Wassr

いま話題(脳内調査)の「Wassr(ワッサー)」を始めました。

asiamoth - Wassr [お気軽メッセージングハブ・ワッサー]

愛用のエディタ、「Xyzzy」から更新できるので、モリモリ更新して、「つながり」(フレンド)をブチブチ切られるぞー!

(´・ω・`)  (´・ω:;.:...  (´:;....::;.:. :::;.. .....

ということで、Xyzzy 使いでワサってる人は、下記のパクリコード、「Wassr-update」をどうぞ。

Wassr とは

Wassr がどんなサービスかは、下記の画像とリンク先をご覧いただくとして──、

──ようするに、「和製 Twitter」で間違いない、と思います。とか言いながら、けっきょく Twitter は参加しなかったので、どれくらい似ているかは知りませんが……。

なぜ Wassr?

下記の、2 つの記事に釣られました(笑)。同じことを言う人が、たぶん 5000 万人くらい、いるでしょうね。

それではなぜ、Twitter には登録せず、Wassr を始めたのかというと──、うーん、なぜだろう? なんとなく、まだまだマイナな感じと、「ワッサー」という語感だったりして。ワサる、とか言いやすい。

なにより、「今のところ」が付くかもしれないけど、「Wassr が落ちてる!」とか「メンテナンスが多い」という話を聞かないこと。コレは大きい。はてなブックマークや Tumblr なども、メンテナンス中だとガッカリしますからね。

Xyzzy から Wassr

今回の記事の目玉はコレ! Xyzzy から手軽に Wassr を更新できる、名付けて「Wassr-update」です。

──というか、「twitter-update」という、既存の Twitter 用 lisp を丸ごと借りたら、ウマくできました。

実際の手順は、下記ページのコードを適当な名前(wassr-update.l など)で保存して、

twitter-update - OVERT MEMO

コード内の「twitter」を「wassr」へ置換。

そして、*wassr-domain*"api.wassr.jp" に変更。

──コレだけで、ミニバッファから更新できます。

自分は面倒なので、パスワードもすべて「.xyzzy」に書いて使っています。

注意点がひとつ。

たぶん、元のコードで "stwitter status: " となっている部分、typo と思う人がいると思います(オレオレ)。──が、これはこのままが正解です。つまり、置換後は "swassr status: "

何も知らずにコードを書き換え、エラーで悩みました。ご注意を……。

minibuffer から Wassr?

──いま気付いたけど、Greasemonkey スクリプトの Minibuffer からワサる、というのも手軽で良いかも。

Twitter 用の Minibuffer プラグインがあるので、あとで、ありがたく改造させてもらおう──。

MinibufferベースのTwitter Post&Favorites Command Greasemonkey - 0x集積蔵

まとめ

たぶん、「ヒトコト」というより「独り言」に終始して、「つながり」が弱い──、という、リアルと同じような使い方になると思う。けど、それでも楽しい。

過去の「ヒトコト」が見づらいのが、なんとなく不満だけど、そのうち改善されることを期待します(カレンダ形式のほうが分かりやすい)。

[2] このページの一番上へ戻る