PositLog(ポジログ)

とうとうここまで来たか、という凄すぎる Web アプリが登場しました。

PositLog [ポジログ]PositLog [ポジログ]

この、一件なんでもないような、まるで table レイアウトのような紹介ページも、「ポジログ」で作られています。

まず、文字が書いてない場所でマウスをドラッグすると、Adobe リーダで PDF ファイルを閲覧している時のように、ページ全体をドラッグできます。それと同時に、左下にある全体マップが動きます。全体マップの中でドラッグしても画面が動きます(Photoshop みたい)。巨大なページを作成しても、見通しが良さそう。

特徴

  1. 自由な配置
    • 文章や写真をページ上の好きな場所に置くことができる
    • ページの広さに制限なし
    • 地図サービスのようにドラッグしたり、全体地図の中から見たい場所をクリックして閲覧できる
    • ページ上の特定の位置に対してリンクを張ることができる
  2. ブラウザに手描き
    • 手描きの装飾や、絵、地図などをWebブラウザの画面に直接描き込むことができる
  3. オンライン編集
    • Web ブラウザ以外のツールは必要ない
    • ブラウザ上で編集し、すぐに結果が反映される
    • 画像やファイルをアップロードすることもできる
  4. グループ機能
    • グループで利用できる
    • ページごとに編集・閲覧権限の設定が可能
    • スプライト(ページ内に貼り付ける部品)には編集権限が設定されている
  5. そのほか
    • 追加のソフトウェアのインストールは不要
    • いわゆる Ajax 技術を使用している
    • プラグイン機能
      • 外部のコンテンツをスプライトに取り込むことができる
      • はてなダイアリーやはてなアンテナ、ココログなどのプラグインあり
      • 最新コンテンツをトップに表示するブログ風のプラグインあり

設置してみた

さっそく、みなさんが遊べる「砂箱」を作ってみました。

asiamoth's Positlog - sandbox

書き込みをしたい場合は、左下の「Edit」をクリックしてください。操作方法はマニュアルをどうぞ。

PositLogマニュアル・スプライトの作成・削除・移動

設置の注意点

一般的な CGI をインストールする、くらいのレベルの人は、特に問題なく設置できるでしょう。インストールするサーバには Perl5.8 以上が必要とのこと。

自分が借りているサーバは Perl5.6.1 がインストールされているのですが、どうもポジログに必要なモジュールが足りないようです。

「List/Util.pm が無いよエラー」が出たので、魔法の呪文を使いました。

「PositLogSprites.pm」の use strict; の上に、下記のコードを追加しました。

BEGIN {
  unshift(@INC, "/path/to/mt/lib");
  unshift(@INC, "/path/to/mt/extlib");
}

上記の例の場合は、「Movable Type がインストールされているディレクトリの、lib と exlib ディレクトリ」にある必要モジュールを参照するようになります。List::Util は extlib に会ったので、2 行目はいらないかも。

ポジログを使ったサイト

PositLogで構築されたサイト集で紹介されていたサイトで、凄かったのがこちら。

storybook.jpstorybook.jp

雑多なようでまとまっているような、あるいはそうでもないようなレイアウトで(ん?)、思わずグリグリと動かしまくりました。楽しい!

あ! Wii 対応だったら凄く盛り上がるかも!

「変なもの」も捨てがたい

ポジログは、意外と「直感ですぐに使える」というより、見た目とは裏腹に「しっかりとコンテンツを管理する」という感じ。なんとなく、将来的には CMS というかブログツールに発展していきそうな気がする。

以前に設置して、すっかり放置気味な「変なもの通」もどうぞ。

亜細亜ノ蛾 - 変なもの通 - FrontPage

こちらだと「画面上をダブルクリック」で新しい付箋を作れます。ポジログも、それくらい簡単に書き込みができるといいなぁ。その辺は JavaScript のお仕事なので、ちょっとソースをいじればできそう。どうスか?>えらいひと

Via:

MOONGIFT: » 必見!物凄く自由なWebツール「PositLog」:オープンソースを毎日紹介

[2] このページの一番上へ戻る