新米婦警キルコさん』 第 16 話 「キルコの流島観光案内」

Police car 次に乗る時は──観光で終わらない

扉絵でバス・ガイドの衣装を着たキルコが良かった!
本編でも一所懸命に観光案内のガイドを務めています。──その結果は ともかくとして。
日本人は(とくに文系社会では)「とにもかくにも一所懸命に がんばる」姿を評価するため、意外とキルコは出世するかもしれませんね。──流島以外では。

でも観光なんて、完全に警察官の仕事から外れている。
──と思わせるシナリオも見事でした!
新キャラも登場して、ますます盛り上がる『新米婦警キルコさん』です! ──それなのに、どうしてこんなに後ろのページに載っているのか……。

新登場の 3 人組

新しい登場人物が 3 人も出てきました!
しかも、全員が「狙ってる」容姿と性格ですよ!
いろんな「お友だち」を抱き込んでアニメ化やグッズ展開を狙おうと──じゃなくて、読者に喜んでもらおうとする作者の姿勢(と編集長からの重圧や担当者の助言)を感じました!

まず、なんと言ってもメイに注目です!
「金髪ツインテール幼女」で「積極的な女子」という おまいら多くの読者に好かれそうな女の子ですよ!
──が、ライくんのほうがカワイイ……だと……!?
初期・美倉カンナも「生意気な女子」でした。彼女とキルコは すぐに打ち解けられたけれど、メイとは今後も対立し続けそうです。

じつは、キルコとライは ほぼ会話をしていません。
そう言えば、カンナと いつも一緒にいる男子 2 人とも、キルコは あまり話さない。男の子は苦手なのでしょうね。

一方で、安鍵 春樹はライくんと仲良くしたがっている(意味深)。
キルコは もはや妹のような扱いだし、撃鉄 知秋はモブいし、ハルとライでイチャイチャ仲良く遊ぶ(意味深)光景が目に浮かぶ……!

新たなる戦い?

初対面のジン・スミスを見たキルコは、普通に「イケメンを見た女子」みたいな反応です。
トゲトゲしい言動のメイに振り回されたから、よけいに物腰の柔らかいジンが好印象に思えたでしょう。ジンを見るキルコの目は、ずっとキラキラしている。

これは──キルコ・ハル・ジンの三角関係クルー!?

キルコさんの魅力

子ども扱いしない点も音無キルコの魅力です!
どちらかと言えば、キルコ自身が子どもですけどね!
だから、大人っぽいカンナや普通じゃないメイが相手だと、キルコが全力を出して ようやく対等に なります。

しかし、人体の急所が集まっている正中線に全力でボールを投げつけるなんて、いくら何でもヒドすぎる! そもそも、グローブも付けずに本気を出してキャッチ・ボールは、大人が相手でも危険です。
──ただ、これは「メイが手で受け止めようとして はじかれた」絵なのかも。
直後に「人と人のつながりって すごくありがたい ものなんです」とキルコは言っているから、メイの実力を見抜いた上で彼女に合わせた──と思っておきましょう。

今回の小ネタ

パトカーに乗っている場面が笑えました。
ケルベロくんの頭をメイが引っ張って、まるで化け物みたいな顔になっている。──いや、ケルベロスって元から怪物ですケド。
うつろな目で笑っている(レイ■目)メイや、はしゃいでいるライも楽しかった。

キルコの表情も、あいかわらず おもしろい!
どのコマを見てもキルコは違う顔をしている。今回は、とくに「猫の口」が かわいらしかった。
ハルにヘッド・ロックされて「むぎゅう」と なっているキルコも笑えます! キルコの背後を取って首を絞めるなんて、戦場では誰も成し遂げなかったはず。さすがハル先輩ですね!

ファントム隊員の 5 人

あの辺境で ファントム部隊が 5 人も カチ合うのか」とファントム隊長は言う。豪勢な 戦争の予感を喜んでいます。

──さて、その 5 人とは誰のことだろう?

まず、ファントム隊長・キルコ・バレットの 3 人は確定です。あとの 2 人はライとメイ──と見るのが順当でしょう。
ところが、5 人」に傍点を打ってあって怪しい!
その前に、ジンは「うちのメイ」と言っている。つまりライとメイは、ファントム隊長が育てた隊員では ありません。

「ファントム隊長」が抜けてキルコが引き継ぎました。
この時点で、キルコの所属する部隊を「ファントム部隊」と呼んで良いものか疑問です。
ファントム隊長は、キルコと離れたあとで別の「ファントム部隊」を結成したのでは? そこから精鋭の 2 人が新しくやってくる──と想像しました。

まぁ、たぶんライとメイのことだけどね!

おわりに

筒井 巻十郎署長が先週号で「ルパン ルパ~ン♪」してきた ROM は、ちゃんと警察官の仕事に関係していました。やっぱり悪人じゃなかったんだ……!

離れ小島にいながら犯人(容疑者)を長年 追い続けてきたということは、筒井は多くの部下を動かしてきたのでしょう。
ハルが来る前の流島分署には、筒井署長のほかにも部下がいたはずです。みんな「なんじゃこりゃぁあ!!!」したのかな。
キルコは さておき、ハルも……。

[2] このページの一番上へ戻る