HUNTER×HUNTER #367 「同期」 G、船上のアリア

王妃たちは捜し物に忙しい。
衆人環視の中、ついに望みは叶う。
しかし、まだまだ難題は山積みだった。

HUNTER×HUNTER #366 「其々」 殺戮はディナーの あとで

王位継承戦の準備を進める王子は少ない。
ほとんどの王子は目先の欲望に忠実だ。
しかし、守護霊獣には無関係な話である。

HUNTER×HUNTER #365 「選択」 赤ちゃんと お出かけ

交渉は最初から目論みが外れた。
その結果、一番の難敵を放置してしまう。
この窮地から活路を見いだせるか。

HUNTER×HUNTER #364 「思惑」 泣く子と王子には勝てぬ

敵に背を向けて王妃に刃を放つ。
すべては親子の安全を守るためだった。
その先には、さらなる試練が待ち受けている。

HUNTER×HUNTER #363 「念獣」 終段的防衛権

守護霊獣が生む念獣は混乱をもたらした。
入り乱れる情報の中から活路を見いだす王子は誰か?
ある王子は、誰よりも有利な位置にいた。

HUNTER×HUNTER #362 「決意」 心の悪魔に手綱許すな

王位の継承者に求められるのは腕力ではない。
さっそく策略を巡らす王子がいた。
護衛には別の不安が つのっていく。

HUNTER×HUNTER 34巻 「死闘」 手取り×足取り×命取り

奇術師と団長との闘いは一方的な展開が続く。
一つの爆発が きっかけで、あとは堕ちていくだけだった。
一方、クジラの腹の中では、無自覚な悪意が満ちている。

HUNTER×HUNTER #361 「辞退」 ひとさしで奪う

クラピカの念能力が新たに明かされる。
守護霊獣も二体が確認された。
王の器にふさわしい人物は誰なのか。

HUNTER×HUNTER #360 「寄生」 陰謀ヒマなし

王子と王妃に危機が迫る。
犯人捜しの最中に異常事態が発生した。
無邪気な獣は誰を襲うのか?

HUNTER×HUNTER #359 「出航」 紅血を絞る

暗黒大陸を目指して大船は旅立った。
船内では惨劇が繰り広げられている。
王位の争奪戦は すでに始まっているようだ。

HUNTER×HUNTER #358 「前夜」 念のためか気のせいか

新大陸への渡航を前に前夜祭が開かれた。
王族や要人・富裕層はパーティで盛り上がる。
王子たちも参加するが、礼服の下の心は読めない。

HUNTER×HUNTER #357 「残念 2」 終戦×周旋×秋千

大規模な爆発により死闘は幕を閉じる。
出場者と観客に多数の死者が出た。
三人が遺体を冷静に見下ろす。

HUNTER×HUNTER #356 「残念 1」 難件×断面×断念

人形たちとのダンスも佳境に入った。
奇術師は土壇場に追い込まれる。
団長は冷酷な目で彼を見つめていた。

HUNTER×HUNTER 33巻 「厄災」 招待×解体×大罪

暗黒大陸を目指す者は多い。
それぞれの思惑が交錯する。
「厄災」を持ち帰る者は現われるのか?

HUNTER×HUNTER #355 「爆破」 蚤と言えそうな槌

奇術師は団長を探す。
長引くほど自身が不利と知っている。
会場に嵐が巻き起こった。

HUNTER×HUNTER #354 「頭部」 殴られ損の首だけ儲け

奇術師の反撃が始まる。
人形を盾に団長は逃げの一手だ。
ついに致命的な一撃を食らわせる。

HUNTER×HUNTER #353 「冷徹」 冷えた頭・リローデッド

観客席に奇妙な光景が広がる。
人形の大群に奇術師は襲われた。
反撃の糸口が つかめないまま痛手を負う。

HUNTER×HUNTER #352 「厄介」 人間か人形か

奇術師に対して団長は正攻法で挑む。
しかし、その能力には驚かされた。
他者を巻き込んで死闘は続く。

HUNTER×HUNTER #351 「死闘」 死神とドライヴ

追いかけっこに終わりを告げる。
かつての(偽りの)仲間同士で戦った。
そこへ意外な第三者が乱入する。

HUNTER×HUNTER #350 「王子」 血に塗れた手には重く

ターゲットに近づく機会が訪れる。
かつての仲間たちを呼び寄せた。
その後の意図せぬ出会いは吉と出るか?

HUNTER×HUNTER #349 「蠱毒」 子孫繁栄の矛盾

14 人の王子たちの元へ使者が走る。
密偵を焦点としたダマし合いも始まった。
それぞれの思惑が交差しながら旅立ちの日を待つ。

HUNTER×HUNTER #348 「覚悟」 十四の大罪

王子たちの思惑が入り交じる。
協会員たちと王国との関わりも複雑だ。
そして、彼は指令への決意を仲間に問いかける。

HUNTER×HUNTER #347 「就任」 他心×打診×打算

突然に戦闘が始まった。
敵同士が、いまは協力して戦場に立つ。
しかし、お互いに手の内は明かさなかった。

HUNTER×HUNTER #346 「選択」 会議×懐疑×快技

大陸への上陸前から、すでに戦いは始まっていた。
だまし合いの決め手は副将が握っている。
また、思想の違いから仲間割れも起きた。

HUNTER×HUNTER #345 「署名」 幸い×介在×解体

少年は悩みを父親に打ち明ける。
解決はしなかったが、新たな道が開けた。
そして協会員や報復者・王子たちの思いが交差する。

HUNTER×HUNTER #344 「著者」 書き続ける意志力

かつて、新大陸への挑戦者たちがいた。
多くの人間は失うばかりだが、記録を残す者もいる。
その書物の真相を知り、一同は驚いた。

HUNTER×HUNTER #343 「勧誘」 招待×正体×照対

彼と彼女は、かつて会長の座をかけて争っていた。
いまは仲間として歩む道が開けている。
一方、一筋縄では いかない協力関係が進行していた。

HUNTER×HUNTER #342 「布告」 どちらが囚われた?

