暗殺教室 第21巻 「ありがとうの時間」 高校恩愛

恩師が不在のまま卒業式が終わる。
全員が自分らしく世に羽ばたいた。
そしてまた学び舎に何人か集まる。

暗殺教室 第20巻 「卒業の時間」 椚中の蓬

先生に最後の試練が待っていた。
かつての弟子と生みの親が迫る。
巣立つ生徒たちを前にして戦う。

暗殺教室 番外編 #4 「ありがとうの時間」 子を持って知る師の恩

すべては先生の手の内だった。
暗殺者には報復が待っている。
それから先生は教室へ帰った。

暗殺教室 番外編 #3 「素性の時間」 氏素性で争いを止める

力を合わせて闇金融を追う。
全員で得意な面を発揮した。
その結果はまるで予想外だ。

暗殺教室 番外編 #2 「居酒屋の時間」 酒は死神を釣る針

場末の居酒屋に天使はいた。
裏稼業の人間も癒やされる。
だが突然に幸せを奪われた。

暗殺教室 第19巻 「登校の時間」 戦闘員多くして皆山に登る

卒業を前に思い出作りに精を出した。
生徒たちの何倍も先生が盛り上がる。
浮かれ気分の中で危機が降ってきた。

暗殺教室 番外編 #1 「自宅の時間」 家貧しくして教師あさる

教師にも休日が必要だ。
神聖な遊びの場で和む。
なじみの店でも寛いだ。

暗殺教室 第180話 「殺しの時間」 不良 懐に入れば教師も殺さず

卒業後の生徒たちは自分の道を進む。
誰もが暗殺の授業で生命を教わった。
そして先生の後継者が授業を始める。

暗殺教室 第179話 「去りゆく時間」 去る時は日に日に愛しい

生徒たちも月も変わっていく。
理事長や先生も去っていった。
旧校舎と山は変わらず迎える。

暗殺教室 第178話 「涙の時間」 泣く子は巣立つ

生徒たちは卒業式を迎える。
そこに先生の姿はなかった。
泣きながら前を向いて進む。

暗殺教室 第18巻 「バレンタインの時間」 恋愛と暗殺では手段を選ばない

少年たちは宇宙へ飛び立った。
貴重な体験と情報を持ち帰る。
可能性を打ち壊す影が近づく。

暗殺教室 第177話 「卒業の時間」 蛍切の功

最後の授業に終わりが訪れる。
その時も先生は優しく微笑む。
卒業式は暖かい光に包まれた。

暗殺教室 第176話 「やってきた時間」 天高く年越ゆる春

嵐は過ぎ去って静けさが戻る。
夜空には強い光が差していた。
終わりの時間が近づいている。

暗殺教室 第175話 「戻らない時間」 盆に返る覆水

師弟が一緒にいた時間を振り返る。
生死の間に優しい光が一瞬光った。
ところがすべてを闇が覆い尽くす。

暗殺教室 第174話 「顔色の時間」 教師の顔は冥土まで

生徒たちの前で先生は激高する。
漆黒の闇に堕ち敵の思うつぼだ。
先生を捨ててでも敵を倒すのか。

暗殺教室 第173話 「私の生徒の時間」 傷負うた子に教えられ

戦いの場で生徒たちは後悔する。
今は無力さを噛みしめるのみだ。
だが先生は別の思いを口にする。

暗殺教室 第172話 「生徒の時間」 朱は紅より出でて紅より赤し

二対一の不利な状況で先生は鎬を削る。
憎しみと愛情がぶつかって弾け飛んだ。
明日と正気を捨てた生徒を導けるのか。

暗殺教室 第171話 「ラスボスの時間」 殺白を争う

各国の思惑と彼らの恨みが怪物を生む。
先生をも上回る能力に生徒たちは驚く。
生徒たちが見守る中で戦いは始まった。

暗殺教室 第170話 「次世代の時間」 二の苦が継げない

教師との再会に生徒たちは喜び合う。
そんな幸せの時間はあっという間だ。
実体化した残酷が師に襲いかかった。

暗殺教室 第 17 巻 「分裂の時間」 分裂して征服せよ

生徒たちの意見は完全に真っ二つだ。
それぞれの代表がケンカをし始める。
意外な角度から先生の忠告が飛んだ。

暗殺教室 第 169 話 「登校の時間」 狼も おだてりゃ山に登る

生徒たちは一年間で身につけた力を出し合った。
勇敢に立ち向かう姿はどちらが狼か分からない。
無数の星空の下で先生と生徒に脅威が忍び寄る。

暗殺教室 第 168 話 「開花の時間」 椚の花も一盛り

彼らは先生が待つ山に帰ってきた。
訓練された狼の群れが待ち受ける。
森林の中を静かに嵐が吹き荒れた。

暗殺教室 第 167 話 「信頼の時間」 信頼は山へと動かす

先生も生徒も焦らずに機会をうかがう。
しかし厳重な守りに変化は見られない。
そこへ彼女が現われ衝撃を運んできた。

暗殺教室 第 166 話 「困惑の時間」 一男去って まず一難

生徒たちの監禁に猛然と彼は抗議する。
しかし伝説を目にして彼は言葉を失う。
生徒たちに伝える内容をを彼は考えた。

暗殺教室 第 165 話 「正論の時間」 詐欺で烏を言いくるめる

先生と連絡が取れないまま時間が過ぎた。
生徒たちに好奇心という名の暴力が迫る。
そのうえ絶望する状況へと追い込まれた。

暗殺教室 第 164 話 「混乱の時間」 先公意乱

はるか上空から光が降り注ぐ。
