『恋染紅葉』 第 4 巻 「告白」 恋の初風、涙を呑んで

彼女は勇気を振り絞った。
彼は誠意を持って応える。
紅葉降る中を走り去った。

『恋染紅葉』 第 3 巻 「スレチガイカンチガイ」 飛ぶ小鳥が落とす勢い

彼女は突然やって来た。
なんの意図か彼に絡む。
悪影響が広がっていく。

『恋染紅葉』 第 2 巻 「スキャンダル !!」 京子の萌え倒れ

どこまでも彼女は積極的だ。
どこにも以前の面影はない。
そう思うのは彼だけだった。

『恋染紅葉』 第 1 巻 「出会い 夕焼け 海岸線」 ナナ転びサナ抱き

鎌倉の海岸で少年は少女に出会う。
紅葉色に顔を染め少年は立ち去る。
それは一期一会の幸運と思われた。

[2] このページの一番上へ戻る