つながれた者が夢をかたる。
彼女は耳を貸さずに尋問を進めた。
しかし、ハンターの血は静かに燃えている。

HUNTER×HUNTER #341 「厄災」 狩るか狩られるか

新世界は人類未到の地──では なかった。
秘密を知る者たちが異なる立場から考えを巡らせる。
そして男は交換条件を申し出た。

劇場版『HUNTER×HUNTER 緋色の幻影』 幻影旅団の面影

ふたたび少年 4 人が集まった。
去っていったはずの親友にも出会う。
奪われた目と真相を探るため、人形師との旅が始まる。

HUNTER×HUNTER 32 巻 「完敗」 謝っても誤らない

ついに選挙の終わりが訪れる。
少年も親友との再会を果たす。
数々の犠牲の下に物語は進む。

HUNTER×HUNTER 「クラピカ追憶編 後編」 目の色を変えて怒る彼女

なにもかも新鮮な光景だった。
彼らは つかの間の旅行気分を味わう。
しかし、争いの種は近くで待ち構えていた。

HUNTER×HUNTER 「クラピカ追憶編 前編」 彼女が目指した世界

ハンターと出会った 2 人は外の世界を夢見る。
子どもっぽい理由だけでは なかった。
大人にしか許されない外界へ飛び出す。

HUNTER×HUNTER 31 巻 「参戦」 きょうだいで離れられない

ずっと以前から敵は身近にいた。
混沌とした場で彼らは再会する。
家族水入らずとはならなかった。

HUNTER×HUNTER 25 巻 「突入」 2 - 愛は盲目に

突然の出来事に少年たちは戸惑う。
それは王と側近も同じだった。
龍が去った後で、戦いは静かに始まる。

HUNTER×HUNTER 25 巻 「突入」 1 - 光り輝く龍と暗く沈む瞳

作戦の決行を前にして、少年たちは考える。
王は何をしているのか──。
そして思わぬ予想に行き当たった。

HUNTER×HUNTER 24 巻 「1-4」 2 - 生まれ変わる者たち

彼女たちは孤独に戦っていた。
一人は使命のため、もう一人は自分のために──。
男たちも静かに戦闘の準備を整える。

HUNTER×HUNTER 24 巻 「1-4」 1 - 波乗り非渦中

少女は王と向き合っていた。
目の見えぬ彼女は、突然の惨劇に驚く。
ほかの者も渦に飲み込まれていった。

HUNTER×HUNTER 23 巻 「6-1」 2 - 紫煙×私怨×支援

少年は新たな仲間を得た。
新しい事実も知った上で、先へ進もうとしている。
ところが、その握手が状況を一変した。

HUNTER×HUNTER 23 巻 「6-1」 1 - 裏切り者には志あるノミ

少年は敵に囲まれた。
目まぐるしく展開される戦闘で次第に消耗する。
一方、相棒は怪しげな者と出会う。

HUNTER×HUNTER 22 巻 「8-1」 2 - 餓死×貸し×可視

少年たちは戦地に入り込んだ。
考えていた以上に状況は深刻だった。
二手に分かれた彼らに敵が襲いかかる。

HUNTER×HUNTER 22 巻 「8-1」 1 - 木星と太陽が天を変える

懐かしい人物たちが戻ってきた。
彼らは故郷で敵と戦う。
最後に残るのは どちらだろうか。

HUNTER×HUNTER 21 巻 「再会」 2 - 殺し文句で死にかける

彼と彼女はデートを楽しんでいた。
親友も温かく見守っている。
そんなムードを打ち壊す気配が漂ってきた。

HUNTER×HUNTER 21 巻 「再会」 1 - 下界×外科医×兵隊

少年は闘っていた。
強敵を前にしながら、背後に兄の存在を感じる。
やがて決着の時が来て、親友と合流した。

HUNTER×HUNTER 20 巻 「弱点」 2 - 弟子×利子×相子

期限は目前に迫った。
少年たちは、ついに刺客と向かい合う。
相手は恐ろしい技の使い手だ。

HUNTER×HUNTER 20 巻 「弱点」 1 - 魔宮を目指す魔球たち

新たなる挑戦者が現われた。
少年たちは彼らに立ち向かっていく。
あの人物が再登場し、厳しい修行が始まる。

HUNTER×HUNTER 19 巻 「NGL」 2 - 急襲×吸収×仇讐

いつの間にか少年たちは囲まれていた。
人語を解する冷静な相手だけに、異常さが際立つ。
そして静かに戦いが始まり、終わった。

HUNTER×HUNTER 19 巻 「NGL」 1 - 獲物か団子か食い物

その存在は急速に勢力を広げていた。
人間たちが抵抗できる手段は、あまりにも少ない。
その惨状の舞台へ、少年たちは向かって行く。

HUNTER×HUNTER 18 巻 「邂逅」 2 - 栄誉と栄養価

少年たちの戦いは終わった。
勝者を称える にぎやかな宴が始まる。
そして新しい物語が海から やって来た。

HUNTER×HUNTER 18 巻 「邂逅」 1 - 思い出×思いつき×重い武器

少年は強敵と向かい合っている。
相手に油断や隙は見当たらない。
絶望的な結末しか見えないが、それでも少年は笑っていた。

HUNTER×HUNTER 17 巻 「三つ巴の攻防」 2 - 遇うとアウトなアウトロー

少年たちは来るべき戦いに備えている。
一方、男たちは お互いに策略を張り巡らせていた。
三者が二者になり、いよいよ最後の戦いが始まる。

HUNTER×HUNTER 17 巻 「三つ巴の攻防」 1 - 離れない愛の快勝

スポーツの形をした死闘が続いていた。
絶望的な状況のなかで少年たちは力を合わせる。
そして、最後の場面が訪れた。

HUNTER×HUNTER 16 巻 「対決」 2 - 男なら逃げず隠さず

少年たちは仲間を捜した。
集まった強者と力を合わせて勝ち進む。
ところが、強大なカベが待ち受けていた。

HUNTER×HUNTER 16 巻 「対決」 1 - 公平な海賊

少年たちは会合に参加する。
有意義な集まりとなり、ゲームの攻略が進む。
一方、熟練者たちの化かし合いも白熱化した。

HUNTER×HUNTER 15 巻 「躍進」 2 - 解除×少女×魔女

少年は 1 人で別の世界へ旅立っていった。
残った 2 人の前に、男が現われる。
一方、別の集団にも動きがあった。

HUNTER×HUNTER 15 巻 「躍進」 1 - 目視できる死期

少年たちは心を躍らせて魔法都市を目指す。
ところが、彼女には別の意図があった。
汗と泥に まみれる少年たちだが、確実に前進している。

HUNTER×HUNTER 14 巻 「島の秘密」 2 - 1 つ目の危機

少年たちの前に山賊が現われる。
大きな被害を受けた後は、巨大な怪物が現れた。
前途多難な冒険は、まだ始まったばかりである。

HUNTER×HUNTER 14 巻 「島の秘密」 1 - 「妥協」の難しさ

少年たちは合流し、島の探索を始めた。
そこへ急に男が現れる。
容赦なく男は 2 人を襲う。

HUNTER×HUNTER 13 巻 「9 月 10 日」 2 - 自称×事情×古城

少年たちは審査を受ける。
自分たちが試される側だと実感した。
父親へと続く道は、ハンターの生き方そのものだ。

HUNTER×HUNTER 13 巻 「9 月 10 日」 1 - ハートに死をつけて

彼は怒りに燃えていた。
男は笑いながら軽く受け流す。
2 人の心は永久に平行線を描いていた。

HUNTER×HUNTER 12 巻 「9 月 4 日 その 2」 2 - レイン×トレイン×全員

彼らは行動を開始した。
少年たちも後を追いかける。
追う者と追われる者とは、ついに交差した。

HUNTER×HUNTER 12 巻 「9 月 4 日 その 2」 1 - 四の死の詩と使徒

意外な質問が団長の口から飛び出す。
面食らう団員だが、その後にもっと驚かされた。
一方、彼らを追う者にも衝撃が走る。

HUNTER×HUNTER 30 巻 「返答」 ありがとう おやすみなさい

絶対的な存在である王の優位は揺るがない。
誰もが疑わなかった。
ただ ひとり、彼女のほかには──。

HUNTER×HUNTER 11 巻 「9 月 4 日」 2 - 星降る街の黒と赤

戦いは激しさを増していた。
3 人とも一瞬たりとも気を抜いていない。
そして、意外な形で戦いの幕は下ろされる。

HUNTER×HUNTER 11 巻 「9 月 4 日」 1 - 君を捜す夜空

少年たちは敵の驚異から逃げようとしていた。
一方、ビルには殺気が集まっている。
惨劇の予感が漂ってきた。

HUNTER×HUNTER 10 巻 「9 月 3 日」 2 - 入る×視る×切る

危険な尾行が始まった。
相手に気がつかれたら、すべてが終わりだ。
その結末は、意外な形で訪れた。

HUNTER×HUNTER 10 巻 「9 月 3 日」 1 -競売は真ッ闇 蔵の闇

1 つの戦いに決着が つこうとしている。
どちらも最後まで誇り高く戦った。
しかし、これで終わりではない。

HUNTER×HUNTER #340 「特命」 200 年ぶりの故郷

その男は、とてつもなく大きな話を語っている。
疑問を持ちながらも 10 人は耳を傾けた。
そして、「彼」の演説が始まる。

HUNTER×HUNTER 9 巻 「9 月 1 日」 1 - エサ×ヒル×夜

夜が明けてもクモは動き回っていた。
確実に相手の居場所へと近づきつつある。
彼も逃げる気はなく、静かに闘志を高めていた。

HUNTER×HUNTER 9 巻 「9 月 1 日」 1 - 飛ぶ 3 匹と潜る 1 匹

人が消えて宝も失われた。
しかし、すべてが盗賊たちの仕業ではない。
獣たちの存在に新たなる戦いの予感がする。

HUNTER×HUNTER #339 「静寂」 師と死と忍ばない愛

少年は父と夕日を見ていた。
別の場所では、別々の思いが渦巻いている。
そして彼と彼女は、静かに眠っていた。

HUNTER×HUNTER 8 巻 「オークション開催 !!」 2 - 交し×躱し×買わし

少年たちは次々に手掛かりを見つけていく。
一方の彼は、自分を殺しながら他人に雇われる。
さまざまな思いがオークションの場に集まった。

HUNTER×HUNTER 8 巻 「オークション開催 !!」 1 - ホームとホームズ

少年は故郷に帰ってきた。
突然の帰郷に驚いた彼女だが、すぐに以前通りの反応をする。
そんな 2 人を見て、友だちは うらやましがった。

HUNTER×HUNTER #338 「樹上」 1,784m という低さ

いよいよ別れの時が来た。
再会を誓いながら両者は別れる。
そして驚くべき事実が明かされた。

HUNTER×HUNTER #337 「懺悔」 食材×贖罪×救済

彼は一方的に自分の過去を語っていた。
彼女は黙って耳を傾けている。
話し終えた彼が耳にしたのは、思い掛けない言葉だった。

HUNTER×HUNTER 7 巻 「これから」 2 - 水を見て水をあける

少年たちは順当に勝利を収めていった。
自分たちに実力が付いてきたことを実感する。
そして、いよいよ因縁の対決が始まった。

HUNTER×HUNTER 7 巻 「これから」 1 - 攫う×習う×繋ぐ

みるみるうちに少年たちは成長を遂げていく。
彼らを指導する師範代の顔も ほころんでいる。
一方、小悪党たちの顔も邪悪に ゆがんでいた。

HUNTER×HUNTER #336 「解除」 洞察×恫喝×慟哭

兄は弟を問い詰める。
弟は妹を抱きかかえたまま黙っていた。
決意を貫き通すか、兄に屈するか──、決断の時は近い。

HUNTER×HUNTER #335 「決定」 シャイや謝意より誠意

少年は全員の注目を集めている。
会場にいる多くの者たちは、彼を温かい目で見守っていた。
そして少年は、意表を突く告白をする。

HUNTER×HUNTER 6 巻 「ヒソカの条件」 2 - 右腕とダンス

ルールに守られた試合のなかで、少年は死地の間際にいた。
命を危険にさらしても学ぶべきモノがある。
もはや敵など目に入らず、自分と戦っていた。

HUNTER×HUNTER 6 巻 「ヒソカの条件」 1 - 不自然な案内ガール

「野蛮人の聖地」は驚くほど近代化されていた。
そこで少年たちは ある 2 人組と出会う。
1 人は同じくらいの年齢で、不思議な力を持っていた。

HUNTER×HUNTER #334 「完敗」 トラの意を狩るネズミ

壇上の 2 人が初めて会話をする。
あまりにも短い問答は、無駄に終わったようだ。
ところが次に飛び出した言葉は、全員の頭を揺さぶる。

HUNTER×HUNTER #333 「鳴動」 捻る×寝る×尋ねる

その男が口を開くたびに、彼女は腹を立てる。
本心を語らぬ男が何を狙っているのか分からないからだ。
大いなる災いの予感がするなか、病室では異変が起こっていた。

