ジョジョリオン 10 巻 「ロカカカの樹を追え!」 - 渦中に巻き込ませる!

少年と少女は果物の鉢植えを探す。
何の変哲もない男が鉢を持ち歩いていた。
気がつくと果物は消え、ある異変が起こる。

ジョジョリオン 9 巻 「長男・東方常敏」 - 昆虫戦で熱くなる!

余興の賭けには遊び心が含まれていた。
ところが、敗北が男を熱くする。
甲虫同士の戦いは、スタンド戦と化した。

ジョジョリオン 8 巻 「毎日が夏休み」 - 分け合うと余る!

木陰から音を立てて死が忍び寄る。
だが、追い詰められたのは どちらなのか。
そして突然に彼が帰ってきた。

ジョジョリオン 7 巻 「キング・ナッシング」 - 最期まで集まる!

思いも寄らぬ人物からの攻撃に家長は戸惑う。
敵の姿が見えないことも混乱の元だ。
それでも家族を守るために戦い続ける。

ジョジョリオン 6 巻 「東方つるぎの目的 そして建築家」 - 彼を見誤る!

彼女は彼に会いたいと願う。
街を歩く人々が すべて敵に見えてきた。
誰も信じられない雑踏で、ようやく彼に会えたのだが……。

ジョジョリオン 5 巻 「杜王町『1901 年』」 - 不幸は交換される!

思わぬ知能戦が繰り広げられる。
銀杏の落ち葉には悲しい伝説があった。
その人物を襲った不幸に、何かが思い当たる。

ジョジョリオン 4 巻 「レモンとみかん」 - 運命と生命が混じる!

母親と会った彼女は、思いがけない話を聞く。
孤独に戦う彼は雪の中で助けを得る。
2 つの果実と残酷な真実を掘り起こした。

ジョジョリオン 3 巻 「その家系図」 - 冷たい風に血も凍る!

彼女との戦いは続いていた。
次々に彼は力を奪われていく。
絶対的な危機のなか、仕掛けは終わっていた。

ジョジョリオン 2 巻 「東方定助という名前」 - 幸せは奪い取る!

彼は新たな名前をつけられた。
そして新しい暮らしが始まる。
豊かな環境かと思われたが、すぐに危機が せまってきた。

ジョジョリオン 1 巻 「ようこそ 杜王町へ」 - 珠玉の体験に濡れる!

どこかで見たような街で、見たこともない物語は始まった。
イマドキの普通な女子大生と、すべてが奇妙な男が登場する。
そして、忘れられない名前も現れた。

[2] このページの一番上へ戻る