マイク・ニコルズ一覧

クローサー – 涙とともに味わわなければ、恋の味は分からない

『クローサー』 (Closer)

涙 ~ Namida
(涙をお拭きよ──深く味わったあとで)

スリリングな恋愛を描いた映画です。

一組の男女が偶然に路上で知り合って、恋をする──。そんな「恋愛映画」らしい始まり方をします。まったくタイプが異なる 2 人だけど、案外、お似合いそうにも見える。

あともう一組、小粋なウソから出会う男女が出てきます。こちらは「え、そんな出会いで付き合うの?」と驚くけれど、恋の始まりには理由や理論は必要ありません。

このようにステキな始まり方をする映画なので、さぞかし美しい恋愛模様が見られる──と思うでしょう。付き合い始めた恋人同士が観るのに、ピッタリな映画に思える。たしかに素晴らしい傑作なのですが──、

──ただ甘いだけの恋ではなかった……。


キャストは、以下の通りです(カッコ内は日本語吹き替え版の声優)。

なんという豪華なキャスト陣でしょうか!

主演・助演の全員が、アカデミー賞に受賞・またはノミネートの経験者です。『クローサー』自体も、ゴールデン・グローブ賞を 2 部門も受賞しました。

参考: クローサー (2004年の映画) – Wikipedia


この映画は、アリスを演じたナタリー・ポートマンが、なんといっても一番輝いています!

アリスは、「元・ストリッパ」だという衝撃の告白をする。でも、「どうせ『──という設定』だけだろう」と誰もが思う。なにしろ、まだ『レオン』のマチルダ役で見せた、あどけなさが少し残っているのです。

まさか、ナタリー・ポートマンがストリップをするなんて──。そう思っていたら! なんと!(続きは映画で)


監督は、あの超有名な恋愛映画・『卒業』を撮ったマイク・ニコルズです。そのためか、終わり方が深く印象に残る。

『卒業』がハッピィ・エンドかどうかは、議論が分かれるところですよね。『クローサー』も、いったい誰が幸せをつかんだのか、見終わったあとで考えてみると面白い。


いつも映画を紹介する時は、「誰と観ることをお勧めするか」を考えます。『クローサー』は──、むずかしい!

恋愛期間の短い男女が──と言うか、恋愛経験のすくない人がこの映画を観るのは、刺激的すぎます。恋愛恐怖症になりそう。むしろ、不倫の相手や浮気相手と一緒に観たほうが、あらゆる意味で良いかもしれません。

『クローサー』を観て、真実を知りたがる男・ウソをつきたがる女にうんざりするなら──、

──火遊びはやめましょう。

続きを読む