馬鹿って(笑)

シェアする

*DEATH NOTE : page.25 「馬鹿」
[[前回の予想>http://asiamoth.com/mt/archives/2004-05/31_1159.php#m_p0_1]]大外れ!! こうして予想が裏切られるのが楽しみで、毎回予想している。
今回、何度も読み直したけど、どこにも「馬鹿」とは書いてなかった。Lは明らかに馬鹿にしていたけど(笑)
**感想


おお、新キャラ登場!! てか、タイトル通り、おバカな感じ(笑)
気になるのが次のセリフ。
「いざとなったら、眼を持っているミサの方が強いもん」
これは、ライトが眼の取引をしていないのを知っているのかな? 一連のキラ報道から、キラは名前を知らないと殺せない、と判断したのかな。もしくは、ミサに憑いている死神がそのことをミサに教えた? 死神界のルール上で、それはアリなのか? もし死神が教えたのなら、キラの正体も教えると思うから、それはないかな。
そもそも、新登場の死神は、ライトに味方する気は無いと思う。「もっと自分の為に利用しなくていいのか」というセリフから、ミサの手に渡ったのは偶然のようだ。しかし、その前のセリフが気になる。「せっかくデスノートあげたのに」の「あげた」というのは、「落とした」というより「手渡した」感じがする。
**次回の予想
次回は「転倒」。うーん、前に「逆立」というタイトルで「リュークはリンゴが切れると、禁断症状で逆立ちする」というのがあったから、安易に誰かが転倒するのでは無いと見た。
リュークが、ライトの顔を死神の眼で見るシーンがあったが、色(白黒だが)が反転して見にくそうだった。ということで、死神の眼を持ったミサはよく転ぶようになった、とか。無理矢理だな(笑)
さて、ライトが顔も名前も明かさずにミサに接触する方法は、やはりインターネットを利用すると思う。それで、Lや捜査本部にバレずにキラであることをミサに伝える方法は、「デスノート」という単語を使うと見た。「死神」ではLに気づかれるから。