HUNTER×HUNTER 5 巻 「ジン・フリークス」 2 - 想像できない夫婦生活

友だちを救うために少年たちは この地を訪れた。
そこで思いも寄らぬ理不尽な対応を受ける。
ところが、友だちへの思いは すこしも変わらなかった。

HUNTER×HUNTER 5 巻 「ジン・フリークス」 1 - BONE To Be Wild

今回のハンター試験は終了した。
受験生たちはプロのハンターとして歩み始める。
しかし少年は、その前に友だちを助けようと決意を固めた。

HUNTER×HUNTER #332 「喝采」 当選よりも尊い友だち

彼女の意外な発言に会場が ざわめく。
ある人物に全員の注目が集まる。
当の本人は何も耳に入っておらず、心は別の方向を向いていた。

HUNTER×HUNTER 4 巻 「最終試練開始!」 2 - 決闘も運賃も負けない

ハンター試験にも終わりが近づく。
今年は新人の受験生が多く残った。
会長は大いに喜びながらも、底意地の悪い試験を考え出す。

HUNTER×HUNTER 4 巻 「最終試練開始!」 1 - 一瞬のスキと一発の借り

危険な狩人が 2 人に迫ってきた。
交渉に持ち込みつつも、2 人は迎え撃つ気を見せる。
はたして その判断は、吉と出るか凶と出るか?

HUNTER×HUNTER #331 「X 日」 この世は閉じられている

いよいよ選挙も大詰めとなった。
ところが、まだまだ終わらないだろうと男は予言する。
事態を重く受け止めた者たちは、平和的な実力行使に出た。

HUNTER×HUNTER 3 巻 「決着」 2 - 狩る×射る×滑る

いよいよ塔での試練も終盤に さしかかる。
達成が不可能な道と、残酷な争いの道が示された。
どちらを 5 人は選ぶのだろうか。

HUNTER×HUNTER 3 巻 「決着」 1 - 手で つかんで確かめる幸せ

試験が進むにつれて、各人物の特徴が明らかになってきた。
とくに 2 人の身体的特徴が目立つ。
ある団体の存在感も増してきた。

HUNTER×HUNTER 2 巻 「霧の中の攻防」 2 - 球を追い続けるような人生

少年たちに会長はゲームを持ちかけた。
ほんの息抜き程度のわりには見返りは大きい。
いつの間にか真剣勝負の場と化した。

HUNTER×HUNTER 2 巻 「霧の中の攻防」 1 - 時には落ちることも正解

奇術師は試験官を気取っていた。
多数の脱落者が出るなかで、ピエロは笑い続ける。
そして彼らも毒牙に かかろうとしていた。

HUNTER×HUNTER #330 「告白」 快方×解法×開放

隠し事について兄は弟を問い詰めた。
人形たちに囲まれたなかで弟は苦悩する。
そして弟は、思いも寄らぬ言葉を発した。

HUNTER×HUNTER 1 巻 「出発の日」 2 - 同類 相まみえる

3 人は試験会場に たどり着いた。
その貴重な体験に酔うヒマもなく先へと進む。
くせ者だらけの受験生のなかには、もう 1 人の少年がいた。

HUNTER×HUNTER 1 巻 「出発の日」 1 - 少年よ、大海へ挑め

育ての親から離れて、少年は故郷の島をあとにした。
「死んだ」と聞かされた父親の仕事を見るためだ。
その仕事──「ハンター」を目指す者たちと出会う。

野火ノビタ 批評全仕事 『総評』 - 『HUNTER×HUNTER』感想序文

マンガ家・榎本ナリコ氏の別名が野火ノビタである。
前世紀に彼女が配本した批評本は、自分の心の糧だ。
『HUNTER×HUNTER』単行本の感想の序文として紹介する。

HUNTER×HUNTER #329 「密偵」 三×参×散

暗殺一家の追跡劇と比べて、選挙戦はノンビリとした空気だった。
破れていった者たちの言葉も、どこかサッパリとしている。
ところが、ここにも血が流された。

HUNTER×HUNTER #328 「手配」 その一針が動かす証拠

兄妹の逃走劇は続いている。
執事たちは思わぬ手で追いつこうとしていた。
うしろから危険な狩人も迫ってくる。

HUNTER×HUNTER #327 「謎々」 こびりつく愛がネック

妹を背負いながら兄は疾走・失踪した。
執事たちは冷静に次の行動を考えている。
そこへ現れた人物は、不吉な影をまとっていた。

HUNTER×HUNTER #326 「開戦」 愛する彼を故意に落とす方法

選挙戦は、ついに次の段階へと進んだ。
移動中の車内で、兄妹も選挙の行方を見ていた。
おだやかな空気は、またもや一本の電話で乱される。

HUNTER×HUNTER #325 「参戦」 医師×遺志×意志

兄妹を乗せた車は、目的地へと急いでいる。
すべては、友人を救うためだ。
そこへ電話をかけてきた男もまた、思いは同じだった。

HUNTER×HUNTER #324 「執事」 友がいる向こうへ・届かない声

兄と妹との、仲の良い ふれあいが続いている。
しかし、2 人を見つめる目は、冷たく光っていた。
この状況から、兄は妹を救えるのだろうか。

HUNTER×HUNTER #323 「依頼」 たびたび道連れ 情はなさげ

夜の飛行船で「依頼人」と「交渉者」が話し合っている。
おだやかな空気の中で交わされる会話の内容は、血生臭かった。
最悪の結末までが十分に予測できる。

HUNTER×HUNTER #322 「兄妹」 ブラック・オア・ホワイト

キルアは、自分の親友を助けるために、危険な道へ足を踏み入れる。
しかし、それは懐かしく悲しい思い出でもあった。
息子を見守るシルバは、なにを心に思い描いているのか。

HUNTER×HUNTER #321 「怪者」 けもの×ケモノ×のけもの

第 1 回目の選挙は終わった。
しかし、まだまだ次期会長が決まるまでには時間が かかりそうだ。
一方、「新登場の人物」が登場する。

HUNTER×HUNTER #320 「投票」 ネテロに花束を・ビーンズにおまかせ

「十二支ん」たちの話し合いは続いている。
中心となる人物は、ジンとパリストンだ。
そして、次のハンター協会会長を決める選挙が始まった。

HUNTER×HUNTER #319 「抽選」 つわものどもが夢の跡継ぎ

ハンター協会の本部に「十二支ん」が集まった。
ほとんどは初めて登場した人物だが、例外もいる。
そして、あの「副会長」も登場した……!

