デヴィッド・エリス一覧

『セルラー』 電話を切られたらオシマイ──!

『セルラー(CELLULAR)』

これは見事なサスペンス映画です。

緊張感たっぷりの展開と、笑える要素のバランスが絶妙で、途中のカーアクションも迫力がある、という「映画の見本」のような作品で、どなたでも楽しめる映画です。

ストーリィ

ヒロインのジェシカ(キム・ベイシンガー[ad])は子供思いの教師で、ある日、突然 誘拐されます。監禁された部屋は二階で脱出できず、設置されている電話機も、誘拐犯のイーサン(ジェイソン・ステイサム)に壊されてしまう。絶体絶命の状況ですが、なんとか電話機を通話可能な状態まで復元。しかし、ダイアル先は選べず、運任せ──。

全くの偶然で、主人公・ライアン(クリス・エヴァンス)の携帯電話に繋がりましたが、いかにもイマドキのワカモノという感じで、初めはジェシカの話を信じません。

そんな彼が、なぜジェシカの話を信じ、行動を起こしたのか。普段の彼であれば、すぐに切ってしまうはずなのに、なぜ? ──このあたりの脚本も見事です(ある程度の「ご都合主義」には目をつぶろう)。

このあとの展開も、ハラハラドキドキの連続で、まったく飽きさせません。オススメの映画です。

photo

セルラー
キム・ベイシンガー クリス・エバンス ジェイソン・ステイサム
アミューズソフトエンタテインメント 2005-08-26
楽天ブックス: セルラー

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション インサイド・マン フライトプラン ザ・インタープリター Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション

by G-Tools , 2007/11/26

続きを読む