敦賀の斎場で入棺体験

生の大切さ感じて」と題された記事です。実際は「死ぬのはいやだ」というのが結論のようです。

体験を終えた同市木崎の松陵中二年、加藤恭慈君(13)は「これでこの世とお別れかという気分になった。次はいつ棺おけに入るか分からないが、もう入りたくない」と神妙な表情。同市山泉の農業、中條篤治さん(61)は「なんだか心細くなった。中は真っ暗で何にも考えられず、とても時間が長く感じた。死んだ人の頭にも、あの鐘の音は響くんじゃないか」と感想を話していた。 (矢野 修平)

via: Weekly Teinou 蜂 Woman

[2] このページの一番上へ戻る