地上からも校舎に光が集まる。
先生の元へ生徒たちは走った。

暗殺教室 第 163 話 「確定の時間」 発射定離

まず自分が楽しむことだと先生は言う。
その言葉を胸に彼は彼女に会いに行く。
そして夜には最後の暗殺が実行される。

暗殺教室 第 162 話 「思い出の時間」 教員 矢の如し

受験生たちの戦いは終わった。
あとは宴で盛り上がるのみだ。
ところが先生の提案は違った。

暗殺教室 第 161 話 「プライドの時間」 一振り置いても武士は武士

時には頭を下げることが最良となる。
まだ少年は謝罪の必要性を知らない。
その手本を超音速で先生が体現した。

暗殺教室 第 160 話 「バレンタインの時間・放課後」 神社へ行くのが聖女とはかぎらぬ

甘い日に豪華な食事を楽しむ。
その目的は仕事のためだった。
帰り道で彼女はお返しに驚く。

暗殺教室 第 159 話 「バレンタインの時間・2 時間目」 教室では聖女、家庭では悪魔

こんな日でも浮かれている者は少ない。
しかし暗殺者と言っても中学生たちだ。
菓子よりも甘い時間を過ごす者もいた。

暗殺教室 第 158 話 「バレンタインの時間」 聖人の日に夢あり

運命の日は一日早く訪れる。
彼女の秘めた思いが花咲く。
ところが思わぬ邪魔が入る。

暗殺教室 第 16 巻 「過去の時間」 気負うが咎めず

彼が教師になったワケが語られる。
元から優秀な彼は心が欠けていた。
教えてくれた彼女は去ってしまう。

暗殺教室 第 157 話 「敵の時間」 汝の敵を師とせよ

先生を狙う人物は生徒だけではない。
あの二人も暗殺の準備を整えていた。
恐るべき力がすでに実現しつつある。

暗殺教室 第 156 話 「七三の時間」 小山の真面目

受験には喜びと悲しみが付き物だ。
落ち込む生徒に先生は声を掛ける。
全員を巻き込んだ祭りが始まった。

暗殺教室 第 155 話 「超先生の時間」 師は蛸の如く弟子は凧の如し

高等学校への受験が迫っている。
先生の暗殺よりは簡単なはずだ。
そう励まされても悩む者がいた。

暗殺教室 第 154 話 「冬休みの時間」 夏賂冬煽

年末年始に重大な忘れ物がある。
先生は大急ぎで過去を取り戻す。
そして生徒に現実を見せつけた。

暗殺教室 第 153 話 「覚悟の時間」 身をほぐしてこそ浮かぶ瀬もあれ

少年たちの帰還を先生は出迎える。
宇宙から持ち帰った情報は有益だ。
結末に向けて普段どおりに過ごす。

暗殺教室 第 152 話 「宇宙の時間」 襲って天に愧じず

少年たちは宇宙船を襲撃する。
その行動に飛行士は驚愕した。
ところが優位は長続きしない。

暗殺教室 第 151 話 「速度の時間」 飛ぶ蛸を超す勢い

和やかな空気の間に国家機密が侵される。
厳重な警備の中に生徒たちは潜入できた。
先生の見送りを受けつつ圏外へと旅立つ。

暗殺教室 第 150 話 「自由研究の時間」 鬼の居ぬ間に選択

ふたたびクラスが一つとなった。
だが問題の解決は困難を極める。
先生の出した課題は達成可能か。

暗殺教室 第 148 話 「過程の時間」 苦悶に王道なし

親友同士が刃と拳で戦い続けている。
私闘のように感情がぶつかり合った。
だがそこに仲間の信じる未来がある。

暗殺教室 第 147 話 「舞台の時間」 孤独の舞倒れ

少年たちに決着を付ける時間が来た。
断われない要望を片方が出してくる。
正々堂々とした結末を闘争心が望む。

暗殺教室 第 146 話 「激戦の時間」 ナイフ折れ弾尽きる

クラスの内戦は佳境を迎えた。
身を潜めた死神が敵に近寄る。
そして最後の戦いが近づいた。

暗殺教室 第 15 巻 「嵐の時間」 花が嵐

理事長の過去には暗い影があった。
生死を賭けた戦いの末に和解する。
意外な所から報復の触手が伸びた。

暗殺教室 第 14 巻 「期末の時間」 縁と解雇は末を待て

学園祭でも生徒たちは目標を持って挑む。
当然ながら期末の試験にも万全の体制だ。
戦いが終わったあとは教師も命を賭ける。

暗殺教室 第 145 話 「爪の時間」 爪で拾って身を滅ぼす

序盤は女性陣の活躍が目立つ。
思いも寄らぬ対決が実現した。
最後は早くも彼女が動きだす。

暗殺教室 第 144 話 「殺し屋達の時間」 頭脳を溜めて恩師を殺す

クラスを二つに分けて戦いが始まる。
組み分けには実力の差がかなり出た。
開戦の直後に戦士たちが散っていく。

暗殺教室 第 143 話 「分裂の時間」 仲立ちは友の声を分ける

思わぬ所から反論の声が上がる。
親友の言葉に彼は言葉をなくす。
その争いはクラス全体へ広がる。

暗殺教室 第 142 話 「迷いの時間」 暗殺模索

彼女を見舞いながら真実と向き合う。
先生と生徒の正しい接し方を考える。
彼は同級生たちを集めて話し始めた。

暗殺教室 第 141 話 「終業の時間・2 学期」 殺めなくては終わりなし

生徒たちは先生の話に聞き入っていた。
お互いの絆の深さを改めて感じている。
だが自分たちがその縁を断ち切るのだ。

暗殺教室 第 140 話 「過去の時間・7 時間目」 昔教師に弱い者なし

彼女の意識が弱まっていった。
怪物は後悔と失意に飲まれる。
しかし彼女は輝く希望を見た。

暗殺教室 第 139 話 「過去の時間・6 時間目」 改造の恥を雪ぐ

彼は未知の力を自在に発揮している。
そのために研究を裏から操ってきた。
力に酔う彼には彼女の声も届かない。

暗殺教室 第 138 話 「過去の時間・5 時間目」 諦めは心の往生

静かな日常は月光と一緒に消滅する。
死神の命を狩るために研究者は動く。
彼女の忠告は彼の耳に届くだろうか。

暗殺教室 第 137 話 「過去の時間・4 時間目」 昔の事を言えば鬼が誘う

出血をともなう衝撃を彼は受ける。
実験の弊害は彼女との間を縮めた。
お互いに謝意を形にして贈り合う。

暗殺教室 第 136 話 「過去の時間・3 時間目」 昔の長刀 今の長腕

教師である彼女は殺し屋から教えを受けた。
彼女の勤める学校と同じくらい奇妙である。
血なまぐさく平穏な日々に終わりが近づく。

暗殺教室 第 135 話 「過去の時間・2 時間目」 昔千里も今十分

科学者に捕らえられたまま殺し屋は観察する。
監視役の彼女の心も手に届く位置まで近づく。
本職をまっとうする日々が現在は続いている。

暗殺教室 第 134 話 「過去の時間」 月も変われば師も変わる

先生の血塗られた過去が語られていく。
彼の生まれ育った環境が転職を与えた。
捕らえられた後も威圧感は変わらない。

暗殺教室 第 133 話 「告白の時間」 無告の蛸

戦いに決着は付いたがまだ仕事は残っている。
生徒を救うべく急いで先生は触手を動かした。
そこへ二人の男が強襲して真実が暴かれだす。

暗殺教室 第 132 話 「殺し技の時間」 触手を矯めて兎を殺す

命を燃やしながら彼女は戦い続ける。
先生は次の手を生徒たちに指示した。
一年を振り返り彼は静かに歩き出す。

暗殺教室 第 131 話 「浸蝕の時間」 潮が浸む

生徒たちが見守るなかで戦った。
彼女は怒りの炎に包まれている。
先生は罰のように打たれ続けた。

暗殺教室 第 130 話 「仇の時間」 仇を怨で報ずる

いつも笑っている彼女の素顔が見えた。
何事にも一所懸命な性格が裏目に出る。
姉のために地獄の苦しみを受け続けた。

暗殺教室 第 130 話 「仇の時間」 仇を怨で報ずる

いつも笑っている彼女の素顔が見えた。
何事にも一所懸命な性格が裏目に出る。
姉のために地獄の苦しみを受け続けた。

『名簿の時間 暗殺教室 公式キャラクターブック』 蛸を取るより名を取れ

椚ヶ丘中学校に通う生徒たちをくわしく紹介する。
担任の先生を初めとして脇役たちの説明も充実だ。
荒木飛呂彦の手料理を食べる松井優征も見られる。

暗殺教室 第 13 巻 「進路の時間」 ママは進路の秘訣あり

怪物たちの戦いに決着が付いた。
生徒たちは進路に頭を悩ませる。
とくに彼は母親に縛られていた。

暗殺教室 第 129 話 「正体の時間」 怪物の正体見たり可憐な花

教師は穴の底へと落ちていく。
彼女は華麗に舞ながら戦った。
地獄に生きる本性が現われる。

暗殺教室 第 128 話 「嵐の時間」 嵐の前で静けさ

怪物はじっと息を潜めていた。
教師の近くでも気付かれない。
暗殺者の素顔を出す瞬間まで。

暗殺教室 第 127 話 「演劇の時間」 萎える芝居は外道から

演劇の場で生徒たちは見せ物にされる。
ところが素直に言いなりにはならない。
反撃は重々しく静かに重く心に残った。

暗殺教室 第 126 話 「生かす時間」 生は師の始め

支配者に初めて敗北の色が見える。
死の恐怖を目前に固まってしまう。
その沈黙を切り開くのも彼だった。

暗殺教室 第 125 話 「完璧の時間」 研げない輩はない

思い出の中には輝く教室があった。
その楽園は牢獄に変わってしまう。
ひたすらに男は強者を育て続ける。

暗殺教室 第 124 話 「教員試験の時間」 三尺下がって死の影を踏まず

ついに理事長が先生の暗殺に挑む。
生徒が見守る中で戦いは始まった。
圧倒的不利な状況を乗り切れるか。

暗殺教室 第 123 話 「誤作動の時間」 學峯にも腕の誤り

期末試験の答案用紙が返された。
生徒たちは結果に一喜一憂する。
それでは済まない教育者もいた。

暗殺教室 第 122 話 「空間の時間」 式即是空、空即是式

期末試験の締めくくりは数学だった。
最後にふさわしい難問が襲いかかる。
それぞれの戦い方で両者は挑戦した。

暗殺教室 第 12 巻 「『死神』の時間」 生徒は寄なり、死神は来たり

女性への贈り物には気を遣う。
そんな習慣と無縁の男のいた。
和やかな教室に死が接近する。

暗殺教室 第 121 話 「解法の時間」 眼光 支配者に徹す

