週刊少年ジャンプ一覧

『ニセコイ』 21巻 「マリーヘ」 1 – もう会うこともない

ニセコイ』 Vol. 21 「マリーヘ」

Secret Message Ninja
忍ぶ ばかりでは──恋は実らない

まるごと一冊、マリー特集号です!
表紙から扉絵・本編と万里花が中心に なっている。いままで一度も見たことがないような橘の表情も見られました!
──良い意味でも悪い意味でも……。

続きを読む


暗殺教室 第180話 「殺しの時間」 不良 懐に入れば教師も殺さず

暗殺教室』 第180話 「殺しの時間」

RAINBOW
虹の架け橋は──先生の所まで届く

最終回は華やかなセンタ・カラーを飾りました!
このブログで さんざんに言い続けてきた「殺せんせーがメインの誰得カラー」です。しかし、今となっては殺せんせーの姿は貴重になりました。あれだけ前面に出てヌルヌルしていたのに……。

「先生は心のなかで生き続けている」
──とくに創作の世界ではよく聞く話です。E組を卒業した生徒たちは、じつにこの言葉通りの人生を歩んでいる。この一年で、一生忘れられないくらいの経験をしました。

ただ、これが本来の彼らの資質でも あります。
浅野 學峯(元)理事長が作ったままのE組だったら、生徒たちは生き生きと飛び立てただろうか? いや、雪村あぐりであれば、いつかは成し遂げたかもしれない。
その答えは、「三代目」が出すでしょう!

最終回は、この作品らしい物騒なタイトルでした。
「殺す」という言葉が現代ほど安っぽくなった時代は ありません。そして、今後も軽く扱われるでしょう。それは平和な証拠です。

続きを読む


暗殺教室 第179話 「去りゆく時間」 去る時は日に日に愛しい

暗殺教室』 第179話 「去りゆく時間」

Untitled
優しく ゆれる花は──先生にも似て

学生時代は変化の連続です!
日々、心も体も成長する。良くも悪くも まわりの影響を受けます。そのような環境の中、自分で自分の道を選べる人は幸せだ。もちろん、3年E組の生徒は良い方向へ進んでいくはず。
いつまでも変わらないのは、イリーナ・イェラビッチ烏間 惟臣の「夫婦マンザイ」くらいです。──あ、でも、ビッチ先生の名字は変わっているのかな……?

続きを読む


暗殺教室 第178話 「涙の時間」 泣く子は巣立つ

暗殺教室』 第178話 「涙の時間」

パンダのリーリー
恩師の最初の教えは──タケノコ

殺せんせーの残してくれたモノは大きくて多い。
そのことが視覚的に分かりやすい回でした。ここまで生徒一人一人を思いやる先生は貴重です。すべての教師が殺せんせーみたいに教えられたら良いけれど、その理想にはマッハ20でも追いつけない。
とくに最近の教師や校長の不祥事を見ると、理想像どころか せめて最低基準を満たして欲しい、と願う ばかりです。そうした報道は「ごくごくごく一部で例外中の例外」と考えたい……。

あと、殺せんせーがムリならビッチ先生を!(台無し)

続きを読む


暗殺教室 第18巻 「バレンタインの時間」 恋愛と暗殺では手段を選ばない

松井 優征 『暗殺教室』 18 「バレンタインの時間」

バレンタイン・ケーキ
ハートに隠された──本当の甘美

18巻の表紙は、本編よりも一足早い桜模様です!
松井 優征先生の後書きによると、「今回の桜は、ボツ案も秀逸なもの揃いだったので、どこかで公開したいなぁ…」とのこと。もうすぐ時間が できるでしょうし、イベントなどで拝見できるかもしれませんね!
そう、「卒業」まで本当に残りわずかです……。

続きを読む


暗殺教室 第177話 「卒業の時間」 蛍切の功

暗殺教室』 第177話 「卒業の時間」

蛍
蛍の光は──先生からの最高の贈り物

今回を含めて あと4回で『暗殺教室』が終わります。
だから、今回から最後まで全員の紹介をタップリと描く──のかと思っていました。一年間の思いを考えれば、それくらいの時間を掛けても許されるでしょう。
最期の瞬間は、きっと最後のコマになると予感する。

ところが、「卒業」は突然に やってきた──。

続きを読む


暗殺教室 第176話 「やってきた時間」 天高く年越ゆる春

暗殺教室』 第176話 「やってきた時間」

Graduation Day
父のような師と別れ──世に羽ばたく

今週号の「ジャンプ」の表紙は『暗殺教室』です!
さらに巻頭カラーも飾りました!潮田 渚の笑顔が まぶしい!
──と連載が始まってから何度カラーの告知を書いてきただろう。殺せんせーと同様に怪物のような作品です。
しかし、今回は今までにない言葉が刻まれていました。

LASTまで あと5回!!

──ハッキリと「卒業」の時期が示されています。
打ち切り以外の円満終了が珍しい週刊連載の中でも、さらに異例の事態と言えるでしょう。
今回を入れて残り5回のため、来週から4回分の連載が残っています。その事実が信じられないような終わり方でした。
ここから どうやって続けるんだ!?

続きを読む


暗殺教室 第175話 「戻らない時間」 盆に返る覆水

暗殺教室』 第175話 「戻らない時間」

Zombie Cake 3
誕生日ケーキを──血が舞う夜に

先生が生徒に与えられるモノは多くありません。
限られた時間のなかで、先生は多くの生徒を見る必要がある。そこには公平さが求められます。熱心に個人を指導すればするほど、ほかの生徒や保護者から不平等だと非難される。

一方では、「死神」と「二代目」の関係は特殊でした。
共同生活を送りながら、完全に個人指導が可能です。殺し屋を熱望する二代目には最高の環境でした。
しかし、死神には先生に必要な「見る目」が無い。

続きを読む


暗殺教室 第174話 「顔色の時間」 教師の顔は冥土まで

暗殺教室』 第174話 「顔色の時間」

When Venus met Jupiter
月より明るく──陽よりも温かい

卒業には、寂しさと切なさが詰まっている。
生徒は巣立っていけば教え子では なくなります。恩師からの教えを一生の糧にする生徒もいれば、教師を忘れてしまう人もいるでしょう。
しかし、生徒の卒業後も、先生は先生のままで残る。先生を卒業しない限りは──。
あと、なぜか最近では「卒論」のほうが よく聞くけれど、それは置いておいて。

続きを読む


暗殺教室 第173話 「私の生徒の時間」 傷負うた子に教えられ

暗殺教室』 第173話 「私の生徒の時間」

For Big Mistakes...
間違いを──間違いでは終わらせない

超・生物たちの戦いに人間の入り込む余地はない!
──という前提を逆手に取ったような展開でした。「触手生物 vs. 触手生物」の争いが続く状態は、ある意味では読者に安心感を与えてくれます。つまり、ほかの生徒たちは「蚊帳の外」に なる。
そう油断していたら──。

続きを読む