『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 32 巻 感想・2

口を閉ざす者が 2 人いる。
彼らにも卒業の日がやってきた。
そして彼も大きな世界へ飛び出す。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 32 巻 感想・1

驚くべき人物が学園に やってきた。
生徒たちに理不尽な要求を強要する。
その言い分にも一理あるが、彼は立ちはだかった。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 31 巻 感想・2

後輩たちに仕事を引き継ぐ時期が来た。
ぶつかりながらも お互いに成長していく。
そして彼女は、恋のケジメを付けようとする。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 31 巻 感想・1

生徒たちの将来が次々に見えてくる。
先生を祝福する場面も描かれた。
おかしな事件も起こり、楽しい前半だ。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 30 巻 感想・2

夏休みらしい海岸でのエピソードが ほほえましい。
気ままな一人旅(?)の結末は、今後の展開を想像させる。
そして、お笑い芸人の本人が登場して驚いた。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 30 巻 感想・1

いつもの三人組が普段どおりに奇想天外な事件を起こす。
そして、高校最後の夏休みに突入する。
猛暑のバイトや引退試合に感動が あった。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 29 巻 感想・2

夢に向かって飛ぶ男の背を見て、彼女も続こうとする。
体育祭では生徒たちの個性が弾けていた。
そして勇者もとい一般人たちは、ふたたび旅に出る。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 29 巻 感想・1

美男子になった男の喜劇と悲劇を描く。
友人への親切心から出た行動も惨劇を呼ぶ。
兄と妹との ぎこちなさが温かい。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 28 巻 感想・2

いよいよ「窓」は開かれた。
多少は乱暴な方法で──。
3 人で助け合う日々が始まる。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 28 巻 感想・1

ふたりは強引な手段に出る。
危険な作戦は うまくいったようだ。
そして、管理人が姿を現わす。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 27 巻 感想・2

奇想天外な大事件が巻き起こる。
しかし、それは日常の風景だった。
そして 3 人の出会いが描かれる。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 27 巻 感想・1

前半はコミカルな話が多かった。
意外な登場人物同士の会話が楽しい。
お色気話も多そうだが、それは読んでのお楽しみだ。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 26 巻 感想・2

彼女は助けを待っていた。
ところが彼らは捕まってしまう。
悲劇の幕開けとなるのだろうか。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 26 巻 感想・1

女性マンガ家の 2 人が対決する。
戦いの終わりには さわやかな風が吹いた。
そして舞台は大阪へと移る。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 25 巻 感想・2

何が起こっても彼は笑わない。
その理由を生徒たちが知った時、彼は変わった。
一方、敵の脅威と忍者は戦っている。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 25 巻 感想・1

妹の部活見学に兄は付き合った。
変わった生徒たちの多さをあらためて知る。
そして彼女は、ついに自分の道を選んだ。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 24 巻 感想・2

3 人の卒業後は部が消滅してしまう──。
彼は頭を悩ませていた。
いつものように その悩みは、おかしな方向へ突き進む。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 24 巻 感想・1

出会いと別れの季節が来た。
3 年生になった彼らにはクラス替えがある。
そして 3 人は、別々の教室へ向かった。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 23 巻 感想・2

出会いがあれば別れもある。
使い古された言葉だが、永遠に色あせない。
涙をこらえて前を見よう。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 23 巻 感想・1

兄の勘違いは まだ続いていた。
彼のことをずっと妹は心配している。
彼らのために仲間たちが何人も動いた。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 22 巻 感想・2

これまでに登場した人物の違う面が描かれた。
彼らが より身近になったようで楽しい。
気になる 2 人の 恋愛は、次の段階へ進もうとしている。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 22 巻 感想・1

新しいことへの挑戦が目立つ巻だった。
これまでに いなかった性格の人物が登場する。
フィギュアの話も濃くて良かった。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 21 巻 感想・2

後半は、恋の切なさを感じさせる場面が多かった。
とくに藤崎佑助と早乙女浪漫との描写が心苦しい──。
笛吹和義と吉備津百香も、同じようになるのだろうか。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 21 巻 感想・1

結城澪呼や早乙女浪漫が久しぶりに登場した。
以前からのファンにサービス満点の 1 冊だ。
とくに前半は、高橋千秋の活躍に注目して欲しい。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 20 巻 感想・2

かつてないほど重々しい話が描かれる。
さまざまな問題を残しつつも、この作品に加藤希里は定着したようだ。
また、『銀魂』の登場人物との競演も素晴らしかった。

[2] このページの一番上へ戻る