週刊少年ジャンプ一覧

暗殺教室 番外編 #4 「ありがとうの時間」 子を持って知る師の恩

暗殺教室』 番外編 #4 「ありがとうの時間」

View / 景色(けしき)
生徒たちの待つ──学び舎へ

ついに『暗殺教室』が完結しました!
番外編の最後をセンタ・カラーで飾っています。最後の最後は殺せんせーだけ描かれた「誰得カラー」──では なかった。E組が全員集合していて華やかです!

烏間 惟臣, イリーナ・イェラビッチ
「……」

いやー、めでたい!

続きを読む


HUNTER×HUNTER #351 「死闘」 死神とドライヴ

HUNTER×HUNTER』 No.351 「死闘」

Reading a book at the beach
思い出も仲間も──忘れない目印

この展開は まったく予想できなかった!
「さて次回は どの王子が取り上げられるだろう?」「ゴン・フリークスは念能力を取り戻せたか?」「ゴレイヌ──ゴレイヌなぁ……(遠い目)」
そんな想像をしながらページをめくると──。あまりにも休載の期間が長かったから、時系列を忘れてしまったのか!? そんな光景が目の前に広がっている。
やはり冨樫 義博先生だけは、どれだけ読者が想定しても「奴は必ずその少し上を行く!!」(『レベルE』ネタ)。

今回の対戦そのものは十分に予測が可能でした。
あれだけ前振りが あったのだから、いつかは描かれて当然です。アッサリと結果だけ知らされる可能性も高かったけれど。
しかし、「戦った場所」が意外でした!

続きを読む


暗殺教室 番外編 #3 「素性の時間」 氏素性で争いを止める

暗殺教室』 番外編 #3 「素性の時間」

"Canadian Criminal Law, Review" vols. 2-10
時には法を武器にし──時には法をくぐり抜け

殺し屋たちが人助けのために動く!
なんだか矛盾した話に聞こえます。しかし『暗殺教室』に おいては異常が正常になる。危険な触手生物が教卓に立ち、暗殺者たちが授業を受けてきました。

それでは居酒屋の薄幸な親子の役割は?
──番外編とは言え『暗殺教室』らしく意表を突いた展開が待っている!

続きを読む


HUNTER×HUNTER #350 「王子」 血に塗れた手には重く

HUNTER×HUNTER』 No.350 「王子」

Vigilant el descans de la família
親の思いを知らず──今は ただ眠る

恐ろしげなツボを背にしたクラピカが扉絵です!
1年と8か月ぶりの復活を祝うセンタ・カラーに なりました。ところが絵柄からすると呪いにしか見えません。「ジャンプ」の表紙で無邪気な表情をしているゴン・フリークスとは大違いです。

蠢く強欲、壺は孕み──
週刊連載では上記のアオリ文字が書いてある。ここからも元ネタは明確です。それは藤田ニコルさん──ではなく『遊戯王OCG』の「強欲の壺」で間違いない!

じつは この壺は かなり以前に登場しています。
No.086「9月3日 2」で変な壺にしか見えないとゴンが評している。あまりにも昔のため忘れていました。
ヨークシン編に登場した壺は、当然ながら壺中卵の儀に使われる本物では ありません。ゼパイルが作った模造品です。出来損いの恥ずかしい代物とゼパイル自身が語っていました。
登場人物たちが蠱毒のワナに飲み込まれる中、圏外にいる はずのゼパイルは元気だろうか……(借金取りから逃げ回っていそう)。

続きを読む


暗殺教室 番外編 #2 「居酒屋の時間」 酒は死神を釣る針

暗殺教室』 番外編 #2 「居酒屋の時間」

Bamboo baby
遊戯にも触手を抜かず──破竹の勢い

蛍に似ている生徒」とは潮田 渚でした!
蛍は茅野カエデと似ている、と前回の感想で書いています。さらには雪村あかりあぐりと あずさの名前の類似から「母娘・姉妹説」にまで展開してしまいました。
さすがに考えすぎだったか(いつものこと)。

