みに不思議な生物と出会い、少女たちの冒険が始まる。
そんなワクワクする始まり方をする──過酷な物語だ。
やがて少女は、「黒の子供会」と名乗る人物たちと遭遇し──。

『屍鬼』 8 巻 小野不由美×藤崎竜 - 恋も思い出す小芋の思い出

尾崎敏夫の近くからは、次々に味方が離れていく。
結城夏野と室井静信も、それぞれの道を歩んでいるようだ。
そして、桐敷千鶴は敏夫の元を訪れて──。

『屍鬼』 6~7 巻 小野不由美×藤崎竜 - 生きる苦しみ・不死の痛み

村を覆い尽くそうとしている死に対して、立ち上がる者が増えた。
しかし、その犠牲になり、失ったモノも多い。
はたして、人間としての自分を保ったまま、この戦いを終えられるのか──。

『屍鬼』 3~5 巻 小野不由美×藤崎竜 - 招かれざる招待客

村人の命を奪うモノの正体に気づいた人間がいる。
これでようやく、村から死の原因が消えるのだろうか。
しかし、絶望的な夜が訪れて──。

『屍鬼』 1~2 巻 小野不由美×藤崎竜 - 死に包囲された村

『封神演義』などで知られる藤崎竜が描く、ホラー・マンガである。
あまりにも特徴的な絵柄と、奇抜なキャラクタの描写で、作品の世界に引き込まれた。
山村で起こる大量死は、何が原因なのか──。

『バーテンダー』 - 13 巻以降の華麗なる主人公交代劇

『バーテンダー』の主人公は、佐々倉という男だ。
しかし、13 巻以降は和久井という新人バーテンダが登場する。
自分の目には「主役が変わった」と見えたのだが──。

『マンホール』 - ミステリィとしても素晴らしいホラーマンガ

ストーリィが非常に作り込まれたマンガだ。
ただコワイだけではなく、謎解きの要素や伏線の回収も、上手に描いている。
ホラーが好きな人だけではなく、ミステリィ好きにも読んで欲しい。

『バーテンダー』 - 人と人とをつなぐ一杯の酒

タイトルのとおり、バーテンダーが主人公のマンガとなっている。
カクテルと酒のウンチクがたくさん出てくるが、メインは人と人とのふれあいだ。
クセのある人物が多く、読みごたえがある。

『魔王 JUVENILE REMIX』 - 蜂のように舞い、蝉のように刺す

少年マンガではよくある、超能力者たちが戦う話。
──とひとくくりにできないくらい、主人公たちの能力が珍しい。
主人公がいつも言っている「考えろ」が伝染する面白さだ。

「マンガのレビュー」とは「あらすじを書くこと」なのか?

世間ではマンガのレビューサイトとは、面白い部分のダイジェストを紹介する場所、となっている。
そのほうが読者の共感が得られやすく、重要も多いようだ。
──ということを改めて知って、自分なりに思ったことを書く。

DMM.com コミックレンタル - マンガの置き場に困ったらレンタル!

「レンタルですます」という消極的な態度ではなく、積極的に借りるのがアルファ・レンタラだ。
映画の DVD やカメラだけではなく、コミックのレンタルも利用したい。
後半は、DMM.com といえば──ということで、アダルトな情報もすこし書いた。

『雑君青保プ』の重版出来!/ 雑君保プのデビュー前後が明かされる

しばらく在庫切れになっていた『雑君青保プ』の第 2 刷が発行されたので、さっそく購入した。
インタビュー記事でデビュー以前のことが書かれているのが興味深く、驚きもいくつかあった。
デビュー作(?)の『ゲーセンおわらえ』から最近の作品まで、幅広く雑君保プの世界が楽しめる。

『むこうぶち』 主人公の強さ──だけが魅力ではない麻雀マンガ

麻雀(マージャン)を題材にしたマンガは数多くあるが、最近は『むこうぶち』が好きだ。
ただ単に強い主人公が勝つ──だけではない面白さがあり、「敗者のドラマ」が面白い。
マンガというと「少年マンガ」の文脈で読んできた自分には、良い意味で裏切られる展開が新鮮だ。

『雑君青保プ』『雑君赤保プ』 雑君保プの新刊はカラーページが大量!

