プルイット・テイラー・ヴィンス一覧

コール – 半分は賢く半分は愚か──ケヴィン・ベーコンが演じる狂気

『コール』 (Trapped)

delicious, delicious call
(ベーコンと電話との──華麗なる共演)

この映画は、愛すべき駄作です。

──と、自分がハッキリ「駄作」だと言いながら感想を書くのは、非常に珍しい。ひょっとして、初めてかもしれません。それでも、記事にしたかった。

ここで言う「駄作」とは、「つまらない作品」のことではありません。『コール』は、退屈な作品ではなかった。しかし──、脚本がメチャクチャだったり詰めが甘かったり、非常に惜しい作品なのです。

ストーリィ自体は面白そうなんですよ。

──ある裕福な家庭に、夫の留守を狙って誘拐犯が押し入る。誘拐犯のひとりは幼い娘をさらっていき、もうひとりは妻を強迫した。今までに 4 回も誘拐を成功させていると言う。3 人目の誘拐犯が夫の行動も制限し、今回も完全犯罪の成立かと思われたが──。

こんな感じの話で、見どころもたくさんあります。誘拐事件に隠された謎! 派手なアクション! 緊張感の連続!

ところが──、肝心の犯罪計画が穴だらけなのです。それに、せっかく良いキャストをそろえているのに、彼ら・彼女らの見せ方(魅せ方)を間違えている。

ということで今回は、「この映画は面白いよ! ぜひ見てみて!」という感想ではなく、「どうしてダメなのか」を中心に書いていきます。たまにこういう駄作のダメな点を意識して見ておくと、映画の見る目が養われて良いかもしれません。

続きを読む