バクマン。一覧

バクマン。 #173-2 「瞬間と最終巻」 7 月頭と上出来

『バクマン。』 173 ページ 「瞬間と最終巻」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 18 号)

2011 Celebration of Light - Canada
その時期は──天の川に愛の架け橋ができるころ

胸にキュンキュンくる場面が描かれました。サイコーと亜豆という恋の初心者らしい もどかしさに、こちらまで顔が赤くなってきます。若々しくて良いですね!

しかし──。

亜豆が最初に言いだしたこと とはいえ、そろそろルールを破って自分を奪い去るくらいの「男らしさ」をサイコーに望んでいる気がします。

あの新妻エイジだって、「『どんな理由が あろうとも』『女を待たせる 男は最低だ。』 ですよ!」と怒りそう(『めだかボックス』ネタ)。

続きを読む


バクマン。 #173-1 「瞬間と最終巻」 火照ると気合い

『バクマン。』 173 ページ 「瞬間と最終巻」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 18 号)

'The Pyramids', Egypt, Giza, Pyramids
限りなくホット!──にもホドがある

「オレたちの戦いは終わらな(ry」みたいなタイトルでドキドキしますが、「もうちっとだけ続くんじゃ」なようで安心しました。いまのところは──。

興味深いことに、自分が大好きな作品たち──『バクマン。』も『HUNTER×HUNTER』も『めだかボックス』も、「大きな節目を迎えて新たな物語の始まりへ──」という展開です。

4 月という「始まりの時期」に合わせただけなのか、お互いに意識し合ってるのか、ちょっと気になりました。『バクマン。』に出てくる作家たちのように、ライバル同士だったら おもしろい!

続きを読む


バクマン。 #172-4 「美保と菜保」 票数と救急車

『バクマン。』 172 ページ 「美保と菜保」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 17 号)

救急車呼ぶか呼ばないか迷ったら #7119 救急相談センター
迷うことなく──決めて欲しい

バクマン。』世界の「ジャンプ」で ほぼ一番人気の作品である『REVERSI』に、ヒロイン──どころか女性キャラが 1 人だけなんて、かなり不思議な気が します。

たとえば、あの(女性の登場人物が極端に少ないことで有名な)『トリコ』でさえ、リンと節乃・あと「急に堂々となった人」などが登場しました(あの場面は良かったですね!)。

いけさんフロムFR・NEO RE 「トリコ」~むしろ堂々と?小松が見た二代目メルクの真実!!

同じく『REVERSI』にも、準ヒロインや女性のモブキャラくらいは出てくるのでは? たとえ原作には皆無でも、アニメ版のオリジナル・キャラクタを投入しそう。

──ということで、アニメ版『REVERSI』には けっきょく、田中・大月・郷田・何多良も参加したりして(ついでにメガネっ子・山崎も)。気まずい!

続きを読む


バクマン。 #172-3 「美保と菜保」 別室と熱演

『バクマン。』 172 ページ 「美保と菜保」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 17 号)

Takeshi Goda @ Anime Festival Asia
できれば彼の熱演は──別室で お願いしたい

亜豆・大月・郷田の 3 人を見ていると、『ガラスの仮面』を思い出します。とくに、郷田多可実(ごうだ たかみ)は月影千草っぽくて渋い!

ただし、これは自分が勝手に思っているだけで、大場つぐみさんは意識していないでしょう。たとえば──。

ガラスの仮面』の主人公である北島マヤは「天才型」で、ライバル役の姫川亜弓は「努力型」な点が最高に おもしろかった! 貧乏な家庭に生まれた主人公と、裕福なライバルであれば、普通は逆にしますよね。

上記から考えても両作品に共通点は少ないのですが、それでも──大月奈々観は白目が似合いそうだよなぁ……。

ジャンプで白目と言えば: おそろしい子! 「ガラスの仮面」: Kiss Like Judas

続きを読む


バクマン。 #172-2 「美保と菜保」 初歩的と尊重

『バクマン。』 172 ページ 「美保と菜保」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 17 号)

Tis the Season for Love
相手を尊重する──もっとも初歩的で大切なこと

大月奈々観の真骨頂! といった一コマが出ました。ライバルの弱味を見つけた瞬間から、ずっと浮き浮きしていたでしょうね。亜豆以外の同業者にも、同じようなイヤミを言い続けてきたに違いない。