試験用紙をめくると戦場が広がった。
常識破りの難問が襲いかかってくる。
生徒たちは心で通じ合いながら戦う。

暗殺教室 第 120 話 「殺気の時間」 百足は寸にして人を呑む

父親の暗殺を願う生徒が本心を語る。
偽りのない言葉は好敵手にも届いた。
二人の暗殺対象は互いに顔色を読む。

暗殺教室 第 119 話 「期末の時間・2 時間目」 終わり良ければすべて余資

期末試験は教育者同士の最後の戦いだ。
理事長が教室の内外で教鞭を振るった。
一方では支配者から離れた生徒もいる。

暗殺教室 第 118 話 「縁の時間」 触手振り合うも他生の縁

学園祭の終わりは唐突だった。
しかし生徒たちは受け入れる。
決着は次回にに持ち越された。

暗殺教室 第 117 話 「珍客の時間」 ワサビと客は三日経たず鼻につく

恋した相手のために少年は飛んできた。
もてなしを受けるがイヤな影が目立つ。
仮面をはがれた顔と向き合う時が来た。

暗殺教室 第 116 話 「客の時間」 暗殺者と勝負は すぐには立たぬ

忌まわしい思い出が忍び寄る。
騒がしい連中も集まってきた。
さわやかな風に笑顔を乗せて。

暗殺教室 第 115 話 「学園祭の時間」 どんぐりで勢くらべ

楽しい行事でも彼らは手を抜かない。
立ち向かう生徒たちは準備を進める。
先生の助言でクラス一丸となり戦う。

暗殺教室 第 114 話 「渚の時間」 寄る渚には勝てぬ

母親の思いは度を超えすぎていた。
少年は自分の考えを話そうとする。
そこへ割り込む第三者が現われた。

暗殺教室 第 113 話 「1 周目の時間」 かわいい子には縄をせよ

とうとう三者面談の日がやって来た。
生徒たちのおかげで担任は見違える。
母の愛という名の危機が少年を襲う。

暗殺教室 第 112 話 「2 周目の時間」 打つも撫でるも親の怨

少年は将来に迷いがあった。
先生は生徒の可能性を話す。
だが親には別の思惑がある。

暗殺教室 第 111 話 「進路の時間」 勝てば進路の日和あり

暗殺のあとも生徒たちの人生は続く。
それぞれの目標について話し合った。
暗殺対象の本人に指導されながらだ。

暗殺教室 第 110 話 「世界の時間」 年が変われば世が変わる

敗れた死神は静かに横たわる。
そして彼女は逃げようとした。
だが思わぬ贈り物を受け取る。

暗殺教室 第 11 巻 「体育祭の時間」 棒を倒さんとせば先ず将を射よ

体育祭でも暗殺術が役になった。
その慢心が人を傷つけてしまう。
みなの力を合わせ誠意を尽くす。

暗殺教室 第 109 話 「『死神』の時間・9 時間目」 親が死んでも職選び

その教師は死神と同じほど強かった。
多くの技をかわされ死神に後がない。
そして見えない一撃が繰り出された。

暗殺教室 第 108 話 「『死神』の時間・8 時間目」 朝には紅顔ありて、夕べには骸骨となる

生徒たちが幽霊のように消えた。
焦りを感じつつ死神は走り出す。
鬼より恐ろしい教師が待つ地へ。

暗殺教室 第 107 話 「『死神』の時間・7 時間目」 殺し屋に道を聞かば、夕べに死すとも可なり

彼は死神と向き合っている。
彼女は死神の言葉を信じた。
すべては死神の策略なのに。

暗殺教室 第 106 話 「『死神』の時間・6 時間目」 隠れ家の狗

死神は意表を突いた行動に出る。
すぐさま教師たちは後を追った。
それぞれ異なった目的のために。

暗殺教室 第 105 話 「『死神』の時間・5 時間目」 舌の件は命を絶つ

お互いに手の内が読めない状況である。
敵と味方という単純な構図を思わせた。
だが思わぬ方向から攻撃が飛んでくる。

暗殺教室 第 104 話 「『死神』の時間・4 時間目」 性は師の勧め

彼女との戦いは避けられなかった。
そして戦いにすらならずに終わる。
勝ち誇る彼の目は異様な姿を見た。

暗殺教室 第 103 話 「『死神』の時間・3 時間目」 死中に学を求める

かつてない驚異が少年の前に立つ。
轟音とともに戦いは瞬時に終わる。
彼女を救出したあとも地獄だった。

暗殺教室 第 102 話 「『死神』の時間・2 時間目」 死に律に鍼をさす

追い込まれても生徒たちは冷静だ。
役割を分担して目標へと向かった。
そして死神が意外な形で現われる。

暗殺教室 第 101 話 「反撃の時間」 級友は追うなかれ

準備を整えて彼女の救出に向かった。
ワナだと知りつつ生徒たちは集まる。
花に群がる虫を彼は待ち構えていた。

暗殺教室 第 100 話 「『死神』の時間」 千死に一生を得る

彼女は学校へ来ていない。
生徒たちは心配している。
冷たい彼の電話が鳴った。

暗殺教室 第 99 話 「プレゼントの時間・二時間目」 堅物に花

彼女への贈り物を生徒たちは考える。
ささいな縁が喜ばしい答えを導いた。
それが最悪な結末を招くとは考えず。

暗殺教室 第 98 話 「プレゼントの時間」 殺意は贈り物の中で最上

