『ニセコイ』 21巻 「マリーヘ」 2 - 幸せを望んでいない

少年は母親の言葉に衝撃を受ける。
やりきれない気持ちのまま、ただ前へ進む。
仲間たちの力を借りて、ただただ「友人」のために。

『ニセコイ』 21巻 「マリーヘ」 1 - もう会うこともない

突然に別れの時が来た。
なんの事情も分からないままに彼女は去る。
しかし、まだ縁は切れていない。

『ニセコイ』 20 巻 「メイレイ」 2 - あきらめても離れない

彼女は いつも賢明で大人っぽかった。
多くの者が そう思うなか、別の視点もある。
そして彼女は家を出ていった。

『ニセコイ』 20 巻 「メイレイ」 1 - 姉には負けられない

高校生活で最後の正月を迎えた。
異国の地で初日の出を眺めて、帰国後に参拝する。
そのあとには大事件が控えていた。

『ニセコイ』 19 巻 「センタク」 2 - その約束は選ばない

クリスマスには決断の時が待っていた。
彼と彼女は、はたして正しい道を選べるのか。
そして、年明け前に舞台は大きく移る。

『ニセコイ』 19 巻 「センタク」 1 - お別れは今じゃない

「カレシ」として「カノジョ」の転校を阻止する。
彼の誠実な行動は、意外な人物の助けを得た。
その数日後、別の女性とデートに出かける。

『ニセコイ オフィシャルファンブック トクレポ』 買わない理由はない

彩色されたイラストが多くて楽しい。
登場人物や舞台の紹介も充実している。
ほかの作品との共作も掲載された。

『ニセコイ』 18 巻 「イチゲキ」 2 - さよならは言いたいくない

親友に聞かれたことで、自分の気持ちに迷う。
彼女の力になろうとして、彼は走った。
しかし、最大の難関が待ち受けている。

『ニセコイ』 18 巻 「イチゲキ」 1 - 抜け駆けは許されない

修学旅行には絶対に欠かせないイベントがある。
彼意思とは無関係に、彼女たちは襲いかかった。
旅の終わりには恐ろしい知らせが届く──。

『ニセコイ』 17 巻 「オジョウ」 2 - ひとりでは旅立てない

彼女たちの過去を聞かされ、新たな一面を知る。
楽しいはずの修学旅行は苦難から出発となった。
ところが、うれしい偶然で同行者ができる。

『ニセコイ』 17 巻 「オジョウ」 1 - もう羽を閉じない

眠れない夜は、二人きりの特別な時間だった。
帰ってきてからも祭りが待っている。
一方、「姉」との仲は特別に深まっていく。

『ニセコイ』 16 巻 「ソックリ」 2 - 告白から逃げ出さない

今日も凡矢理高校でドタバタが起きていた。
飼育動物や発明品で問題が多発する。
一方、恋の告白に誠意を見せる男が いた。

『ニセコイ』 16 巻 「ソックリ」 1 - オマジナイを忘れない

パーフェクトな彼女には意外な欠点がある。
異国の王女様にも言葉の壁があった。
でも、それを乗り越えるだけの思いを持っている。

『ニセコイ』 15 巻 「ミスコン」 2 - 一番は譲れない

今年の秋も文化祭が開催された。
各クラスの催し物で大いに楽しむ。
そして、一番のビッグ・イベントが始まった。

『ニセコイ』 15 巻 「ミスコン」 1 - 恋する心を隠さない

彼女の口から爆弾発言が次々に飛び出した。
さらには、別の新たな危機も襲いかかる。
楽しいゲームでも気が抜けない。

『ニセコイ』 14 巻 「ネエサン」 2 - 将来が決められない

学生たちにも将来について考える季節が来た。
悩む者もいれば、決まっている者もいる。
すでに職務を果たそうと努力する者もいた。

『ニセコイ』 14 巻 「ネエサン」 1 - 幼なじみで終わらない

突然、異国から彼女は帰ってきた。
新たな鍵の出現に衝撃が走る。
少女たちの過去が語られた。

『ニセコイ』 13 巻 「アンシン」 2 - ウソを続けられない

帰省には「恋人」を連れて行くことになった。
彼女の願いを聞き入れて、彼らは旅立つ。
また、学生らしく図書館で勉強会を開く。

『ニセコイ』 13 巻 「アンシン」 1 - もう嫌いじゃない

夏祭りで大きな秘密を知ってしまう。
もう一つの感情を彼女は確信する。
そして、登校日にも事件が起きた。

『ニセコイ』12 巻 「オマツリ」2 - その声は逃さない

女友だちからの頼み事を快く引き受けた。
そして、当たり前のように事件は起こる。
楽しげな祭りの夜も、なんだか雲行きが怪しい。

『ニセコイ』 12 巻 「オマツリ」 1 - お母さんは気にくわない

想い人の母親に嫌われそうになってしまう。
なんとか和解しようと努力するほど、窮地に陥る。
また、同級生や下級生の応援にも大忙しだ。

『ニセコイ』 11 巻 「ハナタバ」 2 - イジメには屈しない

中学の頃から病弱な彼女は強かった。
訪ねてきた親友も劣らず豪胆な人である。
一方、別の彼女は昔から可憐だった。

『ニセコイ』 11 巻 「ハナタバ」 1 - 何も思い出せない

彼はまだ記憶が戻らなかった。
彼女は感情と涙をあふれさせる。
そして すべてが終わっても、まだ謎は残った。

『ニセコイ』 10 巻 「スキナコ」 2 - 心残りは一つもない

もう彼女には会わないほうが良い。
──そう思いながらも、ひとりで悩む男がいた。
親友に できることは何かあるのか。

『ニセコイ』 10 巻 「スキナコ」 1 - なれあいは好きじゃない

銭湯やプールに みんなが集まった。
夏の楽しいひとときを楽しむ。
そして、親友の好きな子が明かされた。

[2] このページの一番上へ戻る