イイですねー、この性格の悪さ

画面の向こうや作品の世界に居てくれる限り、根性が悪い人は大好きです! ナナ姫は、憎まれ役として今後も出てきて欲しいな。──ムリだろうけど……。

続きを読む


バクマン。 #172-1 「美保と菜保」 宿題とスルー

『バクマン。』 172 ページ 「美保と菜保」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 17 号)

Tapping a Pencil
もちろん人生の宿題も──スルーできない

いよいよ亜豆の演技が始まります! ただ 1 人だけ台本を持たずに戦地へ立った彼女は、間違えずに演じきれるのだろうか……。

じつは、今回の前半には かなり不満を感じました。

原作者の大場つぐみさんは、物語を描くために登場人物をコマのように動かしています。そのこと自体は良いのだけれど、今回ばかりは不自然すぎました。

ところが、その不満の 99.98% くらいは覆い尽くすほど、小畑健さんの絵が良い! 「いままでの亜豆は なんだったんだ」と思えるほど魅力的でした。

そして「ナナ姫」も(黒く)輝いている!

続きを読む


バクマン。 #171-4 「マイクと台本」 水鳥と書き込み

『バクマン。』 171 ページ 「マイクと台本」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 16 号)

great-egret-morro-strand_l_cs3
夢見る鳥よ──今こそ飛び立て

ゲゲゲの鬼太郎』みたいな顔をしながら、カヤは的確なことを指摘していました。いつもながら彼女はズバッと真実を見抜きますね! 「もう新妻じゃないほうのエイジ」みたいな感じ(?)。

カヤが言うように、たいへん上手だけれど──聞いていて飽きてくる演技や歌も あります。相手を感動させる声とは、なにが違うのだろう……?

自分は、『魔法少女まどか☆マギカ』の とくに 11 話を聞いて、声優の──というよりも「人間の声そのもの」の力強さと恐ろしさを思い知りました。

魔法少女まどか☆マギカ 第 11 話 – 最後まで残る思い | 亜細亜ノ蛾

もっとも人間の心を震えさせる音は、人間の声です。

続きを読む


バクマン。 #171-3 「マイクと台本」 湯島天神と段取り

『バクマン。』 171 ページ 「マイクと台本」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 16 号)

gentle slope at morning
さまざまな思いのなか──彼女は段を上がる

美しい姉妹を神から授かった亜豆家の母・美雪の素晴らしいイラストをご覧ください! 例によって例のごとく、お茶の間や授業中・就業中に大勢で見てね!

バクマン。[亜豆美雪] 名無しの落書き所

美雪とアニメ版の声優さんについて、「42歳!!若!!ちなみに中の人は17歳」と書かれていて笑いました。そうか、井上喜久子さんは「17 歳」でしたねー(おまいら「おいおい!」)。

女性の年齢とサイズは、数字だけでは語れない。

続きを読む


バクマン。 #171-2 「マイクと台本」 模擬とノック

『バクマン。』 171 ページ 「マイクと台本」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 16 号)

Macadam bébé
ノックを忘れると──思わぬモノを見る

ブリティッシュな服装が よく似合っている亜豆の妹・美奈は、高校生くらい──または中学生に見えます。なぜか頭の中で「合法なんとか」といった単語が飛びはねている……!

ただ、亜豆が中学生のころに姉妹で並んでいた感じからすると、せいぜい 2-3 歳くらいしか違わないはずです。「亜豆が妹の成人式に付き合う」みたいな話があった、ような……。

美奈のほうが先に結婚して家を出て行く──という可能性も あり得ますよね。なんの脈絡もなく、なぜか新妻エイジの新妻になって欲しい! かも。

続きを読む


バクマン。 #171-1 「マイクと台本」 配信と告知

『バクマン。』 171 ページ 「マイクと台本」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 16 号)

アニメ配信中!
配信も告知も──カッコカワイイほうが良い

今回もカヤが愛くるしかった! デフォルメ顔もリアルぎみも、両方とも かわいい! 彼女が食べている おせんべいですら輝いて見える。

とくに この話のカヤは、出番が少ないながらも的確なセリフを話しています。読者にも「この場面のポイント」がズバッと伝わってくる。

悲しいかな、それって「解説キャラ」とか「脇役」の属性なんですケドね……。

「ジャンプ」の誌面では、となりに『めだかボックス (14)』の宣伝が載っていて「周波数が ぴったり合っている」。こちらは「第 1 話から ずっと主演していた主役」が、「いまから主人公を目指す話」です。

そう、いつかはカヤも真のヒロインに──。

続きを読む