「雑君保プ」(ざっくんぽっぷ)先生の新刊コミックが 2 冊も発売された。
廃刊された雑誌や入手が困難な同人誌の掲載分・未収録のマンガも一気に読めるのでお得だ。
『雑君青保プ』のほうが 1 か月前の発売日だったせいか、残りの在庫が少ないようだ。

『ロマンシア』 円英智・寺田憲史 - 80 年代後半の傑作マンガ

『ロマンシア──浪漫境伝説』は 1988 年発行のマンガで、ファンタジィ要素が強い冒険もの。
元のゲームは男性が主人公だが、本作では女性に変更し、ストーリィも深みが加えられた。
20 年前の作品とは思えない、詳細な絵を描く円英智(つぶら ひでとも)氏は、著作が少ないのが残念。

『アイシールド21』の村田雄介先生、「作画屋」を自称

『ヘタッピマンガ研究所R』で、村田雄介先生が「作画屋」と自称していて驚いた。
最初は、村田先生が話作りの才能がないことを嘆いているように見えたからだ。
しかし、『小飼弾のアルファギークに逢ってきた』を通して、プロの発言ということに気付いた。

「はぐれメタル が あらわれた!」の新作ドラクエマンガ

「はぐれメタル が あらわれた!」はドラゴンクエストを主題にしたマンガ(?)。
2 ちゃんねるのスレ上で展開するシュールな世界は、ツッコミどころ満点。
ドラクエ関連で、「やる夫がドラクエⅡの勇者になるようです」という名スレも紹介。

『アイシールド 21』小泉 花梨のトンデモ描写に失望

『アイシールド 21』 285th down『小泉花梨』を読んで、ガッカリしたのでグチを書く。
以前から「本格的スポーツマンガ」ではなかったが、今回は特にトンデモ描写が目立った。
高校生で一番の俊足 QB(クォーターバック)は花梨、って信じられる?

『今日の早川さん 2』 弾さんの画評と『20 倍楽しむ方法』

『今日の早川さん 2』の書評──ならぬ「画評」を紹介。
『404 Blog Not Found』の小飼 弾さんが、「一ファン」として感想を書いているのが面白い。
id:kaien さんの『20 倍楽しむ方法』も必見で、coco さんが ちりばめたネタを確認できる。

『今日の早川さん 2』 書き下ろしマンガ(と帆掛さん)増量

『今日の早川さん 2』が発売されたので、さっそく読んで感想を書いた。
1 巻に比べ、より「濃く」「多く」なったので、その辺りを見て欲しいところ。
「帆掛さん増量中」という一冊で、ホクホク顔のオレがいる(キモス)。

『美味しんぼ』原作者の「何も案が浮かばない」発言への反応

『美味しんぼ』で、ついに山岡士郎と海原雄山の親子が和解したそうだ。
コミック 100 巻 を達成した今後も、今までとは違う展開ではあるが、連載が続くとのこと。
しかし、原作者のスランプ発言も飛び出したので、2ch の反応は……。

『鈴木先生』 多感な少年少女と多汗な教師が「いかし過ぎだぜ」

『鈴木先生』は、中学高の教師である、鈴木先生が主人公のマンガ。
まるで文芸作品のように、繊細で多感な少年少女たちと教師の交流を描く。
──という、ありがちな教育マンガではない、鈴木先生の「危うさ」が最大の魅力。

『今日の早川さん 2』2008/05/23 出版、予約受付中

『今日の早川さん』が早川書房から出版、という衝撃から 1 年も経過していないのに 2巻が出る。
また、作者の coco さんのブログで、[今日の早川さん] カテゴリィが更新された。
その内容も、出版も「おめでた」いので、あわせて紹介した。

『こち亀』の『自己分析の巻』と『偏愛マップ』

今週の『こち亀』(『こちら葛飾区亀有公園前派出所』)は面白かった。
「セルフアレンジメント」という、「マインドマップ」や「偏愛マップ」に似た図の話。
緻密なマップが描ける人もいれば、「人生 8 個だけ」の人もいたり──。

新『攻殻機動隊 1.5 HUMAN ERROR PROCESSER』

以前、CD-ROM 付きで発売していた『~1.5』が、新装版で発売。
たまたま持っていなかったので購入したが、マンガ部分は以前と同じようだ。
追加のシナリオ部分(テキスト)もたっぷり楽しめる一冊で、ファンは必携。

asiamoth(オレ)は『MUDDY』を応援しています

週刊少年ジャンプに連載中の『MUDDY』を、某サイトに似せて(?)紹介。
自分では色々と残念なところを取り上げたはずが、何となく本当に応援記事になって、ある意味 失敗。
よく読むと、じわじわ面白くなってくる本作の、「ある秘密」を暴いてみた。

『サムライうさぎ』と『BLEACH』に感じる“じゅんじゅん”(純情)

今週の『サムライうさぎ』が、いい話だった。
仲間のことを熱く語る摂津に“じゅんじゅん”感じた(いい意味で)。
同じことを、『BLEACH』の番外編で感じたので、並べて感想を書いてみた。

「美味しんぼ塾ストーリーブログ」は美味しんぼer 必見!

