暗殺教室 第21巻 「ありがとうの時間」 高校恩愛

恩師が不在のまま卒業式が終わる。
全員が自分らしく世に羽ばたいた。
そしてまた学び舎に何人か集まる。

暗殺教室 第20巻 「卒業の時間」 椚中の蓬

先生に最後の試練が待っていた。
かつての弟子と生みの親が迫る。
巣立つ生徒たちを前にして戦う。

暗殺教室 番外編 #4 「ありがとうの時間」 子を持って知る師の恩

すべては先生の手の内だった。
暗殺者には報復が待っている。
それから先生は教室へ帰った。

暗殺教室 番外編 #3 「素性の時間」 氏素性で争いを止める

力を合わせて闇金融を追う。
全員で得意な面を発揮した。
その結果はまるで予想外だ。

暗殺教室 番外編 #2 「居酒屋の時間」 酒は死神を釣る針

場末の居酒屋に天使はいた。
裏稼業の人間も癒やされる。
だが突然に幸せを奪われた。

暗殺教室 第19巻 「登校の時間」 戦闘員多くして皆山に登る

卒業を前に思い出作りに精を出した。
生徒たちの何倍も先生が盛り上がる。
浮かれ気分の中で危機が降ってきた。

暗殺教室 番外編 #1 「自宅の時間」 家貧しくして教師あさる

教師にも休日が必要だ。
神聖な遊びの場で和む。
なじみの店でも寛いだ。

暗殺教室 第180話 「殺しの時間」 不良 懐に入れば教師も殺さず

卒業後の生徒たちは自分の道を進む。
誰もが暗殺の授業で生命を教わった。
そして先生の後継者が授業を始める。

暗殺教室 第179話 「去りゆく時間」 去る時は日に日に愛しい

生徒たちも月も変わっていく。
理事長や先生も去っていった。
旧校舎と山は変わらず迎える。

暗殺教室 第178話 「涙の時間」 泣く子は巣立つ

生徒たちは卒業式を迎える。
そこに先生の姿はなかった。
泣きながら前を向いて進む。

暗殺教室 第18巻 「バレンタインの時間」 恋愛と暗殺では手段を選ばない

少年たちは宇宙へ飛び立った。
貴重な体験と情報を持ち帰る。
可能性を打ち壊す影が近づく。

暗殺教室 第177話 「卒業の時間」 蛍切の功

最後の授業に終わりが訪れる。
その時も先生は優しく微笑む。
卒業式は暖かい光に包まれた。

暗殺教室 第176話 「やってきた時間」 天高く年越ゆる春

嵐は過ぎ去って静けさが戻る。
夜空には強い光が差していた。
終わりの時間が近づいている。

暗殺教室 第175話 「戻らない時間」 盆に返る覆水

師弟が一緒にいた時間を振り返る。
生死の間に優しい光が一瞬光った。
ところがすべてを闇が覆い尽くす。

暗殺教室 第174話 「顔色の時間」 教師の顔は冥土まで

生徒たちの前で先生は激高する。
漆黒の闇に堕ち敵の思うつぼだ。
先生を捨ててでも敵を倒すのか。

暗殺教室 第173話 「私の生徒の時間」 傷負うた子に教えられ

戦いの場で生徒たちは後悔する。
今は無力さを噛みしめるのみだ。
だが先生は別の思いを口にする。

暗殺教室 第172話 「生徒の時間」 朱は紅より出でて紅より赤し

二対一の不利な状況で先生は鎬を削る。
憎しみと愛情がぶつかって弾け飛んだ。
明日と正気を捨てた生徒を導けるのか。

暗殺教室 第171話 「ラスボスの時間」 殺白を争う

各国の思惑と彼らの恨みが怪物を生む。
先生をも上回る能力に生徒たちは驚く。
生徒たちが見守る中で戦いは始まった。

暗殺教室 第170話 「次世代の時間」 二の苦が継げない

教師との再会に生徒たちは喜び合う。
そんな幸せの時間はあっという間だ。
実体化した残酷が師に襲いかかった。

暗殺教室 第 17 巻 「分裂の時間」 分裂して征服せよ

生徒たちの意見は完全に真っ二つだ。
それぞれの代表がケンカをし始める。
意外な角度から先生の忠告が飛んだ。

暗殺教室 第 169 話 「登校の時間」 狼も おだてりゃ山に登る

生徒たちは一年間で身につけた力を出し合った。
勇敢に立ち向かう姿はどちらが狼か分からない。
無数の星空の下で先生と生徒に脅威が忍び寄る。

暗殺教室 第 168 話 「開花の時間」 椚の花も一盛り

彼らは先生が待つ山に帰ってきた。
訓練された狼の群れが待ち受ける。
森林の中を静かに嵐が吹き荒れた。

暗殺教室 第 167 話 「信頼の時間」 信頼は山へと動かす

先生も生徒も焦らずに機会をうかがう。
しかし厳重な守りに変化は見られない。
そこへ彼女が現われ衝撃を運んできた。

暗殺教室 第 166 話 「困惑の時間」 一男去って まず一難

生徒たちの監禁に猛然と彼は抗議する。
しかし伝説を目にして彼は言葉を失う。
生徒たちに伝える内容をを彼は考えた。

暗殺教室 第 165 話 「正論の時間」 詐欺で烏を言いくるめる

先生と連絡が取れないまま時間が過ぎた。
生徒たちに好奇心という名の暴力が迫る。
そのうえ絶望する状況へと追い込まれた。

[2] このページの一番上へ戻る