生徒たちが次々に先生に襲いかかる。
いつもの日常風景のようで何か違う。
殺し屋たちにも休息が贈られていた。

暗殺教室 第 10 巻 「泥棒の時間」 明日は雨 担任は泥棒

世界で一番甘い暗殺計画が実行された。
仕留め損ねた標的に疑惑が持ち上がる。
そして同級生が正式に仲間に加わった。

暗殺教室 第 97 話 「アフターの時間」 あとは借りが幸になる

償いの結果を生徒たちは見せた。
その心配りと成果に園長は驚く。
彼女は晴れやかな笑顔を見せた。

暗殺教室 第 96 話 「ビフォーの時間」 木登りは咎めず

生徒たちは謝罪のために面会する。
そして少年は一人の少女と出会う。
彼女にかつての自分の姿を重ねる。

暗殺教室 第 95 話 「間違う時間」 中坊にも不得手な謝り

勝利を胸に先生は熱くなっていた。
しかし生徒たちは浮かない表情だ。
そして事件は通学中に待っていた。

暗殺教室 第 94 話 「敗北の時間」 一敗 血に濡れる

戦いが終わり勝敗が決定された。
勝者には賞賛の目が向けられる。
一方の敗者には恐怖が贈られた。

暗殺教室 第 93 話 「リーダーの時間」 先頭多くして みな棒に登る

棒倒しには必勝の攻撃があった。
片方の選手達がその弱点を突く。
しかし敵の長は簡単に崩せない。

暗殺教室 第 92 話 「戦術の時間」 あえて守とならずして客となる

外国人選手が果敢に攻める。
体格の差は埋めようもない。
生徒が二人も犠牲になった。

暗殺教室 第 91 話 「体育祭の時間」 勇往邁盾

祭りという名の戦いが始まった。
華やかな舞台にはトゲが無数だ。
そして両者に決戦の時がせまる。

暗殺教室 第 90 話 「イケメンの時間」 色男 金と嫌みは なかりけり

委員長は同級生から好かれていた。
支配者は彼を利用しようと考える。
意外な行事が決戦の場に選ばれた。

暗殺教室 第 9 巻 「衝撃の時間」 足下から死神が立つ

父親を名乗る元教師と少年が戦う。
戦いは終わって先生も戻ってきた。
夏休みの最後に二つ事件は起こる。

暗殺教室 第 89 話 「名前の時間」 名は他意を表す

彼の秘密を知り彼女は声を上げる。
先生の提案で特別な一日になった。
大量の傷心と心境の変化が訪れる。

暗殺教室 第 88 話 「紡ぐ時間」 築く、覗く、紡ぐは男の性である

少年は独りで作業を進めていた。
しだいに同級生が集まってくる。
いつしか心は一つになっていた。

暗殺教室 第 87 話 「吐きそうな時間」 天に向かって麺を吐く

少年は九死に一生を得たが一寸先は闇だ。
それでも同級生は少年と行動を共にする。
しかし彼は口より先に手が出る男だった。

暗殺教室 第 86 話 「執着の時間」 師を見て弟子を見ず

少年は捕まり引き回される。
先生は彼を追いかけ続けた。
待ち受ける悪意を知りつつ。

暗殺教室 第 85 話 「駒の時間」 凶弾が駒から出る

少年は強さを追求していた。
凶暴な彼を先生は教育する。
敵もまた先生と少年を追う。

暗殺教室 第 84 話 「限界の時間」 保護者の顔も三度まで

鋭くとがる触手が襲いかかる。
白い舞台の中は白熱していた。
絶体絶命のなかで先生は笑う。

暗殺教室 第 83 話 「泥棒の時間・2 時間目」 泥棒のニオイ先生

突然に疑惑の目が先生へ集まった。
築き上げた信頼関係が崩れ落ちる。
凶悪な犯行がいくつも明かされた。

暗殺教室 第 82 話 「泥棒の時間」 泥棒を捕らえて賄賂なう

牢屋からの脱出は不可能かと思われた。
ところが囚人は鮮やかに脱走を遂げる。
走り回る警官は心の底から鬼と化した。

暗殺教室 第 8 巻 「チャンスの時間」 銃は熱いうちに食え

同級生のために生徒たちは進む。
教師たちも最善を尽くしていた。
そして黒幕が凶悪な姿を現わす。

暗殺教室 第 81 話 「鬼ごっこの時間」 鬼が出るか蛸が出るか

教師は生徒に新しい技術を教えた。
担任は遊びのなかで訓練を進める。
生徒には必至になる理由があった。

暗殺教室 第 80 話 「茅野の時間」 丸い卵も盛りようで刺客

食物連鎖の果てに悲劇があった。
だが彼女は絶好の機会と考える。
甘くて美味しい暗殺の幕開けだ。

暗殺教室 第 79 話 「支配者の時間・2 時間目」 盾と鞭

理事長は全てを支配しようと考えた。
そのために彼を利用をするつもりだ。
甘い言葉を受けた彼はどう動くのか。

暗殺教室 第 78 話 「竹林の時間」 竹に竜

彼は新たな戦場へと旅立っていく。
その教室での授業に彼は面食らう。
先生と生徒は心配しながら見守る。

暗殺教室 第 77 話 「呪いの時間」 人を呪わば組二つ

同じ組から彼は去っていった。
そして壇上で驚くことを言う。
生徒と先生は戸惑いを見せる。

暗殺教室 第 76 話 「衝撃の時間」 晴天の死神

夏休みの最後の日に先生は走り回る。
集まった生徒たちは祭りを楽しんだ。