HUNTER×HUNTER #318 「遺言」 すべては照らせなかった光

前回で終わりと思われた「キメラアント編」には続きがあった。
すさまじい状況からは考えられないほどの静寂に包まれている。
そして、さまざまな問題を飲み込んだまま、新しい物語が幕を開けた。

HUNTER×HUNTER #317 「返答」 死が 2 人を結ぶまで

表紙と巻頭カラーを華々しく飾ったが、本編には毒が盛られていた。
多くの読者が予想した展開ではあるけれど、やはり悲しい。
この終わり方しか あり得なかったのか──、と考えてしまう。

HUNTER×HUNTER #316 「本名」 子どもの駄々には正面から向き合おう

討伐隊のメンバは、すでに戦場から離れていた。
しかし、まだまだ安心できる状況ではない。
真の戦いの終わりは、パームが「視」る情報が すべてだ。

HUNTER×HUNTER #315 「帰郷」 命など 火と血と死とで 奪われる

もう二度と見られない──と思われた風景が待っていた。
ウェルフィンとブロヴーダは、それぞれ別々の道を歩くことにする。
本当に争いが終わったかどうかも確信できないままに。

HUNTER×HUNTER #314 「説得」 最初で最期の願い

ウェルフィンから聞きだした場所へ、メルエムは向かった。
何もかも捨ててきた王の前には、ただただ空間が広がっている。
しかし今の王には、人探しなど造作もないことだった。

HUNTER×HUNTER #313 「一言」 人間として生きる者・ヒトと生きる者

冒頭の衝撃的な絵には、何度も驚いた。
わずか数分間の できごとを描いた回だが、劇的な変化がある。
メルエムの進む先には、不安しか見えてこない。

HUNTER×HUNTER #312 「覚悟」 王の心 護衛軍知らず

シャウアプフの身に異変が起こった。
それでも彼は、王に心配を かけさせまいとする。
プフのことを、孤高な王は どう見ているのか──。

HUNTER×HUNTER #311 「期限」 貧すれば毒する

絶望しか見えない現状で、パームだけが楽観視している。
彼女しか知らない秘密があるのだろうか。
イカルゴはパームに疑問をぶつけた。

HUNTER×HUNTER 29 巻 「記憶」 「視」るだけでは分からない痛み

ゴンとピトーとの因縁は、意外な形で切れた。
その代償は、あまりにも大きい。
絶望的な状況の中で、なぜか安心している者もいる。

『HUNTER×HUNTER』 29 巻・『バクマン。』 14 巻 - 2011/08/04 発売

「ジャンプ」のコミックスが来月も発売される。
その中でも、このサイトで取り上げている 2 作品を紹介した。
とくに『H×H』は、8 月に連載の再開を予定しているので楽しみだ。

HUNTER×HUNTER 28 巻 「再生」 小さなバラに奪われたモノ

意味深なサブ・タイトルが印象的な巻だ。
ネテロ会長と王との死闘は続いている。
討伐隊と護衛軍との戦闘は休止中だが、最後に大きく物語が動いた。

『HUNTER×HUNTER』 28 巻・『SKET DANCE』 19 巻・『屍鬼』 11 巻

表題にある 3 冊の単行本が、明日(2011/07/04)に発売される。
3 作品とも、このサイトでは感想を書き続けてきた。
今回は、発売前の紹介をお送りする。

HUNTER×HUNTER #310 「始動」 糸の切れた操り人形のように

「驚くような展開」は毎回だが、今回はとくにすごかった。
登場人物たちの行動が・思いが、思わぬ結末を物語っていく。
すこしずつ、静かに、戦いのゆくえが変わってきている──。

HUNTER×HUNTER #309 「勝負」 散布されるのは──ゆがんだ忠心

王は、生まれ変わったが一部の記憶を失った。
しかし、自分の名前と共に、だんだんと記憶が戻りつつある。
都合の悪いことを王に思い出して欲しくないプフとユピーは──。

HUNTER×HUNTER #308 「閃光」 光の中に見た──絶望の闇

王たちは宮殿に帰ってきた。
メルエムは、だんだんと記憶を取り戻しつつある。
コムギのことを思い出して欲しくないプフとユピーは──。

HUNTER×HUNTER #307 「喪失」 繰り返される見たくない光景

1 つの戦いがようやく終わったようだが、事態は何も好転していない。
サブタイトルにあるとおり、ゴンはあるモノを失う。
実際には、いったいどれだけのモノをゴンが失ったのかは、まだ分からない──。

HUNTER×HUNTER #306 「安堵」 男子三秒会わざれば“凝”して見よ

現時点でのゴンは、ネフェルピトーに勝てるわけがない。
──そう思ってはいたが、それではマンガ自体が終わってしまう。
そこで、現在のピンチをゴンがどう切り抜けるのか注目していたが──。

HUNTER×HUNTER #305 『残念』 変わらない真実・変わるゴン

ゴンの悲しみは深く、自分を責めてばかりいる。
その上、敵にまで助けを期待していた。
パームを通してゴンの様子を知ったキルアは──。

HUNTER×HUNTER #304 『魔法』 キルアの謝礼とピトーの謝罪

パームの能力について、詳しく説明された。
制限があるとはいえ、討伐隊のカナメになりそうな力だ。
一方、カイトと対面したゴンとネフェルピトーは──。

HUNTER×HUNTER #303 『痛み』 すべてのカギはコムギ……なのか?

キルアはシャウアプフの狙いを知る。
さらにプフの真意を知ってキルアは驚くが、シンプルに対応した。
ペイジンへ向かったゴンとネフェルピトーは──。

HUNTER×HUNTER #302 『標的』 進化への試練を受け入れる王

爆発から蘇ったせいか、メルエムはかなり考え方が変わった。
そして、キメラアントの王として、さらに進化しようとする。
討伐隊としては、まずは王の前にプフを何とかしないといけないのだが──。

HUNTER×HUNTER #301 『記憶』 思い出せない人・見えない者

あろうことか、王は元通りの姿に戻る。
ネテロの命と引き替えにした作戦は、まったくの無意味になってしまった。
討伐隊にとっては、これまで以上の危機がせまる──。

HUNTER×HUNTER #300 『保険』 彼女を人間扱いするのはひとり

戦いの終わりが見えてきて、弛緩した空気が流れてきた。
ゴンとピトーとの間に流れる時間にも、終わりが来る。
そして、リラックスしたフンイキを一変した。

HUNTER×HUNTER #299 『再生』 我が子を抱く母のように

ネテロの最後の攻撃を食らった王は、はたして生きているのか……。
今回の『H×H』は、ほかのマンガでは見られないような表現が満載だった。
登場人物たちは大まじめなのだろうが、作者の「けけけ」という笑い声が聞こえてくる。

