暗殺教室 第 154 話 「冬休みの時間」 夏賂冬煽

暗殺教室』 第 154 話 「冬休みの時間」

I'm Santa Claus! I'm Santa Claus! 聖夜に集うは──異形と教え子

毎度おなじみの「誰得カラー」です!
せっかくのセンタ・カラーなのに、野郎 3 人がギラヌラと着飾っている。しかも、殺せんせー潮田 渚は分かるけれど、あと 1 人は なぜか木村 正義です。
動きの素早い 3 人を配置することで、「あっという間の約一年間だった」ことを表現したのでしょうか。そう、もう卒業まで日が ありません。
──暗殺の期限は、残り 38 日しかない……。

続きを読む


暗殺教室 第 153 話 「覚悟の時間」 身をほぐしてこそ浮かぶ瀬もあれ

暗殺教室』 第 153 話 「覚悟の時間」

Untitled
そして また──暗殺の日々へ

宇宙から渚とカルマが帰ってきました!
数々の任務をこなしてきた 2 人からすれば、ただ座っているだけの時間です。その直前までは、UNO で遊んだりしてリラックスしている。E 組の生徒には、宇宙船ですら遊び場です!
しかし、予想しなかったトラブルが起こり、一転して絶望が見えてきて──!?

続きを読む


『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 最強・最弱のランク更新!

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』("Avengers: Age of Ultron")

LEGO MARVEL AVENGERS 圧倒的な強さをねじ伏せる──ひとつの思い

お気楽なアクション映画が進化しました!
本作品のストーリィには批判の声も多く聞きます。しかし、自分には楽しかったし、次回にも期待が持てました。意外にもミステリィ要素が あって、単純なアクションものには終わっていません。
今回の事件の発端を考えると、いったい誰が悪いのか、悪とは何か──と考えてしまう。

監督と脚本は、前作と同じジョス・ウェドンです。
ジョスは、初代『トイ・ストーリー』でアカデミー脚本賞にノミネートされました。エンタテインメント性には定評が ありますね。


さて、アベンジャーズの強さランキングを発表です!
独断と偏見による結果は、以下に なりました! 365+1 日 24 時間、いつでも反論は受け付けまs(ry

ブラック・ウィドウ >>>>>> ハルク > (「謎の赤い人」 > ウルトロン =) アイアンマン > ソー > [人類でも越えられるカベ] > (スカーレット・ウィッチ > クイックシルバー >) ホークアイ >>>> [もはや擁護不可] >>>> キャプテン・アメリカ

続きを読む


暗殺教室 第 152 話 「宇宙の時間」 襲って天に愧じず

暗殺教室』 第 152 話 「宇宙の時間」

cocoa_youkan
交渉の切り札を片手に──切り込んでいく

宇宙空間では静かに作戦が進行している──。
この場面は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を思い出しました(まるで似ていないけれど)。自分の なかで宇宙での作業シーンは、しばらく『暗殺教室』か『ヱヴァ』の二択になりそう。
どちらの作品も、宇宙の場面は「味付け」程度で終わっています。かつては作品の すべてを投じてきた宇宙も、そろそろ身近な存在に なってきたのかも。

続きを読む


『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 老若シュワ×合体

ターミネーター:新起動/ジェニシス』 ("Terminator Genisys")

airwaves 困難でも見上げれば──希望が浮かぶ

初代『ターミネーター』と『2』のファンは必見ですよ!
両作品のオマージュが ふんだんに盛り込まれています! なにしろ制作には 1・2 の監督であるジェームズ・キャメロンも関わっている!
3』の要素は少しだけでした(「磁気」くらい?)。それでは、『4』は「無かったこと」に されたのか? ──と思いきや、誰もが(自分も)忘れていた うれしいサプライズが ありました。
若き日のシュワちゃん」が(無表情で)暴れ回る!

