『進撃の巨人』 17 巻 諫山創 – 親子の縁を斬る

諫山創 『進撃の巨人

Wine barrels 招かざる訪問客の──大口を叩く

オレたちの戦いは終わった……!
──といった空気の表紙です。とくにエレンのボケボケした顔が印象的でした。この「他人ごと」な感じは本編でも見られます。
しかし、泥沼の争いは これから始まる──。

続きを読む


暗殺教室 第 151 話 「速度の時間」 飛ぶ蛸を超す勢い

暗殺教室』 第 151 話 「速度の時間」

Cardboard rocket
もはや生徒の力は──宇宙にも手が届く

とうとう宇宙へ飛び出します
今回は その前段階ですが、すでに(バレたら)歴史に残るような大犯罪をいくつも やらかしました。中学生に宇宙船を乗っ取られた なんて、もしも発覚したら大変です。世界中から日本は批判の的──というかバカに される。
そうなる前に消されてしまうのでは──。

続きを読む


『ニセコイ』 19 巻 「センタク」 2 – その約束は選ばない

ニセコイ』 Vol 19 「センタク」

Christmas Blue 特別な夜の きらめきより──光り輝く瞳

後半は楽しいイベントの連続です!
そう、クリスマスに お正月と続く年末は、現実世界でも楽しみだらけ……かなぁ……(過去を振り返りながら)。

前半では(最近では珍しく)桐崎が活躍しました。
その反動か、後半は千棘の出番は少なめです。その代わりに、小野寺と橘の猛攻が始まる! とくに万里花は、常識では考えられない作戦を決行してしまう!
まるで、生き急ぐように──。

続きを読む


『ニセコイ』 19 巻 「センタク」 1 – お別れは今じゃない

ニセコイ』 Vol 19 「センタク」

Two drops of blue colorant to the soap! 洗濯の泡のように──いつかは消える時間

表紙の小野寺が麗しい!
ものすごく目がキラキラしています! 完全に恋する乙女の瞳に なっている。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』的に言えば「shiny and chrome」状態です(不自然な たとえ)。

一方、桐崎たちは不穏な空気が漂っている。
いつも表紙の上部は「好き勝手にハジケる人々」が描かれています。それだけに、本巻の より険悪なムードが強調されました。
1 枚の絵で明暗を表現していて素晴らしい!

ニセコイ オフィシャルファンブック トクレポ』も発売中!

続きを読む


『ニセコイ オフィシャルファンブック トクレポ』 買わない理由はない

ニセコイ オフィシャルファンブック トクレポ

露天風呂(混浴) (いろんな垣根を越えて──トラブルの予感)

ニセコイ』の全読者が手に入れるべき一冊です!
まず、カバーのイラストが美しい! どことなく『スプラトゥーン』っぽいヒロインたちです。しかも、さらに夏にピッタリの涼しさに進化するッ!
透明な素材のカバーをめくると──、同じ構図の水着イラストが現われます! この表紙は特殊な紙で、ヌメヌメ・テカテカとしてイヤらしい面白い!

巻頭からはカラーのページが続きます!
「ジャンプ」の表紙などを飾ったイラストと再開できました。古味 直志先生のコメントも書かれています。転換期となった絵が いくつか判明し、資料としても興味深い。

カラーの目玉は「サービス」の再掲載です!
なんと、ニセコイ・ガールズたちのオール・ヌードが惜しみなく描かれているッ! ──当然ながら「ものすごく自然な湯気」のせいで、ごく一部が見えませんが。
恥ずかしがりつつも積極的な小野寺 小咲や、隠す気が あまりない桐崎 千棘、全力で肉食系の橘 万里花、溢れんばかりに成長中の鶫 清司郎たちが大活躍しました!
色塗りは業者への委託ですが、「塗りだけ『To LOVEる仕様」とのことです! 作者の後書きで判明しました。ある意味では『ニセコイ』と『To LOVEる』の共演かも!?

続きを読む


暗殺教室 第 150 話 「自由研究の時間」 鬼の居ぬ間に選択

暗殺教室』 第 150 話 「自由研究の時間」

U.S. Eastern Seaboard at Night from the ISS 世界を見下ろす目に──希望が浮かぶ

記念すべき第 150 回は華々しい扉絵で始まりました!
いつもだったら殺せんせーが 3 人分に分身して「誰得扉絵」で終わるところです。しかし、ようやく読者(98 割はオレ)の思いが届いたのか、女生徒が 2 名も出演しました!
麦ジュース」の広告風イラストです。これなら未成年が飲んでも大! 丈! ……夫……?

あいかわらず矢田 桃花の攻撃力が すさまじい!
女子中学生とは信じられないプロポーションです。2 枚重ねになっている水着は、もはや日本人離れした破壊力を秘めている……!

女神・神崎 有希子も麗しい!
特定部位控え目ながら、グッとくる表情でポイントを大きく稼ぎました! なにしろ名前が「(将来に)望が」ですからね! これから、です!(どの部分が?)
そして、さりげなく「きぼう」は今回のテーマである。

続きを読む


『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 爆音も黙る女戦士の一発

マッドマックス 怒りのデス・ロード』 (Mad Max: Fury Road)

Mad Max and Interceptor 血も油も──すべてを奪われる

脳内にニトロを吹き付けられる大傑作です!
見ると IQ が 10 は下がる」とウワサの映画ですが、とんでもない! 30 は爆下がりを覚悟しましょう!

──というのは冗談で、哲学的テーマも隠されている。
女性蔑視の男性中心映画」と取ることもできるし、「戦う女性が自由を求める話」という解釈もできます。ぜひ女性と一緒に観に行って感想を言い合いましょう!
(その結果、険悪になっても知らない)

続きを読む


ジョジョリオン 10 巻 「ロカカカの樹を追え!」 – 渦中に巻き込ませる!

ジョジョリオン』 volume 10 「ロカカカの樹を追え!」

Business card origami 命を守るために──何にでも姿を変える

2位じゃダメなんでしょうか?
──そう問い詰めていた議員は、プラカードを持ってカメラ目線で一番目立とうと していた気がする。それは さておき──。

本巻もカバー折り返しの言葉が面白かった!
日本の 2 番目に高い山はどこ?」というクイズが載っています。一般常識と言える問題なのに、なかなか即答できません。
「リンドバーグのに大西洋の単独・無着陸飛行を成功させたパイロットは?」という問題も有名です。そして、2 番目ではなく 3 番目に成功した「初の女性飛行士」のほうが記憶に残る。

ところが、さすがは荒木 飛呂彦先生です!
安直に「だから 2 番じゃダメなんだ!」という話の着地点を選ばなかった。「愛すべき 2 番」の肩を持っています。
この発想力が、人間にとって一番大事だと思う。

続きを読む


暗殺教室 第 148 話 「過程の時間」 苦悶に王道なし

暗殺教室』 第 148 話 「過程の時間」

viper
息を潜めて地に紛れ──一撃を狙う

3 周年を記念して『暗殺教室』が表紙を飾りました!
殺せんせーがデカデカと描かれています! いつもどおりの誰得なカラーですね! もうちょっと、顔の色ではない彩りが見たかった。女子キャラは何人も いるのに!

先生の顔には金色の顔料が使われているのでしょう。
しかし、自分はデジタル版を購入しているため、黄金色ならぬ「黄土色」にしか見えません……。うん、困った。
さらに、蝶ネクタイ(形の何か)を首に巻いています。ネクタイのエピソードを読み終わった今では、これも台無しだよなぁ……。

冒頭と扉絵もカラーで描かれています。
ここで ようやくイリーナ・イェラビッチが登場しました! じつに彼女らしい役割を演じています(後ろにいる岡島 大河と同じくらい)。

続きを読む


暗殺教室 第 147 話 「舞台の時間」 孤独の舞倒れ

暗殺教室』 第 147 話 「舞台の時間」

Knives Out 最後に残るは──孤高の一本

扉絵から不穏な空気が漂っています!
潮田 渚赤羽 業の殺意を具現化したような絵ですが──、あまりにもマガマガしい! 「暗殺者の印象」と言うよりは、魔界の住人を描いたようにしか見えません。

渚は完全に女性として描かれています!
カルマの頭の上に浮かんでいるから、これは「赤羽の考える潮田のイメージ」でしょう。──普段からカルマは こんな風に渚を見ているのか……(疑わしい目)。二重の意味で「雌雄を決する」話にピッタリです!
あきらかに西洋風な絵柄だけれど、殺せんせーがいる『暗殺教室』であり日本なので、葛飾北斎の『蛸と海女』のイメージみたい、と言っておこう!(?)

続きを読む