その前後で驚くべき事件が起こった。

暗殺教室 第 75 話 「殺しの時間」 好奇心は恋を生かす

いつからか彼女は彼に恋していた。
先生と生徒たちは心から応援する。
手作り感あふれる夕食が始まった。

暗殺教室 第 74 話 「怖い時間」 蚊と闇夜ほど怖いものはない

急に恐怖の時間が始まった。
先生は生徒たちを強襲する。
そこには熱い思いがあった。

暗殺教室 第 7 巻 「島の時間」 島に寄れば水が降る

試験場で静かに激しい戦いが始まった。
生徒たちは怪物たちを前に力を尽くす。
島では遊びながらも計画を進めていた。

暗殺教室 第 73 話 「大人の時間・二時間目」 大人は大口

戦いは終わったはずだった。
殺し屋たちが立ちふさがる。
教師の交渉は通用するのか。

暗殺教室 第 72 話 「音の時間」 悪しき鷹は音が高い

少年は殺意を潜めて笑顔を見せる。
その顔を見て相手に恐怖が蘇った。
勝負の決着が目の前に迫っている。

暗殺教室 第 71 話 「叱咤の時間」 案ずるより笑むが易し

かつての教師と生徒が向き合う。
そこには尊敬の念は皆無だった。
むき出しの狂気と殺意が交わる。

暗殺教室 第 70 話 「鷹岡の時間」 狂気が鷹を生む

自称「父親」が腐った計画を明かした。
おぞましさに先生も生徒も言葉がない。
さらに鷹は愚かしい行動で度胆を抜く。

暗殺教室 第 69 話 「黒幕の時間」 這っても黒幕

教師が最後の見張りを片付けた。
とうとう残りは「黒幕」だけだ。
彼は不気味な笑みで生徒を見た。

暗殺教室 第 68 話 「チャンスの時間」 機に臨み銃に応ず

戦いの舞台は敵側に支配された。
数では有利だが身動きできない。
そこへ先生の指示が飛んでくる。

暗殺教室 第 67 話 「武器の時間」 銃は任よりも美味し

見張りが行く手を立ちふさがる。
生徒たちは奇襲攻撃を仕掛けた。
一方では殺し屋も近づいてくる。

暗殺教室 第 66 話 「女子の時間」 女の一蹴 岩をも砕く

華やかな場所で一行は緊張する。
見かけはごく普通な女子たちだ。
彼女たちの力を少年は目撃した。

暗殺教室 第 65 話 「カルマの時間・2時間目」 業に入っては業に従え

プロを相手に少年は戦いを挑んだ。
立場を超えて公平な決闘が始まる。
一瞬の勝機をついて少年は走った。

暗殺教室 第 64 話 「拘りの時間」 師を見て子を見ぬ

まだまだ先は長いなかで不安が募る。
行く手をふさぐ者が道の途中にいた。
立ちはだかる大人に彼は立ち向かう。

暗殺教室 第 63 話 「引率の時間」 教師は周して比せず

病人たちの看病に追われる者がいた。
一方で教師たちは敵地を進んでいる。
不思議なことに堂々とした足取りだ。

暗殺教室 第 62 話 「プロの時間・2 時間目」 手に色を付ける

最初で最大の難所にたどり着く。
生徒も先生も身動きが取れない。
ところが彼女は普通に歩きだす。

暗殺教室 第 6 巻 「水泳の時間」 水の流れと生徒の行方

先生の弱点が明らかになった。
生徒たちは絶好の機会を狙う。
しかし思わぬ横やりが入った。

暗殺教室 第 61 話 「伏魔の時間」 交渉 魔多し

生徒たちは脅迫されている。
相手は先生を奪うつもりだ。
指揮官は苦悩して決断する。

暗殺教室 第 60 話 「異変の時間」 教師は豹変す

生徒たちは勝利を実感していた。
ところが不穏な気配を感じ取る。
見たことがない先生の姿だった。

暗殺教室 第 59 話 「決行の時間」 決壊の勢い

生徒にとって楽しい上映会が始まった。
先生にとっても同じかどうかは不明だ。
映像が終わる前にワナは発動していた。

暗殺教室 第 58 話 「島の時間」 飛びつく島のナイト

先生と生徒たちが一緒に遊んでいる。
と見せかけた準備が着々と進行中だ。
一方で別の教師たちは不安を感じた。

暗殺教室 第 57 話 「策謀の時間」 謀は みんなで押し通す

夏休みにも生徒は学校に集まった。
プロの指導で才能を伸ばしている。
一方では先生も遊んでいなかった。

暗殺教室 第 56 話 「いきものの時間」 師子夢中の虫

夏休みでも学校に集う生徒がいた。
まぶしく中学生らしさが光り輝く。
一方では先生らしくない者もいる。

暗殺教室 第 55 話 「終業の時間・1 学期」 触手の納め時

戦いは終わったが仕事が残っている。
約束を守るよう支配者に念を押した。
夏休みには学力の向上と決戦が待つ。

暗殺教室 第 54 話 「挫折の時間」 井の中の蛙 大恥を知る

ついに期末試験の結果が届いた。
残酷なまでに正確な順位を知る。
両雄の対決は意外な結末だった。

暗殺教室 第 53 話 「五教科の時間」 夢は五科の戦い

一生を左右する試験が始まった。
誰もが緊張した顔で戦いに挑む。
しかし彼女は力を抜き宙を舞う。

暗殺教室 第 52 話 「エースの時間」 善に強きは悪にも強し

同級生たちの心は固まった。
