『WFLOG』

『WFLOG』(ワンフェスログ)というフィギュアの本を買いました。

ワンフェスログワンフェスログ(公式サイト)

これは、ワンダーフェスティバルを中心に活動するモデラーたちの作品約350点を全編プロカメラマンによる撮り下ろし掲載してある単行本です。

ワンダーフェスティバル 2007[夏]は、 2007年8月12日(日曜日) 10:00~17:00 開催、となんと、誰かさんの 0x21 歳の誕生日と同じですね(ヒント: オレ)。

表紙を画像で見ると、よくあるフィギュア雑誌のサイズかと思いましたが、実際は A5 サイズ。オライリーの『PERL HACKS』と同じサイズ、というとわかる人もいるかと(実際に重ねてみたらピッタリ)。

Amazon.co.jp や一般の書店にはないようなので、ネット通販でどうぞ。表紙は 3 タイプありますが、内容は同じです。

ワンフェスログ28 (表紙 A) Yahoo! ショッピング: ワンフェスログ28 (表紙 A) ad

「ワンフェスログ」を楽天市場で探す

内容

巻末などにフィギュアに関するコラムが載っていますが、やはり、メインはワンフェスで展示・販売されるフィギュアの写真。

言葉を選ばずにいうと、「ワンフェスフィギュアのカタログ本」と思っておけば間違いないかと。

ワンフェスログ: CONTENTS VIEW からフィギュア写真の掲載ページが見られるので、購入前の参考にどうぞ。

気になった原型師たち

はじめに紹介されている、BUBBA 氏のフィギュアが凄い。「網タイツバニーのハルヒ」の人といえば、知っている人も多いでしょう。

彼のブログに、制作途中のフィギュアの写真が多く載っているので、要チェックですね(最近は更新が滞っているけど)。彼の場合、版権モノもいいですが、オリジナルも活き活きしていて魅力的です。

サイコロキャラメルの謎 - livedoor Blog(ブログ)サイコロキャラメルの謎 - livedoor Blog(ブログ)

ネコワークス」も注目。国内外の市販車「デフォルメカー」としてガレージキットにして、通算で 100 台以上も作っているのが凄い。どれも可愛らしく、車に興味がない自分でも、いくつか欲しくなります。「チョロ Q みたい」といえば、(世代的に)まだ通じるかな?

りゅんりゅん亭」の「ぷにからー 23」も可愛らしい。東京 23 区を擬人化、というとんでもないコンセプト。可愛らしいというより、エr ……。ゲーム化する予定だったのが、開発停止になったようですね。残念ですが、23 キャラはそろえて欲しいところ。

ぷにカラー23ぷにカラー23

あとは何といっても「Vispo」の「アネモネ」。これは──絵的にも精神的にも、15 禁くらい? プロのカメラマンが撮った写真は、より迫力が出ていますね……。

Vispo HP(「アネモネ」は左フレームの「Gallery」から)

ただただ可愛いだけ、じゃなくてこのような作品が作られ、(たぶん)需要があるということは、フィギュアという文化が豊かになってきた証拠──かな?

[2] このページの一番上へ戻る