バクマン。 「age14」 まだ中学生と幼稚園児以下

少年たちは無為な時の中で暮らす。
将来を語る者や賢明な者が まぶしい。
しかし、自分の手で運命を切り開いていく。

バクマン。 「age13」 100 人の友達と 1 人の親友

3 年ぶりに『バクマン。』の新作が掲載された。
真城最高と出会う前の高木秋人が描かれる。
早熟な中学生は、なぜ原作者を目指したのか?

バクマン。 ファンブック PCP - ベストシーンと作中作

『バクマン。』ファン必携の 1 冊だ。
作中作の紹介や巻頭のカラーが楽しめる。
編集者が選ぶベスト・シーンが見どころだ。

バクマン。 20 巻 「夢と現実」 しっくりくる人と ずっと隣

少年は夢を持っていた。
青年になった今でも、その夢は変わらない。
そして、その日が来た。

バクマン。 19 巻 「決定と歓喜」 重版と番組

ついに 2 人組はライバルの上に立った。
ところが、ライバルに勝てない面も残っている。
完全なる頂点を目指して戦略を練り直すのだが──。

バクマン。 18 巻 「余裕と修羅場」 オセロと機会

ライバル同士の戦いが ふたたび始まる。
思わぬところから、かつてないほどの地獄絵図が展開した。
一方、一大決心をした彼は約束の場所へ向かったのだが──。

バクマン。 ラストページ 4 「夢と現実」 真城と亜豆

10 年前は夢だった。
それが いまでは現実になっている。
ついに彼は、彼女へ心からの思いを打ち明けたのだが──。

バクマン。 ラストページ 3 「夢と現実」 結婚の約束と 10 年前

初めての場所へ戻ってきた。
2 人の 夢が始まったのは ここからだ。
いよいよ夢を実現した今、ある言葉を言うべきなのだが──。

バクマン。 ラストページ 2 「夢と現実」 すごい車と私の家

真っ青な空の下に、真っ赤な車が停まっていた。
口数の少ない 2 人が乗り込む。
両者とも慣れない環境に居るはずなのだが──。

バクマン。 ラストページ 1 「夢と現実」 フェラーリと方程式

彼はクモに乗って やって来た。
真新しい衣服と気持ちで彼女を待つ。
そして、古いノートを広げたのだが──。

バクマン。 #175-4 「発売日と前夜」 家事と実現

彼は彼女に感謝していた。
優しく見つめるもう 1 人も同じ思いだ。
ところが、なぜか彼女は泣き出してしまったのだが──。

バクマン。 #175-3 「発売日と前夜」 引き出物とペンネーム

幸せそうな男女が計画を練っている。
そこへ彼が現われて、ふんいきを打ち壊す。
仲良くケンカする彼らは、誰にも止められないと思われたのだが──。

バクマン。 #175-2 「発売日と前夜」 緊張と CA

作家たちは出版社を訪れた。
編集長と会う予定だが、先に思わぬ人物を見かける。
宿命のライバルたちは、お互いに短く言葉を交わしたのだが──。

バクマン。 #175-1 「発売日と前夜」 発行御案内と結婚祝い

数字はウソをつかない。
彼は書面を見ながら ため息をついていた。
相棒には その真意が分からず、ただ前を向いていたのだが──。

バクマン。 #174-4 「あり方と終わり方」 翼と償い

悪魔たちの戦いは続いている。
戦いの終止符を打ったのは、思わぬ行動だった。
それは自殺行為にしか見えないのだが──。

バクマン。 #174-3 「あり方と終わり方」 見開きと後ろ盾

作家は、書き上がった話を相棒に手渡した。
自分の原稿を相棒は誰よりも厳しく見ている。
緊張して判定を待っていたのだが──。

バクマン。 #174-2 「あり方と終わり方」 最良と灰色

作品の最後が見えていた。
2 人とも納得ができるラストが描けそうだ。
彼らとは違い、まわりの人間は驚くばかりなのだが──。

バクマン。 #174-1 「あり方と終わり方」 工夫と凝縮

作家と同じで編集者も決意が固かった。
編集長は頭を悩ませている。
行き詰まりの状態が続くと思われたのだが──。

バクマン。 #173-4 「瞬間と最終巻」 終わった作品と後のこと

作家の 2 人は、あらためて現実的な問題を思い知る。
彼は考え込んでしまった。
担当者も何かを察したようなのだが──。

バクマン。 #173-3 「瞬間と最終巻」 頼みと俺次第

長い間 2 人はコンビを組んできた。
しかし、初めての意外な頼みが切り出される。
その理由を聞いて彼も納得したのだが──。

バクマン。 #173-2 「瞬間と最終巻」 7 月頭と上出来

むずかしい問題が まだ残っていた。
2 人の意志の固さに、担当者も気を引き締める。
打ち合わせが終わっても、まだ夜は続くのだが──。

バクマン。 #173-1 「瞬間と最終巻」 火照ると気合い

長年の夢が現実になった。
ようやく彼は実感し始める。
夫婦も彼を励ますのだが──。

バクマン。 #172-4 「美保と菜保」 票数と救急車

ついに その時は来る。
誰もが驚く結果となった。
彼女の顔は涙に濡れたのだが──。

バクマン。 #172-3 「美保と菜保」 別室と熱演

ひとまず戦いの第一幕は終わった。
しかし、ほぼ全員が緊張した表情を変えない。
そこへ彼女は、意外なことを指摘するのだが──。

バクマン。 #172-2 「美保と菜保」 初歩的と尊重

多くの者が彼女の演技を見守っている。
何人かは不思議な体験をした。
これならば彼女は多数の支持を受けそうなのだが──。

[2] このページの一番上へ戻る