狂信的に強将へ付いていく。
対する先生も妙案を出した。

暗殺教室 第 51 話 「息子の時間」 子どものケンカに親は出ず

子は役職で呼び父は名字で呼ぶ。
支配し合う関係で結ばれている。
生徒たちは勝負に命懸けだった。

暗殺教室 第 50 話 「期末の時間」 上 40 より今は学習

思わぬ報酬に生徒たちが喜んだ。
教師たちは念入りに釘を刺した。
理事長には切り札が残っている。

暗殺教室 第 5 巻 「才能の時間」 能なき鷹は罪を重ねる

父親を名乗る男が現われた。
狂気と狂気とを胸に秘める。
一人の生徒が立ち向かった。

暗殺教室 第 49 話 「現場の時間」 水に入っては水に従う

彼は自分の居場所を探していた。
いま見失いかけた道を見いだす。
多少の苦痛は大きな喜びとなる。

暗殺教室 第 48 話 「実行の時間」 悪童 戦地を行く

彼は目的を見失っていた。
級友に打たれて目覚める。
自分の立場を受け入れた。

暗殺教室 第 47 話 「ビジョンの時間」 師を追う龍は仲間を見ず

以前の敵が今日の仲間となった。
お互いに協力して計画を進める。
秘められた悪意に気づかぬまま。

暗殺教室 第 46 話 「寺坂の時間」 卑しい寺坂は友から消ゆる

先生と生徒の一体感がまぶしい。
その輝きから彼は孤立していく。
先生は彼を正しい道へ導けるか。

暗殺教室 第 45 話 「水泳の時間」 夢くつがえりて初めてよく泳ぐ

彼女は夢から目覚める。
しかし夢は続いていた。
魚たちから泳ぎを習う。

暗殺教室 第 44 話 「溺れる時間」 溺れる者は我が友つかむ

優等生な彼女もこの教室に来た。
原因となった事件が明かされる。
先生の結論はどう実現するのか。

暗殺教室 第 43 話 「夏の時間」 夏の教師 水を嫌う

生徒たちを猛暑が襲った。
先生からの贈り物で喜ぶ。
意外な弱点も見てしまう。

暗殺教室 第 42 話 「迷いの時間」 いずれ殺めて咲く翼

もはや勝負は決着した。
勝者を祝う声が集まる。
支配者がその力を示す。

暗殺教室 第 4 巻 「まさかの時間」 兄弟は戦いの始まり

彼女はプロとして戦った。
彼にその熱意が伝わるか。
新しい脅威が目前に迫る。

暗殺教室 第 41 話 「才能の時間」 浅学非凡

生徒と教師が向かい合う。
もはや授業ではなかった。
暗殺教室に残るのは誰だ。

暗殺教室 第 40 話 「指名の時間」 信は報酬より起こる

男の横暴さを止めようとした。
だが彼は教育論を振りかざす。
ある生徒に白羽の矢が立った。

暗殺教室 第 39 話 「親愛の時間」 父の怨は山よりも高く

生徒の指導に熱と愛を注ぐ。
親密な家族のように接する。
彼の教育方針は正しいのか。

暗殺教室 第 38 話 「訓練の時間」 烏が鷹うらやむ

生徒たちに暗殺を指導する。
その彼の使命は変えられた。
新しい担当者はどう動くか。

暗殺教室 第 37 話 「アートの時間」 芸術は長く先生は恥ずかし

彼の異変に同級生は驚く。
しかし先生は受け入れた。
彼女も大きく心を動かす。

暗殺教室 第 36 話 「近い時間」 遠い一殺より近い勝利

現役選手たちの快進撃が続く。
彼らの勝利を観客も確信する。
そこへ暗殺者が奇襲をかけた。

暗殺教室 第 35 話 「円陣の時間」 円で意のまま操る者

彼は自分の教育理念を貫き通す。
同じ思いを秘めた者と対立する。
結果は正反対で相容れなかった。

暗殺教室 第 34 話 「先攻の時間」 転ばぬ先生の教え

野球部を相手に試合をする。
一方的な結果が予想された。
暗殺者らは別の未来を見る。

暗殺教室 第 3 巻 「転校生の時間」 災いを転じて手を溶かす

楽しい旅行が台無しにされた。
先生は生徒のために飛び回る。
そして新たな生徒が現われた。

暗殺教室 第 32 話 「絆の時間」 シリアスは一生の恥

戦いは意外な幕切れだった。
謎を残して彼らは立ち去る。
先生は自分の行動を恥じた。

暗殺教室 第 31 話 「苦戦の時間」 兄思う心にまさる兄心

誰の目にも弟が優勢だった。
保護者への非難も届かない。
ついに兄が倒れるだろうか。

暗殺教室 第 30 話 「まさかの時間」 兄弟ガチに攻める

弟の素性が明らかになる。
兄は戸惑いつつ怒り狂う。
さらに驚く自体が起きた。

暗殺教室 第 29 話 「転校生の時間・二時間目」 晴校雨殺

転校生が教室に入る。
思わぬ場所から急に。
驚くべき言葉も出た。

暗殺教室 第 28 話 「映画の時間」 兄殺り難く頭が硬し

放課後に至福の時間が待っている。
独りだった空には道連れができた。
今後の教室も騒がしくなりそうだ。

暗殺教室 第 27 話 「克服の時間」 克っても兜で おしまいよ

師匠は戦いの終わりを悟った。
彼女も一度は心が折れかける。
そこへ先生の言葉が胸を打つ。

暗殺教室 第 26 話 「師匠の時間」 三尺下がらず師の影を踏まず

