『なにかもちがってますか』 5 巻 鬼頭莫宏 - 事故批評を許さない

同級生に宗教団体との接点が見えた。
教祖は少年たちを知っているらしい。
ワナだと知りつつも屋上へと向かう。

『なにかもちがってますか』 4 巻 鬼頭莫宏 - 天数制で刑罰

人の命を奪う存在は彼ら以外にもいた。
少年と少女は能力を使って犯人を追う。
事件のあとは姉に似た弟の写真を見る。

『なにかもちがってますか』 3 巻 鬼頭莫宏 - 刑画性が大事

少年たちは決定的な過ちを犯した。
そこへ現われた人物は何者なのか。
さらに彼らを警察官が追っている。

『なにかもちがってますか』 2 巻 鬼頭莫宏 - 計画を実姉する

思い詰めた末に少年は決心した。
相手も受け入れたように見える。
思い掛けない展開が待っていた。

『なにかもちがってますか』 1 巻 鬼頭莫宏 - 転校生は片人

アリガチに転校生がやってくる。
あり得ない事件が巻き起こった。
普通じゃない中三が世を変える。

[2] このページの一番上へ戻る