HUNTER×HUNTER #298 『薔薇』 人を呪わば穴 512 万

ネテロの切り札は、「零の掌」ではなかった。
最後に出した「人類の悪意」は、王を倒すことができるのか……?
王への敵意を目の当たりにした、ユピーとプフは、より一層の強大な敵となった。

HUNTER×HUNTER #297 『最後』 零・一個・百式観音・千の拳

ネテロと王との勝負にも、ついに終わりが見えてきた。
ここに来てようやく、ネテロの最終奥義が放たれたのだ。
はたして、勝敗のゆくえは──。

HUNTER×HUNTER #296 『記憶』 もう一度会いたい人

イカルゴとウェルフィンの戦いが続いている。
この 2 人が人間だったころは、何らかのつながりがあったのだろうか。
一方、ネテロ会長と王との戦いは、思わぬ展開となり──。

HUNTER×HUNTER #295 『決意』 それぞれの意思

ゴンとピトー・ナックル・プフの「四すくみ」に動きがあった。
護衛隊の二人から警戒されるゴンは、どれくらいの実力があるのだろうか。
一方、イカルゴの身には危険が迫っていた。

HUNTER×HUNTER #294 『決壊』 限界・破壊・堺

パームとキルアとの、悲しい戦いは続く。
キルアは、電撃などの念能力を使わないまま戦う。
それは、パームに圧倒されているのか、彼女の心に期待しているのか──。

HUNTER×HUNTER #293 『変貌』 彼女の殺意

熱心な読者であれば存在に気付いた、ある「繭の中身」が目覚めた。
大方の予想どおりではあるが、やはり、ショックだ。
その人のことをよく知る人物との戦闘になったが──。

HUNTER×HUNTER #292 『思惑』 王の誉め言葉

一見すると、一方的にネテロが王を責めている。
しかし、実際には、王は戦いを楽しむ余裕すら見せた。
ネテロに打つ手はないのだろうか──。

HUNTER×HUNTER #291 『自問』 武の極み・出会いへの感謝

ネテロと王との対決は、まだ始まったばかりだ。
王にとっては望まざる戦いのせいか、それともネテロが強いのか、一方的に見える。
しかし、自分の目には、どうも見た目どおりの優劣とは思えない──。

HUNTER×HUNTER 27 巻 「名前」 敗者への称賛

そろそろ、護衛隊と討伐隊との戦闘も、終盤戦になってきた。
しかし、いまだに終わりは見えてこない。
戦いを通じて、多くの者が変わっていく──。

HUNTER×HUNTER #290『名前』 ネテロの策略、王の望み

後半は、ネテロと王の戦いがメインになっている。
いや、王はまだ「戦い」とも認識しておらず、強さに底が見えない。
今週号は多くの変化について語られた回、と読めたので言及してみた。

HUNTER×HUNTER #290『名前』 変わり果てたノヴ

今週号の前半は、なんといってもノヴの登場シーンが印象的だった。
ファンにとってはショックだと思うが──それで彼を見放すのはファンではない、とも思う。
シュートに続きモラウ・ノヴとリタイヤする人間が増える中、ナックルとメレオロンはどこへ向かう?

HUNTER×HUNTER #289『条件』 ナックル、涙の決断

当初からは考えられないような形で、ユピー戦に決着が付いた。
ただ、それは一つの戦いが終わったというだけで、これから先は予想できない。
ナックルもユピーも、思いの丈をぶつける先が見つからない……。

HUNTER×HUNTER #289『条件』 メレオロンの歯がゆさ

逃げ場のないモラウにユピーの剣が振り下ろされる──という場面で前回は終わった。
その続きは十分に予想できたのだが、それでも熱い展開を楽しめる。
ますます冷酷な判断で討伐隊を追い詰めるユピーに、勝つ方法はあるのか?

HUNTER×HUNTER #288『賞賛』 手を出すピトー・王・ユピー

自分の存在する理由を「退屈」と断言していた王だが、いまでは生きる道を見いだしたようだ。
しかし、それが人類にとって歓迎すべきモノかどうかは──難しい。
有名な哲学の問題にも似た話で、一度は深く考えたほうが良いだろう。

HUNTER×HUNTER #287『現状』 王とネテロ、立場の違い

冷徹に激するユピーは、異常な形態に変化する。
それを見て、かつての作者の作品で見たような危うさを感じた。
ラストの場面では、どちらかの死を持って戦いを終わらせるしかない、と今さらながら思い知らされる。

HUNTER×HUNTER #287『現状』 プフの本心は修羅場を望む?

王も護衛軍も、月並みな「ボスと部下」として描かれていないことが面白い。
さらに、彼らは常に変化していくように見える。
対する主人公も、普通ではないことが不安定さを感じさせるため、話の先が読めない。

HUNTER×HUNTER #286『本体』 悲しげなキルアと危険なゴン

昨日に引き続き、見どころの多い後半の感想を書く。
キルアの切なさと、ゴンの危険な思考に、とくに心を引かれた。
この作品らしい、渋い描写でメレオロンの心情を語る場面も、じつに味わい深い。

HUNTER×HUNTER #286『本体』 プフの弱点

しばらく前から感想に「あらすじ」を添えて書くようにしている。
訪問者と自分が読みやすいように──と考えてのことだが、未読の方と作者に失礼だろう。
今回から、あらすじ は書かないように、それでいて面白さを伝えられるように、工夫して感想を書く。

HUNTER×HUNTER #285『分身』 ヒナは何の女王を目指すのか

久しぶりにヒナが登場して和やかな雰囲気だが、よく見ると彼女の言動は怖い。
モラウが作り出したナックルの分身がユピーを取り囲む。
分身が次第に削られていく中、ユピーはある機会を狙っている。

HUNTER×HUNTER #284『15 分』 プフの自信とピンチのモラウ

プフの脱出を見抜いたモラウは、煙の結界を自らの意志で解いた。
そのことに感謝するプフは、狂気の一面を見せながら、モラウを出し抜く。
武器を失ったモラウはユピーに発見され、ピンチになったが、そこへナックルが現われた。

『HUNTER×HUNTER』の回収されていない伏線を挙げる複数のスレ

『ハンター』は、長年の連載を続ける間に大量の伏線が張られている。
二度と描かれることのないであろう話も中にはあるが、どれも捨て置くにはもったいない。
人気がある作品のため、同じようなスレが 3 つ見つかったのでまとめて紹介する。

HUNTER×HUNTER #283『決心』 イカルゴならではの作戦

息詰まるイカルゴ対ブロヴーダ戦も、いよいよ終わりが近づいてきた。
イカルゴが装甲車をどうやって利用したのか、脱出口はどこか──その答えが描かれている。
ほんの少しだけ、都合のいい展開に苦言を呈したが、愛ゆえの指摘と思って欲しい。