じっと彼を見つめる目が並ぶ。
彼は授業に集中しようとする。
どこまでが先生の思惑なのか。

暗殺教室 第 2 巻 「大人の時間」 大人は策士の心を失わす

仕事のために彼女はやって来た。
いつも教室では騒動が絶えない。
支配者の存在も重くのしかかる。

暗殺教室 第 25 話 「LR の時間」 蛸の糞で頭に来る

彼女は先生として優れている。
生徒や同僚からも認められた。
殺し屋である彼女には不満だ。

暗殺教室 第 24 話 「仕返しの時間」 敵に苦土を送る

雨降りでも彼らは得意げだった。
この後の惨劇は知りようがない。
思わぬ人物から報復は始まった。

暗殺教室 第 23 話 「湿気の時間」 雨フラレ恥固まる

彼女は彼を見捨てた。
湿度が陰湿さを増す。
先生は全部見ていた。

暗殺教室 第 22 話 「自律の時間」 親に似ぬ子は反抗期

動かない彼女は周りを動かす。
多くの生徒に好意を持たれた。
そのまま日常が続くだろうか。

暗殺教室 第 21 話 「改良の時間」 立てば弾薬・座らぬ砲台・歩かぬ姿は百合の花

彼女は一段と動けなくなる。
先生は意外な行動を取った。
禁じられた道の近くを進む。

暗殺教室 第 20 話 「転校生の時間」 女子でも動かない

その彼女は動かなかった。
先生は歓迎の意を見せる。
授業の時間に機会が来た。

暗殺教室 第 19 話 「好奇心の時間」 手足と恋を異にす

旅行の夜で浮かれていた。
先生は風呂で浮いている。
浮世話にも終わりが来た。

暗殺教室 第 18 話 「赤の時間」 朱に交わらず青くなる

彼は同じ色ばかりを見てきた。
雅な古都でも変わらないはず。
だが相手は何色でもなかった。

暗殺教室 第 1 巻 「暗殺の時間」 少年よ、教師を抱け

朝の号令が始まった。
少年たちは発砲する。
先生は微笑んでいた。

暗殺教室 第 17 話 「しおりの時間」 水清くとも魚進む

絶望的な危機は今も続いていた。
それでも生徒は希望を見つける。
進むべき道は前だけだと知った。

暗殺教室 第 16 話 「台無しの時間」 修復できない過去と現在

先生は疲れ切っていた。
心配顔で生徒が近づく。
先生の教えを守りつつ。

暗殺教室 第 15 話 「旅行の時間」 旅の恥は脱ぎ捨て

生徒たちは旅行で浮かれていた。
先生も指導者らしくない態度だ。
暗い影が忍び寄るのも知らずに。

暗殺教室 第 14 話 「テストの時間」 尾ヒレの付いた問題

生徒たちに怪物が襲いかかる。
ひるまずに全員が刃を向けた。
ところが真の敵は背後にいる。

暗殺教室 第 13 話 「くるくるの時間」 ぼくの先生は刃

生徒たちの本音に先生は失望する。
そして先生は回り続けるのだった。
あらためて生徒たちは脅威を知る。

暗殺教室 第 12 話 「支配者の時間」 硬くて そして 乾いている

彼は紳士的な態度だった。
理想の未来を静かに話す。
合理的な狂気の世界像だ。

暗殺教室 第 11 話 「集会の時間」 殺意が通れば合理が引っ込む

全校生徒が集まった。
笑う者と笑われる者。
合理で動く者が見る。

暗殺教室 第 10 話 「プロの時間」 エイリアンを恋人に

彼女は焦りを感じていた。
それは生徒たちも同じだ。
ところが両者はすれ違う。

暗殺教室 第 9 話 「大人の時間」 山を張って御里が知れる

彼女は猫をかぶっていた。
先生は気づかないらしい。
二人は密室へ消えていく。

暗殺教室 第 8 話 「胸の時間」 色とナイフは使いよう

彼女の窮地を先生が救った。
感動した彼女は好意を抱く。
二人は同じ道を歩き始めた。

暗殺教室 第 7 話 「毒の時間」 まごころを、毒に

彼女は自分の真心を先生に示す。
相手を毒するような行為である。
しかし先生は即座に受け取った。

暗殺教室 第 6 話 「二択の時間」 空に浮かぶクモのよう

人が命を失う瞬間はいつか。
少年は隠された真相を知る。
地上へ向かって少年は飛ぶ。

暗殺教室 第 5 話 「カルマの時間」 冷たくされたら熱く返す

触手の音が教室に響き渡る。
氷菓子を味わう生徒もいた。
静かな空気は下から崩れる。

暗殺教室 第 4 話 「基礎の時間」 握手は悪手じゃない

のどかな体育の授業風景だ。
二人の教師が生徒を見守る。
急に不吉な風が吹き荒れた。

暗殺教室 第 3 話 「サービスの時間」 先生と活き活き付き合う

先生も時にはミスをする。
そこで自分をいましめた。
生徒たちも注目している。

暗殺教室 第 2 話 「野球の時間」 先生の仕事は生徒に絡むこと

校舎の裏で話し声が聞こえる。
生徒に絡む先生の姿があった。
契約は破られたということか。

暗殺教室 第 1 話 「暗殺の時間」 燃えにも萌えにも触手を伸ばす松井優征!

授業の開始と同時に銃弾が飛び交う。
銃声が響くなかで先生は出欠を取る。
三日月が照る教室で授業が始まった。

[2] このページの一番上へ戻る