ゾッとする話

日に日に涼しくなってきましたね。真夏の雨の日は家にいてもジメジメとしていたのに、今日の雨はひんやりして過ごしやすかったです。

──ということで時期的には遅い、夏のホラーです……。

人間を辞めるのって意外と簡単なんだな 豚速(`・∞・´)

たぶん実話なんですが、これは怖い……。

匿名掲示板の書き込みで、しかも知らない第三者。それに、似たような経験があるわけでもないけど──得体の知れない怖さを感じました。

何人もが同じコメントをしていますが、これほど「釣り宣言」をしてほしいスレは、最近では珍しいです。

「自分ひとりの体」ではない人、くれぐれも「夢」を見るのは自分のふとんで……。

恐怖の夢

そうそう、いま思い出しましたが、「似た経験」とは違いますが、恥ずかしい夢は見ます。しかも、何度も。

毎回、微妙に状況が異なるのですが、だいたいは学校か職場で──

──なぜか、うっかりとオナホを持ってきてしまった自分(って、なにが「うっかり」だよ! オレ !!)。

たいてい、カバンか箱に大量に詰め込まれたオナホを、さりげなく隠そうとするけど、最後には見つかって赤っ恥をかく自分……。

──というところで目が覚めます。何なんでしょうね?

たぶん、しかるべきところで「潜在的なナントカ性カントカが発露してウンヌン」と診断されそうです。今のところ、「うっかり」はないし、実害もないので、「変な夢だなぁ」と済ませています。

それに、たとえオナホを誰かに見られても、上の人のように「俺は人間をやめるぞ! 上ォ司イイィィィ !!!」とはならないでしょう。第一、自分の部屋の中には、そのようなものはないです。部屋の中には……。

(ヒント: 押し入れの奥)

まとめ

>>1 には、「ゆっくり休め、また復帰しろ」としか言いようがない……。がんがれ!

オレには、「そろそろオカン対策として場所を変えろ」としか(ry

[2] このページの一番上へ戻る