続きを読む


暗殺教室 第19巻 「登校の時間」 戦闘員多くして皆山に登る

松井 優征 『暗殺教室』 19 「登校の時間」

石門山日出
刻々と変わる山の表情より──数多い思い出

とうとう殺せんせーすら描かれなくなった表紙です!
いや、見えないだけで「真っ黒な殺せんせー」が いるはずですよね?(自分が読んだKindle版だと分からないが、紙のコミックスだと先生が見分けられるのかな)

本編でも暗闇の中に殺せんせーが囚われます。
あの無敵の先生をどうやって閉じ込めたのか? 脱出する方法は存在する? すべての答えは次の巻で明かされる──。
まるで そんな展開を感じさせない前半も楽しかった!

続きを読む


暗殺教室 番外編 #1 「自宅の時間」 家貧しくして教師あさる

暗殺教室』 番外編 #1 「自宅の時間」

Talking.....
熱心に見つめる目が──雪原にも

殺せんせーが「誰得カラー」で復活しました!
「カワイイ・格好良いキャラが山ほど いるのに、殺せんせーメインのカラー」は、『暗殺教室』では おなじみです。

ああ、このまま番外編が続いてほしい!
たった4回では物足りないから、単行本まるごと一冊分くらいは読みたいです。
──などと言っていて、本当に『暗殺教室2』が始まったら それはそれで冷めそうかも。「新たなる暗殺対象」「追加された新ルール」とか。実写映画化されてジャニーズやアイドルが出演し──。
わあ とっても おもしろそう(ぼう)。

続きを読む


『ニセコイ』 21巻 「マリーヘ」 2 – 幸せを望んでいない

ニセコイ』 Vol. 21 「マリーヘ」

Unique
あのころに見せたのは──喜びの涙

万里花が結婚してしまう
一条たちは結婚式を止められるのか? ──その問題解決の前に、冷たい目をした女性が立ちふさがる──。

息詰まる展開が続きます。
ときどき息抜きにマリーの顔芸千棘のゴリラっぷりで笑わせてくれる。この案配がちょうど良くて、悲しくなる場面でも先へ進めました。
だが まだ悲劇は終わっていない──。

続きを読む


『ニセコイ』 21巻 「マリーヘ」 1 – もう会うこともない

ニセコイ』 Vol. 21 「マリーヘ」

Secret Message Ninja
忍ぶ ばかりでは──恋は実らない

まるごと一冊、マリー特集号です!
表紙から扉絵・本編と万里花が中心に なっている。いままで一度も見たことがないような橘の表情も見られました!
──良い意味でも悪い意味でも……。

続きを読む


暗殺教室 第180話 「殺しの時間」 不良 懐に入れば教師も殺さず

暗殺教室』 第180話 「殺しの時間」

RAINBOW
虹の架け橋は──先生の所まで届く

最終回は華やかなセンタ・カラーを飾りました!
このブログで さんざんに言い続けてきた「殺せんせーがメインの誰得カラー」です。しかし、今となっては殺せんせーの姿は貴重になりました。あれだけ前面に出てヌルヌルしていたのに……。

「先生は心のなかで生き続けている」
──とくに創作の世界ではよく聞く話です。E組を卒業した生徒たちは、じつにこの言葉通りの人生を歩んでいる。この一年で、一生忘れられないくらいの経験をしました。

ただ、これが本来の彼らの資質でも あります。
浅野 學峯(元)理事長が作ったままのE組だったら、生徒たちは生き生きと飛び立てただろうか? いや、雪村あぐりであれば、いつかは成し遂げたかもしれない。
その答えは、「三代目」が出すでしょう!

最終回は、この作品らしい物騒なタイトルでした。
「殺す」という言葉が現代ほど安っぽくなった時代は ありません。そして、今後も軽く扱われるでしょう。それは平和な証拠です。

続きを読む