• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 95 ページ 「毎晩と合体」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 35 号)

はてなちゃん&ダてなちゃんピンバッジ (by yukogets)
(『NANDE!?』とのコラボは──たぶんない)

今回は、作者が全力でダマしに来ました!

これは引っかかるよなぁ……。あとから読み返すと、すこしワザトラシイし、シツコイ会話になっていますが、まあまあ自然に話していますね。

読者をダマすには、小説のほうが向いています。なにしろ、場所や人物も含めて、すべて読者の想像にゆだねられている。年代や性別を間違えさせる手法も、お手の物です。

すっきりとダマされたい人は、森博嗣作品を、出版された順に読みましょう。

「作者が『どれから読んでも良い』と言っているよ?」

「それはすでに、アマノジャクな作者にダマされてる」

どういう事だ

雄二郎の新妻くんも まんざらじゃなく むしろ積極的になんてセリフは、普段の会話では出てきません。ましてや、職場での上司との会話には、絶対に使わない。ここはかなり、不自然ですよね。

まぁ、でも、アフロだし。

読者としては、「エイジと新妻が恋人としてつきあい始めた」と読むわけです。そうなると、「そこまで編集部で話すか?」や「編集長まで公認の仲?」などといった疑問が出てくる。

山久と吉田も、完全に勘違いをしています。吉田は、バカなこと 言うな、なんてクールな顔(いつもの顔)で言っている。でも、頭の中ではモンモンと想像しているに違いない……!

何しろ今回のサブタイトルが、

毎晩のように合体」!(違う)

このまま来週号まで引っ張ったら、極悪でしたね。とくに、来週の『バクマン。』は、お休みだし……。

春の新連載 3 連弾開始

高浜の『正義の三肩』が始まりました! 少年誌には珍しい 裁判バトルの挑戦策とのことです。『BB ケンイチ』に続いて、独創的なマンガを描いていますね。

ただ、高浜には不安材料が多いです。

まず、担当の港浦は「お笑い命」だから、裁判の話なんてフォローする気がないでしょう。すべて、高浜ひとりで描くしかない。それはどの作家でも当たり前ですが、高浜が迷った時・困った時にも港浦には頼れません。

次に──、ハッキリ言うと、高浜は青年誌向きのマンガばかり描いていますよね。『三肩』がコケたら、次こそ青年誌で描いて欲しいなぁ……。

だからこそ、「ジャンプ」で『三肩』が長期連載になれば、高浜の実力はものすごい、と証明できます。がんばれ、高浜!

福田は『ロードレーサー GIRI』とタイトルを変えて、連載を始めました。いつの間にか、気合い入った兄ちゃん──みたいなアシスタントも増えている。3 人でバンドを組むか、峠を攻めそうな勢いです(?)。

正直なところ、福田の人間性は好きですが、彼の絵柄は苦手なんですよね。現実世界の「ジャンプ」に載っていたら、読まないかも。

そう言って絵を見ただけで避けていたけれど、読んだら面白かったマンガも多いですケド。

カイジ』や『へうげもの』・『孤独のグルメ』あたりが、最初は抵抗があったなぁ。過去にさかのぼると、『ジョジョの奇妙な冒険』に行き着きますね。

マンガ読みは、誰もが通る道かも。

福田さん すげーな

『NANDE!?』の作者である響恭太郎は、やっぱり今回も噛ませ犬(よりも下)だったようです。クイズ番組あらしのマンガって、面白そうなんですけどね。

それに比べると、高浜の『三肩』は順位が安定しているようです。まだ 3 話目ですが、ひとまずホッと一安心しました。今回は港浦が、「とにかく笑いを入れる」とは言ってこないのでしょう。

港浦は、エイジと岩瀬の相手に忙しいのかも。

やられた !!

最後のページでようやく、秋名くんが 口説いていた──の真相が明かされます。

勘違いしていたと気づいた時に、この 3 人はどんな顔をしたのだろう……。ちょっと、恥ずかしい。

でも、そんなことよりも、『+NATURAL』と『CROW』とのコラボには、多いに驚いたはずです。たぶん、エイジと岩瀬も、『PCP』の巻頭カラーと時期を合わせてきたのでしょう。

これには──、勝てない!

人気マンガ同士のコラボレーションと言えば、『ドラゴンボール』に『Dr.スランプ』のキャラクタが出てきたことを思い出します。

しかし、現役で連載中のマンガを連携させるなんて、新妻エイジと秋名愛子にしかできません。まさに、天才だけに許された離れワザでしょう……!

または、『いぬまるだしっ』の作者か。

[2] このページの一番上へ戻る