X

明るいズームレンズ・17-50mm F2.8 を比較 – 知識よりも正しい判断を

デジタル(APS-C)用 17-50mm F2.8 レンズを比較する

(この写真が決め手!──ではない)

結論: シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM が最強!


レンズキットについている(おまけのような)レンズから卒業するか、「単焦点レンズだけを使え!」という呪縛から逃れる場合には、タムロンの新しい高倍率ズームがおすすめ──という記事を昨日書きました。

タムロン 18-270mm F3.5-6.3 DiII VC PZD – 幸福を引き寄せるレンズ : 亜細亜ノ蛾 – Weblog

今回は、上記の「便利なレンズ」から視点を変えて、「明るくてボケがきれいなレンズ」を選んでみましょう。それほど明るくない室内での撮影や、ポートレイト(人物撮影)に向いたレンズですね。

比較するレンズは、下記の 3 本です:

焦点距離は 17-50mm(または 17-55mm)・解放値は全域で F2.8・手ブレ補正を内蔵しているレンズで絞り込み、自分が愛用している Canon EOS 7D との組み合わせを想定しました。


結論は上に書いてあるとおり、シグマのレンズが 1 番です。ここから先は、その理由を深く見ていきましょう。

──あ、もちろん、現時点で上のリンクからレンズを購入すると、幸せになりますよ!(自分もあなたも)

GANREF – スペックの比較

自分がよく見ているサイト・GANREF では、スペック(カタログ上の仕様)と性能テストが見られます。

今回の 3 本を同時に比較できるようにしました:

まず、スペックで大きく異なる部分は、フルタイム・マニュアルフォーカスに対応しているのはキヤノンだけ──という点です。ただし、このクラスでそんな機能が必要かどうか疑問がある。マクロレンズでもないし。

あとは、タムロンだけが超音波モータを内蔵していません。オートフォーカスの素早さを重視するならば、気になるところです。

DxOMark のレンズ・テスト

DxOMark という海外サイトは カメラ内蔵のセンサのランキングで有名ですが、最近になってレンズの比較も始めました。こちらも、各メーカが冷や汗をかくような「容赦のないテスト結果」が掲載されています。

3 本のレンズを比較してみましょう:

asiamoth: