MigemoでAZIK!(「mpxo」で「猛暑」を検索)

シェアする

#### MigemoでAZIKって?
脳を鍛える大人のAZIK : 亜細亜ノ蛾で紹介した**AZIK**を常用するようになると、**Migemo**での検索もAZIKで入力したくなります。──よね?
(Migemoってなに?というひとはMigemo: ローマ字のまま日本語をインクリメンタル検索をどうぞ)
今回は、かなり便利な「**Migemo + AZIK**」の使い方を書いてみます。
ただし、今回の方法は[C/Migemo](http://www.kaoriya.net/#CMigemo “KaoriYa.net”)を利用するツールのみです([Xyzzy](http://www.jsdlab.co.jp/~kamei/ “コロコロやる気が変わるぺぇじ”)や[あふ](http://www.h5.dion.ne.jp/~akt/ “System AKT”)、MigemizeExplorerなど)(MigemizeExplorerは行方不明中ですなー)。
#### 実装方法
*roma2hira.dat.txt
1. Migemoの辞書ファイルのあるディレクトリを開く
2. “roma2hira.dat”を待避(拡張子を.bakに変えるなど)
3. 上記からファイルをダウンロード
4. “roma2hira.dat”に改名し、Migemoの辞書ファイルの場所に移動
以上です。
Xyzzyの[Migemo.l](http://www7a.biglobe.ne.jp/~hat/xyzzy/Migemo.html “xyzzy > Migemo.l”)を使っている場合、ダンプファイルの作り直しが必要、かな?


#### Migemo辞書について
Migemo検索で使う辞書ファイルは、単なるテキストファイルです。
辞書ファイルの一つ、“roma2hira.dat”をテキストエディタで開くと、こう書いてあります。
> こいつをカスタマイズすることでローマ字の入力方式が変わります。
> 現在はMS-IME2000を参考に決定しています。
> 漢字コードの違いを吸収する役割も果たします。
ということで、“roma2hira.dat”をカスタマイズしました。
──といっても、[AZIK for ATOK 2006 for Windows](http://www.onflow.jp/blog/archives/2006/07/azik_for_atok_2_2.html “cyano: ローマ字入力で早く文章を打つためのAZIK for ATOK 2006 for Windows”)をテキストファイルに落としてゴニョっただけです。
katzさん、ありがとう!
#### で、どうなるの?
たとえば、「侵入者」という文字を検索する手順を考えます。通常は
1. 日本語入力モードに変更
2. sinnnyuusyaと入力
3. 変換
4. 確定
と*マンドクセー*手順になります。
Migemo + AZIKの場合は、
1. sknvxaと入力
2. (*以上*)
これだけで検索できます。
ちなみに、asiamothの好みで:(colon)で「ー(長音)」が入力できるようにしました。
#### おしえてエロイ偉いひと
ということで、C/Migemoを利用するアプリケーションは、かなり快適になりました。
──が、Firefoxでは利用できません。というのも、FirefoxでMigemo検索を行うplu拡張は、XUL/Migemoを利用しているからです。
* [XUL/Migemoプロジェクト – MozillaでMigemoを使いたい!](http://tkm.s31.xrea.com/xul/xulMigemo.shtml “XUL/Migemoプロジェクト – MozillaでMigemoを使いたい!”)
本家本元。
* [XUL Apps > XUL/Migemo [Forked Edition] – outsider reflex](http://piro.sakura.ne.jp/xul/_xulMigemo.html “XUL Apps > XUL/Migemo [Forked Edition] – outsider reflex”)
拡張機能も作れる上に、エロイ上手い絵が描けるなんて!のピロタソ作。asiamothはこちらを愛用。
XUL/Migemoで利用する辞書は、C/Migemoとは異なっています。ざっと見てみましたが、簡単にAZIK用にできそうにありませんでした(ちょっとしたスクリプトで書き換えられそうだが──)。
ということで、XUL/Migemoの辞書をAZIKに変更する方法が、知りたいなー>エロイ偉いひと