監督はアラン・テイラーです。
テレビ・シリーズの『ゲーム・オブ・スローンズ』や映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』を手がけました。
ターミネーター』シリーズ 3 部作を新しく立ち上げてくれた監督に感謝します! ──そう、スタッフ・ロールに挿入される映像で分かるとおり、続編が予定されていますよ!
最後まで お見逃しなく!(席を立つ人が多かった)

続きを読む


『進撃の巨人』 17 巻 諫山創 – 親子の縁を斬る

諫山創 『進撃の巨人

Wine barrels 招かざる訪問客の──大口を叩く

オレたちの戦いは終わった……!
──といった空気の表紙です。とくにエレンのボケボケした顔が印象的でした。この「他人ごと」な感じは本編でも見られます。
しかし、泥沼の争いは これから始まる──。

続きを読む


暗殺教室 第 151 話 「速度の時間」 飛ぶ蛸を超す勢い

暗殺教室』 第 151 話 「速度の時間」

Cardboard rocket
もはや生徒の力は──宇宙にも手が届く

とうとう宇宙へ飛び出します
今回は その前段階ですが、すでに(バレたら)歴史に残るような大犯罪をいくつも やらかしました。中学生に宇宙船を乗っ取られた なんて、もしも発覚したら大変です。世界中から日本は批判の的──というかバカに される。
そうなる前に消されてしまうのでは──。

続きを読む


『ニセコイ』 19 巻 「センタク」 2 – その約束は選ばない

ニセコイ』 Vol 19 「センタク」

Christmas Blue 特別な夜の きらめきより──光り輝く瞳

後半は楽しいイベントの連続です!
そう、クリスマスに お正月と続く年末は、現実世界でも楽しみだらけ……かなぁ……(過去を振り返りながら)。

前半では(最近では珍しく)桐崎が活躍しました。
その反動か、後半は千棘の出番は少なめです。その代わりに、小野寺と橘の猛攻が始まる! とくに万里花は、常識では考えられない作戦を決行してしまう!
まるで、生き急ぐように──。

続きを読む


『ニセコイ』 19 巻 「センタク」 1 – お別れは今じゃない

ニセコイ』 Vol 19 「センタク」

Two drops of blue colorant to the soap! 洗濯の泡のように──いつかは消える時間

表紙の小野寺が麗しい!
ものすごく目がキラキラしています! 完全に恋する乙女の瞳に なっている。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』的に言えば「shiny and chrome」状態です(不自然な たとえ)。

一方、桐崎たちは不穏な空気が漂っている。
いつも表紙の上部は「好き勝手にハジケる人々」が描かれています。それだけに、本巻の より険悪なムードが強調されました。
1 枚の絵で明暗を表現していて素晴らしい!

ニセコイ オフィシャルファンブック トクレポ』も発売中!

続きを読む


『ニセコイ オフィシャルファンブック トクレポ』 買わない理由はない

ニセコイ オフィシャルファンブック トクレポ

露天風呂(混浴) (いろんな垣根を越えて──トラブルの予感)

ニセコイ』の全読者が手に入れるべき一冊です!
まず、カバーのイラストが美しい! どことなく『スプラトゥーン』っぽいヒロインたちです。しかも、さらに夏にピッタリの涼しさに進化するッ!
透明な素材のカバーをめくると──、同じ構図の水着イラストが現われます! この表紙は特殊な紙で、ヌメヌメ・テカテカとしてイヤらしい面白い!

巻頭からはカラーのページが続きます!
「ジャンプ」の表紙などを飾ったイラストと再開できました。古味 直志先生のコメントも書かれています。転換期となった絵が いくつか判明し、資料としても興味深い。

カラーの目玉は「サービス」の再掲載です!
なんと、ニセコイ・ガールズたちのオール・ヌードが惜しみなく描かれているッ! ──当然ながら「ものすごく自然な湯気」のせいで、ごく一部が見えませんが。
恥ずかしがりつつも積極的な小野寺 小咲や、隠す気が あまりない桐崎 千棘、全力で肉食系の橘 万里花、溢れんばかりに成長中の鶫 清司郎たちが大活躍しました!
色塗りは業者への委託ですが、「塗りだけ『To LOVEる仕様」とのことです! 作者の後書きで判明しました。ある意味では『ニセコイ』と『To LOVEる』の共演かも!?

続きを読む