『バクマン。』 136 ページ 「伸びしろと対抗策」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 28 号)

RIMG0117
(いつかは欲しい──シグマのニューマシン

新妻エイジの上を行くために、いろいろな策を各マンガ家が考えています。どの作家も、自分たちの得意な分野をさらに延ばす方向へ動いている(※平丸を除く)。今後の作家人生のためにも、良いレベル・アップになりそうです。

実際の「ジャンプ」でも、こういった作家の急成長は、何度か目撃しているのでしょうね。ただ、コミックスを何度も読み返すような、よっぽど好きな作家でもないかぎり、その成長には気付きません。

自分が ひいきにしている『バクマン。』・『HUNTER×HUNTER』・『SKET DANCE』は、どれも 1 巻から「絵がうまい」けれど、それでも何度か絵が変わってきました。「慣れ」以上の進化をしている。

絵柄が固まってくると、あとは「フル・マラソンに出場するカタツムリ」のような速度でしか上達できません。それでも、「まだまだ自分は うまくなる」と信じて描き続けるしかない。

──という「聞いた話」から総合して考えると、やっぱり平丸一也は天才すぎるよなぁ……。

いけるぞ 福田くん !!

『ロードレーサー GIRI』の新しい登場人物・無敗の伝説のレーサーは、「ド」が頭に 8 つ付くようなシブいオヤジでした。『ONE PIECE』の「白ひげ」(エドワード・ニューゲート)も人気だったし、これはこれでウケるでしょうね。

──ほかもムサいキャラばかりなのは、どうだろうか?


アメリカンな感じでポニーテールの女の子は、けっこう かわいらしい! 福田真太は、こういう「ハクいスケ」(現代語訳: 美しいお嬢さん)が描けるのだから、こっちの方面を延ばすべきでは? 人気を獲りに行くなら、これは重要でしょう。

たとえば、この女の子を「伝説のレーサの孫」に設定する。幼いころから伝説のテクニックを仕込まれた彼女は、いまではもう、爺さんと並ぶくらいの速さで走れるようになった──。ちょっとベタすぎるかな?

福田も雄二郎も、女性キャラではなく、ニューマシンの デザインに力を入れるようです。その狙いは、結果に結び付くのだろうか……?

頭の片隅で 考えてたけど…

亜城木夢叶が考え出したアイデアも、「新しいキャラクタを登場させる」でした。ここまでは、福田と同じです。しかし、そのキャラを 悪のヒーローに するところは、いかにもサイコーとシュージンらしい。

少年誌で悪役を積極的に描くのは、むずかしい部分があります。有名なところでは、『ジョジョの奇妙な冒険』の第 4 部に出てくるラスボスが大人気でした。ところが、作者の荒木飛呂彦さんは、少年誌では悪人を良い人物には描けないため、あのようなラストにしたそうです。

吉良吉影 - Wikipedia

『PCP』に登場させる悪役も、作者が気に入れば気に入るほど、「悪として裁く」ことができなくなる──、といったジレンマが出てくるでしょうね。

普通の 犯罪者じゃなく ……

サイコーの「ムダにスタイリッシュなポーズ」が笑えます。オーラがパねぇ! 彼のヘンテコなポージングと変顔コレクションを、コラージュでつないでいくと、何のマンガなのかが確実に分からなくなるな……。


怪人二十面相みたいで すげー 怪しいキャラも良いけれど、それに加えて「じつは格好いい人物」という要素も重要だと思う。お手本は、やっぱり『BLEACH』ですね(ほぼ全員がそんなキャラだし)。

味方か敵か それすら わからない人物とはいえ、小学生である PCP たちに絡んでくるくらいだから、同じ小学校の生徒か先生じゃないと、「本物の犯罪者」だよなぁ……。

謎の新キャラを出し

鳥山明さんが描くような「見ているだけでワクワクしてくるマシン」を福田が作り出せたら、本当に上位を目指せそうです。どんな仕上がりなんだろう?

そんな「胸が熱くなる機械」を、最近の「ジャンプ」で見た覚えがありません。週刊連載で複雑なメカを描くのは、時間的に厳しいですからね……。

近ごろの子どもは、そういう「胸熱マシン成分」を、ゲームで吸収しています。複数人のクリエータが力を合わせて作るゲームは、「格好いい」「かわいい」「シブい」「お色気」──といった要素を盛り込める。アニメも同じですね。

ではマンガは、どうやって対抗するべきでしょうか?


中井巧朗は、まったく「教えている」感じではありません。教える相手が「恋のライバル」であり、憎むべき存在とはいえ──、以前に絵の講師の就職に失敗したのは、当然の結果でしたね。

ところが、「むりやり描かされること」が、平丸にとっては一番の薬だったりする。彼の才能ならば、メキメキと画力を身につけるでしょう。

すべては吉田氏の計算どおり……!

確実に勝負に 出てます

蒼樹紅の『神様がくれた…』は、今までの展開を描いているはずです。それなのに、エイジのところに集まった全員が勝負に出ている──とサイコーは言っている。

──こっ、これは、サイコー先生お得意の「新妻エイジ以外はテキトーな扱い」だぁーッ!


平丸の成長が、亜城木にとってもエイジにとっても、一番の驚異になりそうな気がします。あのサイコーが、エイジではない作家に これほど反応するなんて、めったに見られません。

こんな──他人からしたら くだらない理由(カズタン)で、アッサリと 1 位になるなんて、普通なら あり得ない。しかし、そんな常識を軽く踏みつぶすのが、「天才・平丸」の才能です。

[2] このページの一番上へ戻る