いままで知らなくてスンマセン! なブログ、「美味しんぼ塾ストーリーブログ」を紹介。
なんと、『美味しんぼ』の全話のあらすじを紹介しているブログ。
登場人物・メニュー・食材を検索できるのが、ものすごく便利。

『パノラマデリュージョン』 小原 愼司・著

小原 愼司氏の『パノラマデリュージョン』を読んだ。
『菫画報』と同じく、独特な空気感が楽しい。
闘う女子高生(お色気あり)の物語は、どこへ向かうのか……。

『セクシーボイスアンドロボ』 黒田 硫黄・著

『セクシーボイスアンドロボ』といえばドラマ版、という空気を読まずにマンガ版を紹介。
筆ペン画の独特な絵柄に面食らったが、内容も負けていない面白さ。
どことなく『菫画報』に似た空気が漂うが、気のせいだろうか?

『とめはねっ』 書道マンガの衝撃的ヒロイン

『とめはねっ』という書道マンガの 1 巻を読んでみた。
ゆるーいラブコメっぽいノリが面白い。
書道マンガといえば『ラブレター』を思い出したので、レビューを探して紹介。

『孤独のグルメ』を読もうキャンペーン

「ゴールデンウィークにマンガを読もうキャンペーン」の最終回。
『孤独のグルメ』は、じつは今日読み終わったばかりだが、じつに面白い!
愛すべきオヤジの美学と哲学、そして関節技をたっぷりと楽しんで欲しい。

『銃夢』を読もうキャンペーン

もういい加減にやめた方がいい「ゴールデンウィークにマンガを読もうキャンペーン」。
『銃夢』は、兎にも角にもガリィの強さが命!
ということでガリィのことだけを語った記事。

『菫画報』を読もうキャンペーン

まだ続いていた「ゴールデンウィークにマンガを読もうキャンペーン」の一環で、『菫画報』を紹介。
学園もののコメディで、主人公・スミレの魅力で読者を引っ張っていく!
全体的に漂うノスタルジックな感じがたまらない作品。

『レベル E』を読もうキャンペーン

マンネリ化の極み、ゴールデンウィークにマンガを読もうキャンペーンの第三弾。
『レベル E』は、これまたいくらでも面白さを引き出せる素晴らしい作品。
この一作を書き上げた、というだけで冨樫氏は神。

『七夕の国』を読もうキャンペーン

まさかの「ゴールデンウィークにマンガを読もうキャンペーン」第二弾!
まさかまさかの同じ作者!(手抜きバレバレ)
ラスト付近の切なさを、是非とも味わって欲しい作品。

『寄生獣』を読もうキャンペーン

ゴールデンウィークには、引きこもってマンガを読もうキャンペーン・第一弾。
『寄生獣』を最近読み直して、感動したので紹介。
この記事では『寄生獣』の面白さは伝わらないと思うが、とにかく読んで欲しい。

エイプリルフール・イブだし、雑君保プを語るか

自分が最も面白いと思うギャグマンガ作家、雑君保プを紹介。
あまりにも好きすぎて、全くまとまっていないのは勘弁。
『ハンター×ハンター』同様、最も新刊が出て欲しい作家。

最近の週刊少年ジャンプのバトルマンガの与太話

週刊少年ジャンプを読み続けたからこそ、どうしても書きたいことがある……!
しかし、書き上げてみると、なんだか言いたいことがぼやけてしまった。
結局言いたいことは、最後の方と、ユンボルが終わったのが残念、ということくらいか。

『美味しんぼ』に出てきた料理とお店集が凄い!

如何に自分が『美味しんぼ』ファンか、というのを激しくアピール。
「ラブラブドキュンパックリコ」で、『美味しんぼ』に出てきた料理とお店集が載っていたのを紹介。
こういった、「誰でもできそうで誰もやらなかったこと」ができるのは素晴らしい。

『バガボンド』24巻で表現された「強さ」

『バガボンド』は面白いよ、という記事。
今までブログに書いてこなかったのがもったいないくらい、面白い。
24巻で表現された「強さ」に付いて、少し考えてみた。

ジャンプキャラは親の七光り

マンガやアニメには「オイディプス・コンプレックス」な物語が多い。 しかし、(週刊少年)ジャンプには、なぜか父親から才能を受け継いだ話ばかり。 今回は、そのあたりに鋭くメスを──という気はなく、オチが書きたかっただけ。

ジャンプの『こち亀』コラボ企画について

まったく、たいした企画を考えてくれたものだ── ──というわけで、必死に各連載マンガから両さんを探した。 コミックで修正するのは何作品? という賭けは成立するのか?

究極かつ至高のちょい悪キャラ・金上

実は『美味しんぼ』好きで、何回も繰り返し読んでいる。 いつか記事を書きたい、と思いながら、なかなか書けなかった。 ちょっと意表を突くネタを思いついたので、書いてみた。

『イキガミ』でじんわりと「厭な感じ」

『イキガミ』の二巻を今頃読んだ。 いろいろと考えさせられる作品。 二巻で、イキガミを届けることよりレンタルビデオの延滞が気になる主人公に憤り。

『こち亀』に電卓付きソロバンが

たまにはこんなエントリィ。
「同じネタを書くひとは多いだろうだからウチは止めておこう」というのを先読みして書いた。

『ジョジョ名場面50選』完成!

『ジョジョ名場面50選』がついに完成したので紹介。
ブロガーがブログを更新(しない|できない)7つの理由、というありがちなネタも。
あと、もうひとりの天才について。

『べしゃり暮らし』と『I"s』の素敵な関係

何はともあれ、『週刊少年ジャンプ』2006年03号の362-363ページをご覧ください。

D.Gray-manのキャラクタ名について

週刊少年ジャンプで連載中のD.Gray-manに出てくる、ロード・キャメリットやティキ・ミック、ティム・キャンピーというキャラクタ名について。

BSアニメ夜話「新世紀エヴァンゲリオン」での宮村優子の発言

BSアニメ夜話「新世紀エヴァンゲリオン」での宮村優子の発言 最後の台詞は「気持ち...

パピヨンスーツでロッテリアへ

パピヨンスーツでロッテリアへ お腹がすいたので原作に忠実にロッテリアにいってきま...

ハンター世界で飛影を捜索せよ!

ハンター世界で飛影を捜索せよ! ハンター×ハンターの作中に幽☆遊☆白書の飛影が出...

ジャンプの女の子キャラ

ジャンプの女の子キャラ 週刊少年ジャンプジャンプの女の子キャラの中で、キミが好き...

今週のテニスの王子様、また増えてないか?

今週のテニスの王子様、また増えてないか? これは…増えてますよね。分かる人だけが...

『スティール・ボール・ラン』3月から連載再開

『スティール・ボール・ラン』3月から連載再開 『スティール・ボール・ラン』は...

月の器用な冒険

deathnote,comic,omoro

中国で「死のノート」に賛否両論 日本の漫画が発火点

中国で「死のノート」に賛否両論 日本の漫画が発火点 中国遼寧省瀋陽市の小中学生ら...

デスノートの原作者、大場つぐみはガモウひろしで確定?

デスノートの原作者、大場つぐみはガモウひろしで確定? ついに確定か!? と思った...

週刊ジョジョ通 第2号

週刊ジョジョ通 第2号 もう、これは見事の一言ですね。いろいろな人の協力で成り立...

ジョジョ百科事典~誤植集~

ジョジョ百科事典~誤植集~ 「重箱の隅をつついて穴が空く」くらい、じっくり読んで...

ジョジョ+不思議のダンジョン

ジョジョ+不思議のダンジョン 実在していないのがむしろおかしいくらいです。∞回死...

QJ 56 徹底特集『デスノート』

QJ 56 徹底特集『デスノート』 クイックジャパン Vol.56 で、デスノー...

DEATH NOTE 「第3のキラ」検証ページ

DEATH NOTE 「第3のキラ」検証ページ 「八人」の発言を、大変判りやすく...

えるのためなら死ねる

えるのためなら死ねる ニン●ンドー DS の新作(*18禁*)。どういう層が購入...

デスノート公式HPが遂にOPEN

デスノート公式HPが遂にOPEN ゴルゴ31曰く、人気に後押しされてかなり早いO...

大場つぐみの正体

大場つぐみの正体 衝撃の事実!! ここをクリックすると、大場つぐみの正体は「エル...

週刊少年ジャンプ・アシスタント系統図

週刊少年ジャンプ・アシスタント系統図 作家の師弟関係図。アシスタントをした先生の...

JOJOゲーム館

JOJOゲーム館 JOJO の(妄想)ゲーム集。“第6部格闘ゲーム”のクオリティ...

Lの助になりたい!

Lの助になりたい! 面白!! 素敵だ。全部飲んだのだろうか? EXTENDED ...

大場つぐみ=ガモウひろしを検証

大場つぐみ=ガモウひろしを検証 なるほど!! と思わせる内容。自分は原作者が誰で...

苔色

苔色 おもしろいアイコン(GIF アニメ)がある。デスノートの L とライトのア...

武装錬金がカプコンでゲーム化(するといいな)

武装錬金って、カプコンの2D格ゲーにぴったりじゃない? という、あくまでも妄想です。

2004 VOL.19 : 武装錬金

カーニバル【祭】の語源はカニバリズム【食人行為】、ってホント? 調べてみた。 和月先生のマンガはジャンプだけ!! (w

2004 VOL.17 : スティール・ボール・ラン

んー。残念だけど、一時中断なんだよな。 「青マルジャンプ」でも、”肉体的に1週間...

[2] このページの一番上へ戻る