HUNTER×HUNTER一覧

HUNTER×HUNTER 24 巻 「1-4」 1 – 波乗り非渦中

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』 No.24 「1-4」

Inamura
彼が水面に──ヤリを立てる

キメラアントの王は絶対である──と象徴的に描かれた第 24 巻の表紙です。本編のほうでは逆に、王の気持ちが揺れ動いている。この対比が興味深い。

この巻の半分くらいは、連載の当時に感想を書いていました。なにしろ 7 年近く前(!)の記事なので文章が荒く、ほぼ「内容の箇条書き」で恥ずかしい。

休日に HUNTER×HUNTER 感想書き 秋の紅葉 観ることもなく | 亜細亜ノ蛾

ここからは、以前とは違う内容で お送りします。

続きを読む


HUNTER×HUNTER 23 巻 「6-1」 2 – 紫煙×私怨×支援

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』 No.23 「6-1」

Untitled
煙に巻かれて──命が縮まる

内容と「完全に一致」している第 23 巻の表紙ですねー(棒)。──こんなに ほのぼのとしたマンガだったっけ……。

ただ冨樫義博先生には、描き慣れてきた人物は かわいらしくなる傾向が あります。とくにシャウアプフの美形っぷりは、本編でも存分に見られました。ネフェルピトーも、より猫っぽくなっている。

モントゥトゥユピーは──、まぁ、アレだな……。

続きを読む


HUNTER×HUNTER 23 巻 「6-1」 1 – 裏切り者には志あるノミ

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』 No.23 「6-1」

Encyclia cochleatum 宇宙人でも侵略者でもない──気高さ

第 23 巻の冒頭を華々しく(血の臭いで)飾る樹上の戦いは、『HUNTER×HUNTER』史上だけではなく、少年マンガ史に残るほどの名場面です!

アクションの場面では「スピード線」を多用する冨樫先生が、ここでは止めた絵で効果的に速度感を演出しました。静と動との緩急を付けた見せ方が素晴らしい!

HUNTER×HUNTER』のテレビアニメでは どうなるか見ものですね! それ以前に、そこまで続くかどうかも……。

続きを読む


HUNTER×HUNTER 22 巻 「8-1」 2 – 餓死×貸し×可視

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』 No.22 「8-1」

victorian bat costume 意味は同じでも──似て非なる

前半のカラッとした展開とは打って変わって、後半には闇が立ちこめていました。先へ進むほどに不安が広がる──。

一方で、単行本化の際に大量の加筆があって(当時は)驚きました。「ジャンプ」掲載時と展開は同じなのに、受ける印象が まるで違います。このサービス精神は うれしかった!

たとえるならば、クラピカとゴレイヌの外見だけを入れ替えて、そのほかは全く同じ『H×H』くらいの衝撃です。──たとえなければ良かった。

続きを読む


HUNTER×HUNTER 22 巻 「8-1」 1 – 木星と太陽が天を変える

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』 No.22 「8-1」

Chandra, Hubble, and New Horizon View Jupiter (NASA, 3/1/07)
虫にも人にも──巨大すぎる

第 22 巻の前半は、意外な登場人物たちが再登場して盛り上がりました! あらためて彼らの魅力を描くことで、物語に深みが出ています。

前半だけで終わらせたことも効果的でした。ダラダラと長引かせるよりもスパイスが効いています。また出ていて欲しいですね!

そして、いよいよオマケのページが なくなり、作者の余裕のなさが分かります。あきらかに背景やモブまで冨樫義博先生が描いているからでしょう。正直なところ、前巻のモブは悪い意味で妙に目立ったからなぁ……。

続きを読む


HUNTER×HUNTER 21 巻 「再会」 2 – 殺し文句で死にかける

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』 No.21 「再会」

蛍
蛍よ 蛍よ──なぜ生き急ぐ?

第 21 巻の後半は、さまざまな「恐ろしさ」を見せつけます! 前半ではキメラアントの王ひとりが恐怖をまき散らしていましたが、後半は何種類もの恐さと怖さが描かれている。

それらを生んだ作者への畏怖の念にも繋がります。

その一方で、恐怖という「呪縛」に打ち勝った者も現われました。そこには熱狂的で醜い愛情と、美しくて悲しい精神とが交差している──。

続きを読む


HUNTER×HUNTER 21 巻 「再会」 1 – 下界×外科医×兵隊

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』 No.21 「再会」

Rockhopper Penguin 彼の目には──どんな未来が映っていたのか

少年マンガらしく「主人公とラスボス」を描いた第 21 巻の表紙です。ゴンのイメージ・カラーは緑なんでしょうね。NGL で購入した衣服も鮮やかなグリーンでした。

──ただたんに、塗りに使っていると思われるコピックの緑が大量に余っているだけだったりして。

この巻に出てくるサブ・タイトルの いくつかは、あとの展開でも まったく同じ題名で再登場します。これは冨樫先生や編集者のミス──ではなく、意図的だと思いました。

「誰と誰とが『再会』したのか」・「誰の『遺言』なのか」によって印象が大きく変わる。その効果を狙ったのでしょう──と見せかけて、考えることが面倒くさかったのかな……。

続きを読む


HUNTER×HUNTER 20 巻 「弱点」 2 – 弟子×利子×相子

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』 No.20 「弱点」

A random mosaic for janken
切り札は一種類──とは限らない

前半で新キャラの説明をサクサク終わらせて、後半ではゴンとキルアの修業すら済ませてバトルに突入しました! 同時にキメラアントたちの様子も描いている。

この急流のなかでも話がゴチャゴチャとせず、読みやすいところが素晴らしい! 人物の描き分けと緩急の付け方が最適化されている。

とくに、20 人以上の登場人物が並ぶ見開きページは すごかった。誰一人としてキャラがカブっていない! 線の描き方で同じ人が描いていると判別できますが、それすら変えたら同じマンガとは思えません。

どれほどの死線を越えて身に付けた画力なのか……!

続きを読む


HUNTER×HUNTER 20 巻 「弱点」 1 – 魔宮を目指す魔球たち

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』 No.20 「弱点」

love pain 愛の痛みを──こぶしに込めて

あいかわらず本編とは無関係の表紙が目を引く第 20 巻です。エジプトは なんにも関係ねェ! かろうじて「猫」が関連しているくらいですね。──ネフェルピトーって子どもを産めるのかな……。

中身にもゴン・キルア・クラピカ・レオリオの扉絵が多くて、なかなかサービスが充実しています。それ以上に話が おもしろいから、何度も読み返してはニヤニヤしている。なぜ「修行編」で こんなに楽しめるのだろう?

新登場の人物が合計で 4 人も登場して、しかも名前が「あるもの」と共通点があって興味深かった。偶然にしては関連が深すぎて、何か意味があるのかな──と考えてしまいます。たんなる作者の趣味なのでしょうか。

今回も「ショート・シンプル・スパイシィ」(by. 森博嗣)──とは反対方向の「長ッ!・クドッ!・薄ッ!」な感想をどうぞ!

続きを読む


HUNTER×HUNTER 19 巻 「NGL」 2 – 急襲×吸収×仇讐

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』 No.19 「NGL」

2010-10-21_124129_Canon EOS 7D_28-75mm
この世で一番美しい生物が──もっとも強い

第 1 話から繰り返し読み続けているため、すべてのページ・全部のコマが頭に入っています。むしろ昔の自分の顔写真のほうが「こんなんだっけ!?」と驚いたりする。

とくに この巻には、忘れられない場面が いくつも出てきました。最後のページと「アレ」は強烈だったなぁ……。

絵的な衝撃だけではなく、話も するどい。次から次へと絶望が襲いかかってきます。まるで子どもに「太陽は どれくらい大きいのか」を教えるかのように、ていねいに一つ一つ希望を潰してくれました。

あとは神(作者)の手のひらで転がされるだけ──。

本編では どこにも笑える場面がないのに、自身のファンである阪神タイガースのユニフォームを着た登場人物を平然と描く冨樫義博先生は、ホンマに悪魔──いや神やでェ!

続きを読む