X

『HUNTER×HUNTER』 #373 「継承」 感想

HUNTER×HUNTER』 No.373 「継承」 感想

(けがれを知らぬ──新生の白)

第1王子と第2王子の能力が公開されました!
どちらも上位王子らしい強力な念能力です。しかも、両方とも両王子だからこそ使いこなせそうな能力でした。もしクロロが盗んだとしても、王子ほどには扱いきれないのでは?

「死後に発動する〈〉」は、最近になって急に増えてきました。
第1・第2王子の念能力も死が鍵となっている。今後も死者の念が登場し、生者を救ったり苦しめたりするでしょう。
ゴンの念能力の復活も、何かの形で死が絡んでくるのか……?(ナニカが一瞬で治しそう)

ねこのきもち、親は知らず

第2王子・カミーラの能力が明かされました!
しかし、〈百万回生きた猫〉は、どう考えても欠点だらけの能力です。ザッと考えただけでも、次の弱点がある。

  • 命を失わない程度に痛めつけられたら終わり(「くっ、殺せ!」状態)
  • 死後に〈絶〉状態にされたら発動できない可能性あり?
  • そもそも猫に勝てるほどの強者が相手なら復活できない?
  • 相手が複数人だった場合、猫は全員を標的にするのか?

一流──いや二流の念能力者でも、上に挙げた対策くらいは思いつくでしょう。

それなのに、どうしてカミーラは あれほど自信満々だったのか。
おそらく、以前にも この能力で生き返ったことくらいは あるはずです。母親もカミーラの念能力を知っていたようだし、ここまでは間違いない。

ただ、カミーラの戦闘経験は少なかったに違いない。彼女の性格だったら、一・二度 試したら十分、と思っていそう。

あきらかに格上なベンジャミンには、〈百万回生きた猫〉は通用しませんね。
ベンジャミンが「くれぐれも 攻撃するな」と命令した理由は、すでにカミーラの能力を見抜いていた(知っていた)からかも?

もう一つの「親の心 子知らず」

カミーラの母親である第2王妃・ドゥアズルは、いつも沈んだ表情をしています。
なんとなく「能力で生き返る前のカミーラは優しかった」から、と妄想しました。生き返るたびに性格が悪くなっているのでは……?

あるいは、単純に「自分が腹を痛めて産んだ娘が何度も命を落とす」から悲しいのでしょうか。
また、オイト王妃と同じく、きょうだいたちが戦っていること自体も耐えがたいはずです。見るからにドゥアズル王妃は優しそうですからね。

ドゥアズル「だ… 駄目だ まだ笑うな…  こらえるんだ… し… しかし(『デスノート』ネタ)」

経験者は(必要以上に)語る

カミーラが株を下げる一方、ヒュリコフの株は急上昇中です。ただの「イキリ」では なかった。

ただ、ちょっと気になるのは、「ヒュリコフは銃弾をどうやって防いだか」という点です。
最初は〈硬〉で受けたように見えました。しかし、「首を後ろにそらして逃げた」ようにも見えます。懐かしの「『マトリックス』避け」でしょうか。

「銃弾を避けられる」ことは、十分に賞賛されるべき能力でしょう。
しかし、それだけなら『幽☆遊☆白書』の浦飯 幽助でも できるよな、とも思ってしまった。

また、ノストラード・ファミリーの(故・)ダルツォルネは、銃弾を10発くらい食らっても平気、と称されていました。

──ヒュリ先輩はダルニキ未満のザコなのか?

(「銃弾を食らっても平気(無事とは言っていない)」の定義にもよる。撃たれた後は毎回のように入院コースだったりして)

遺志の重み

第1王子の能力名は、元ネタが二つあります。どちらも そのものズバリの作品名が元なので探しやすい。

日本語表記の〈星を継ぐもの〉は、超が256個は付くくらいに有名なSF作品です。
──が、自分はSFは詳しくないため、「あー そーゆーことね 完全に理解した(わかってない)」な感じ(?)。

ベンジャミン バトン〉の大本はF・スコット・フィッツジェラルドの短編小説です。
しかし、映画の方が有名でしょう。この映画は大好きです! 監督: デヴィッド・フィンチャーと主演: ブラッド・ピットと言えば『セブン』でも おなじみですね。どちらも甲乙付けがたい!

ベンジャミン・バトン – 老いていて求めれば若くして豊かな人生 | 亜細亜ノ蛾

ちなみに、タイトルの原題は「The Curious Case of Benjamin Button」です。そう、邦題の「バトン」とは「ボタン」のこと。劇中でも何度か洋服のボタンが出てきます。

一方、第1王子・ベンジャミンの能力は、なんとなく「バトン・タッチ」の印象がある。
これは もちろん、作者は分かった上で言葉遊びをしている──のですよね? まさか、タイトルの語感からテキトーに決めた、なんてことは……(ありそう)。

君の体は。

ハンゾーは1012号室に入れなくて困っています。
──が、アレ? 前回のハンゾーは独房の中へ壁をすり抜けて入っていましたよね? なぜ今回は すり抜けを使わないのだろう?
「吸血鬼が家(部屋)の中へ入るには、その家(部屋)の主の許可を得る必要がある」というルールが あります。ハンゾーの壁抜けも同じような制約があるのかも。

それよりも、ハンゾーの体とビスケたちの行方が気になります。
分身のハンゾーが言うには、明日には本体に戻っている、とのこと。時間制限が あるのかもしれません。問題は、「どういう状態で戻るか」です。まさか……。

ハンゾー「これって もしかして……」
ビスケ「私たち……」
「「入れ替わってる~~~~!?」」

おわりに

カミーラの念能力〈ネコノナマエ〉もまた、欅坂46ネタですね! アルバム『真っ白なものは汚したくなる』に収録されている一曲です。隙あらば けやきってくるなぁ(活用形?)。

asiamoth:
関連する記事