HUNTER×HUNTER #282『密室』 飛ぶブロヴーダだ

片手(?)を銃にしてモニタ室の設備を操作するイカルゴは、格好いいはずなのにシュールで笑える。
ブロウが自身の念能力を活かした技を披露し、彼の奥深さと恐ろしさを見せつけられた。
2つほど謎を残したまま次回へ続く──という憎らしい演出で、次週が気になって仕方がない。

HUNTER×HUNTER #282『密室』 決心するイカルゴ

ブロヴーダがエレベータに閉じ込められた好機に、イカルゴが「二者択一」を迫る。
その際にイカルゴはある「決心」をするのだが、この作品では珍しくて、印象的だった。
今回の話はイカルゴとブロウだけが登場する──というのも異色の回だ。

HUNTER×HUNTER #281『神速』 感想・2 キルアの八つ当たり

キルアの新しい技がユピーを完全に超越する──と思われたが、そう簡単には勝てないようだ。
ユピー戦で臨死体験した結果、まるで人が変わったように、ナックルの行動がまるで謎だった。
モラウ対プフ戦の終わりもシュートの行方も見えない中、ゴンとピトーはどうしているのだろう……。

HUNTER×HUNTER #281『神速』 感想・1 ユピーの変化

7 か月ぶりの連載再開で、書きたいことがたくさん浮かんでくるため、前後編に分けて書いた。
モントゥトゥユピーは初登場のころから変化が大きく、敵キャラなのに成長するところが興味深い。
今回は、ユピーの内面を想像しながら、作者が以前に書いたことを裏返すことについて考えた。

HUNTER×HUNTER 26 巻 「再会」 感想

連載の再開を前にコミックの最新刊が出たので、過去に書いた記事を紹介する。
ゴンの強情なまでの一途さやキルアの切なさが描かれたこの巻で、戦いの終わりに悲劇を予感させる。
コミック全体で数分程度しか時間が進んでいないのに、登場人物たちの心境の変化は激しい。

HUNTER×HUNTER #280『直撃』 止められないナックル

モントゥトゥユピーとナックルの戦いも、佳境に入ったところ。
ここに来て、単細胞キャラと思われたユピーが、巧妙なワナを仕掛けた。
それに気付かず、飛び込むナックルは──。

HUNTER×HUNTER #279『脱出』 ザリガニ対タコ(ってゆーな!)

愚かなフリをするモントゥトゥユピーや、姿を変えるシャウアプフが恐ろしい。
今回の一番の見所は、イカルゴとブロヴーダが出会う場面。
致命的となるミスをしていたイカルゴは、この危機を乗り越えられるのか──。

HUNTER×HUNTER #278『破壊』 ゼノ、一期一会

終わりが見えない、ナックル・シュートとユピー戦が続く。
意外な人物同士の初対面、そして──。
驚きのラストは、とても書けないので、自身の目で確認して欲しい。

HUNTER×HUNTER #277『侮辱』シュートの「頼み」

モントゥトゥユピー対ナックル・シュート戦、最高潮!
──なのだが、まだまだ戦いの果てが見えてこない。
メレオロンとキルア、シャウアプフ対モラウ戦も、先読みできない展開が続く。

HUNTER×HUNTER #276『卵男』 疑うウェルフィン

勝機が見いだせない、対モントゥトゥユピー戦が続く──。
ナックルとメレオロンが分離したことで、また状況が変化し始めた。
一方、ウェルフィンは、敵も王も、自分さえも疑い続けている──。

HUNTER×HUNTER #275『約束』 キルアが聞きたくない言葉

ゴン・キルア、ピトーとの間で、ギリギリの状況が続く。
今回は、ゴンとキルアの関係まで揺らぐような、ゴンの発言に驚いた。
キルアとピトーの必死の説得に、ゴンが折れるのか──。

HUNTER×HUNTER #274『回答』 ゴンが悪者?

ついに、ゴンとピトーが対面する場面が描かれた!
──が、どう見ても「ゴンが悪」に見える構図だったのが面白い。
振り上げた拳の下ろす先が見当たらないゴンに、キルアは──。

HUNTER×HUNTER #273『再会』 ウェルフィン悩む

モラウ対シャウアプフ戦、イカルゴとウェルフィン、ゴン・キルアとネフェルピトーの回。
どれも面白いが、とくにイカルゴを追うウェルフィンの心理描写が凄い。
いつも作者の「少し斜め上を行く」ところに驚かされる。

HUNTER×HUNTER #272『誤算』 ナックルの「結論」

今回は、ナックル・シュート・メレオロンとモントゥトゥユピー戦のみ。
いつまで経っても、主人公チーム側に活路が見いだせず、息詰まる展開。
ラストで動きがあったが、さらなる絶望への扉が開いただけのように見える……。

HUNTER×HUNTER #271『分断』 イカルゴの危機

待ってました! の連載再開(また 10 週限定)。
今回は「前回の続き」だけど(当たり前)、「少し斜め上を行く」意外な展開が あって驚いた。
うっかりと、他のマンガと比べたら、余りにもマンガのレベルが違いすぎてスンマセン!

HUNTER×HUNTER #270『鱗粉乃愛泉』 プフの狂気

プフが「微笑んだ」理由が ようやく明かされた──けど、まったく理解できる範囲を超えていた(笑)
また、イカルゴとキルアの友情の深さを、たった一言で表したシーンが熱い!
ラストページで、まったく予測できない 次回への期待が高まる!(けど休載……)

HUNTER×HUNTER #269『貸し』 ひたすら格好いいキルア

いまだに攻略の糸口が見えないモントゥトゥユピー戦。
しかし、ここに来て急に「あの男」がパワー・アップ!
後半ではキルアの戦闘シーンや、半分 忘れていた面々が登場して盛り上がる。

HUNTER×HUNTER #268『王。』 ピトーが歓喜する理由

ピトーが王の元に到着し、そこで見たモノは……。
数日前には、誰もこんな状況になるとは想像できなかったくらい、意外な王の言動。
ユピー戦も先が見えず、話の収拾が付くのか不安になるくらい、予想不可の展開が続く。

HUNTER×HUNTER #267『発動』 二つの絶望、なぜドラ問題

討伐軍隊とユピーとの戦いは始まったばかりだが、ユピーの底なしさが異常。
そしてピトーが王の元に向かい、そこで見たモノは──。
最後に、「なぜドラゴンダイブ」問題を二つ取り上げた。

HUNTER×HUNTER #266『万が一』 ユピーの「正体」

いよいよ、宮殿内の戦闘が始まった。
いきなり頭上から降り注ぐ龍の矢に、皆が戸惑う中、ひとりで飛び出すゴンが凄い。
ラストが、かなり不安をかき立てる終わり方で、次号が気になる。

HUNTER×HUNTER #265『突入 5』 一日一万回!

今回から唐突に、タイトルは本編と合わせてみた(検索しづらいしね)。
いきなり、ネテロが 46 歳の頃が出てきてビックリした。
ネフェルピトーの機転や、モントゥトゥユピーの変身(!)も見どころ。

プフ・ピトー・ユピーに迫る危機、陰と陽のジジイ

今回のラストで、ついにゴンたちが宮殿内に侵入。
しかし、そんなことなど小事に思えるほど、「あのお方」は強かった……!
護衛軍は三匹とも危機が迫っているが、さて、王は……。

空から現れた「二人の男」にピトーは……

「突入」と言いながら突入していないシリーズ、第三回。
いよいよラストのコマで、ゴンたちは宮殿に乗り込んだ(はず)。
しかし、何よりも注目なのは、空から現れた「二人の男」の正体──!

突入直前! ゴンたちと蟻の思惑、パームの……

とうとうゴンたちが宮殿に突入──する直前の話(またか)。
ゴンたちと蟻が、それぞれの行動を読み合うのが面白い。
今回の見どころは、パームの●と、最後に現れる人物。

HUNTER×HUNTER ついに再開! 突入直前の異常事態

ようやく、HUNTER×HUNTER が週刊少年ジャンプ誌上で再開された。
カラーの表紙とセンターカラーで、(まるで何事もなかったように)宮殿突入の直前を描く。
色々と予測不可能なできごとが起こり、次回の展開が読めない。

『ハンター×ハンター』再開! コミック 24 巻は 10/4(木)

タイトル通り、なのだが、いまだに Amazon.co.jp にコミックの表紙が出てこないのが不安。
ジャンプの連載は、今後も続くかどうかわからない。
しかし、それくらい待てるし、待つに値する作品だ。

『ハンター×ハンター』 10 巻の密室にジャンプキャラが挑む!

前々から温めていたネタだが、温めすぎて「煮詰まる」どころか煮こごりのようになった。
週刊少年ジャンプの中で、如何にハンターが優れているかを書きたかった(けど失敗)。
まぁ、軽く冷笑ください。

休日に HUNTER×HUNTER 感想書き 秋の紅葉 観ることもなく

『HUNTER×HUNTER』 No.248「6-5」 (週刊少年ジャンプ2005年34号)からNo.255「6-12」 (週刊少年ジャンプ2005年46号)の感想を書きました。 一気に書き上げてみると、やっぱり、『HUNTER×HUNTER』 って、いいものですね(あの口調で)。

ブログも軍儀も「ノータイムで」行きたい──

HUNTER×HUNTER No.247「6-4」 感想と次回予想(週刊少年ジャンプ2005年33号)。王対アカズ少女、モラウ対ヂートゥの戦いがコンパクトにまとまった回だった。今回の見所は、王とアカズ少女の会話。

ハギャと呼ぶとアイツが怒る

HUNTER×HUNTER No.246「6-3」 感想と次回予想(週刊少年ジャンプ2005年32号)。コミックの修正作業のせいか、ほとんど下書き状態だった。今回の見所は、ノヴの能力の公開と、妙に子供っぽくなったヂートゥ。

モラウ対ヂートゥ戦は「心の削り合い」

HUNTER×HUNTER No.245「6-2」 感想と次回予想(週刊少年ジャンプ2005年30号)。今回は、モラウの煙の念能力のせいか、全体的に「もやもや」した話だった──と思ったら、単に下書きが載っているだけだった。今回の見所は、ヂートゥの新能力。

「軍儀(グンギ)」もゲーム化されるんだろうか

HUNTER×HUNTER No.244「6-1」 感想と次回予想(週刊少年ジャンプ2005年29号)。今回の見所は、新キャラの登場と、懐かしいキャラの再登場。そろそろ、クラピカ・レオリオが出てきて欲しいが──。

神の共犯者とは──原稿を落とす仲間のことではない

HUNTER×HUNTER No.243「7-2」 感想と次回予想(週刊少年ジャンプ2005年28号)。今回は、「溜め」の回という感じで、ますます次回の展開が楽しみになった。今回の見所は、「非道なる王の戯れ」。──タイトルは気にしない方向で。

H×Hは一時休戦でも気が抜けない

HUNTER×HUNTER No.242「7-1」 感想と次回予想(週刊少年ジャンプ2005年26号)。

「ゴン……悪い…」でデスノートのあのシーンを思い出す

HUNTER×HUNTER No.241「8-7」 感想と次回予想(週刊少年ジャンプ2005年25号)。前回はビリヤード、今回は砂漠と、デスノートとかぶっているのは偶然だろうか?

“501”はジーンズだけじゃない

HUNTER×HUNTER No.240「8-6」 感想と次回予想(週刊少年ジャンプ2005年24号)。前回の絶望的な状況からどうなったか。たまに今回のようにメチャメチャ面白い回があるから止められない。

ダツはともかくオロソって何?

HUNTER×HUNTER No.239「8-5」 感想と次回予想(週刊少年ジャンプ2005年21・22合併号)。今回は、久しぶりにキルア大ピンチ。どうやって決着がつくんだろう?

HUNTER×HUNTER #238「8-4」 感想と次回予想(週刊少年ジャンプ2005年20号)

今回のキルアの言動についてちょっと考えてみた。作者は、この大風呂敷をどうやって始末するんだろう?

HUNTER×HUNTER #237「8-3」 感想と次回予想(週刊少年ジャンプ2005年19号)

一週休んで、さて今週も……と思ったら普通に掲載されていた。絵も安定しているし、展開も早くていい感じ。見所は新しい敵の正体。

キルアが「友達だもん」と泣くのがよかった

HUNTER×HUNTER : No.219 「覚醒」 の感想。今回は、ちゃんとした絵だし、面白かった。ラモット、何か懐かしい。

久しぶりのH×H!! (次回も作者取材のたm

『幽☆遊☆白書』『レベルE』『HUNTER×HUNTER』、3つの作品に共通する、ある1つのテーマとは?

2004 VOL.18 : HUNTER×HUNTER

ずっと、ハンターはジャンプで一番好きなマンガだったんだよな。DEATH NOTE...

[2] このページの一番上へ戻る