Sony α77一覧

ニコン D3200 は最高峰画質のデジタル一眼レフ・カメラ! ライバル機種と比較

Nikon D3200

A new addition to the (Nikon) family... After upgrading my lens I couldn't resist upgrading the body as well. Meet my new #Nikon #D3200 with HD video and #Tamron 70-200mm f2.8 lens. Time to start taking more photo gigs so I can pay this sucker off!
豪華なレンズに──ふさわしいカメラ

海外サイトの DxOMarkNikon D3200 をテストした結果が公開されました。

DxOMark – Nikon D3200

総合点は 81 点という驚異の数値ですよ!

どのくらい すごいのかと言うと──、大判デジタルやフルサイズも含めたランキングで 10 位、APS-C では 2 位です(1 位は PENTAX K-5)。

もっとハッキリ言えば、フルサイズ機の CANON EOS 5D Mark III と同じだという──。

DxOMark – Canon EOS 5D Mark III

DxOMark では、純粋にセンサ(映像素子)の性能を比較しています。そのため、「カメラが持つ温かみ」だとか「撮影する楽しさ」といった感覚は数値に表われません。その点は、ほかのサイトを参考いただくとして──。

今回は、Nikon D3200 を含む 9 台のカメラを比べてみました。また、レビュー記事も引用しています。

ライバル機種と比較して、D3200 はどのような特色を持っているのでしょうか……?

D3200 | ニコンイメージング
D3200 | ニコンイメージング

続きを読む


SONY α NEX-7 は APS-C 最高レベルの画質と小型・軽量を両立!

SONY α NEX-7

24.3 Effective Mega Pixels
最高峰のカメラには──最高級のレンズが似合う

ソニーの新型ミラーレス一眼カメラ・「α NEX-7」は、いま 1 番おすすめのカメラです! まず、下の 3 大特長がすごい!

コンパクトなミラーレス機なのにファインダを搭載している点が、カメラ好きには最高に うれしいですね! やっぱりカメラは、ファインダをのぞいて撮るほうが しっくり来る。

──ちなみに『ドラゴン・タトゥーの女』でヒロインのリスベットが持っているカメラは、ソニーの NEX シリーズです(型番は不明だが、SONY α NEX-5N と見る人が多い)。彼女みたいに、腕をピンと伸ばして撮影するのも良いですけどね!

ドラゴン・タトゥーの女 – 愚かな男は女で愚かさを増す | 亜細亜ノ蛾

ファインダだけではなく、高精細 約 92.1 万ドット 3.0 型ワイド「エクストラファイン液晶」可動式で扱いやすく、被写体が見やすい

カメラを振ってパノラマ写真を作り出す「スイングパノラマ」は、ソニーのカメラらしい楽しさですね。


さて今回の記事は、「NEX-7 は どれくらい高画質なのか」がメイン・ディッシュです。後半でフルサイズのカメラとも比較して検証しました。

──ハッキリ言って、ほかのメーカが出している「普通のミラーレス機」と NEX-7 では勝負にならない(圧倒的に NEX-7 の勝ち)ため、通常のデジタル一眼レフカメラとの比較になります。

続きを読む


ソニー α77 と ニコン D7000・キヤノン EOS 7D などを比較テスト!

Sony α77 (SLT-A77VQ)

Jackpot!
(777──2 つで十分ですよ?)

カメラ・レンズの情報が満載の海外サイト・DxOMark にて、Sony α77 の映像素子をテストした結果が発表されていました! 早い!

DxOMark - Sony A77, measurements and review of the world-first 24 MP APS-C camera
DxOMark – Sony A77, measurements and review of the world-first 24 MP APS-C camera

英文で分量の多い文章に圧倒されますね!

肝心のテストは、リンクの先に 3 つも用意されています。α77 を含む 合計で 7 台分のテスト結果を比較する──のは大変なので、テストから漏れた Sony α900 を加えた 8 台分のテスト結果を表でまとめました

下で表にする 8 台は、以下のとおりです。

α77 は、どんな結果になったんだろう──。

続きを読む