ニセコイ一覧

『ニセコイ』 12 巻 「オマツリ」 1 – お母さんは気にくわない

『ニセコイ』 Vol 12 「オマツリ」

Afternoon Snack Perfection: Green Tea Parfait 和と洋は溶け合うが──お隣との緊張は解けず

祭り風景の表紙が色鮮やかで美しい!
宮本るり鶫 誠士郎に「ぬめぬめした適度な硬さの肉棒」(意味深)を差し出している点に まずは注目です! この 2 人の接点は ほぼ皆無だったのに、いつの間に仲良くなった(意味深)のだろう?
しかも、るりがジャンプしている点もワロタ。

カバーをめくると、さらに るりのターンです!
これだけ一条 楽に食いつく るり(意味深)も珍しい。次の巻あたりで、2 人は さらに急接近するのですが──もしかして本当にトリ END クルー!?

続きを読む


『ニセコイ』 11 巻 「ハナタバ」 2 – イジメには屈しない

『ニセコイ』 Vol 11 「ハナタバ」

15/07/2012 15:05, motosu city, gifu prefecture, jpn. 二人で乗れば──天にも昇る

後編では新しい登場人物が出てきました!
「ええっ? また一条ハーレムが増員するのかーい!?(マスオ」とか思ったけれど、はてさて……。

小野寺家からは姉妹が別々の回で活躍し、なにより表紙を大きく飾った橘のメイン回が見物です!
いつもと同じで、いつもと違う恋物語をどうぞ!

続きを読む


『ニセコイ』 11 巻 「ハナタバ」 1 – 何も思い出せない

『ニセコイ』 Vol 11 「ハナタバ」

Sweet Pea #2
まだ花開かぬ──優しい思い出

橘 万里花の表情が悩ましげな第 11 巻です!
本編を読むまでは「あれ? マリーって こんな感じだったっけ?」と思ったりする。しかし、いままでにも彼女の おしとやかさは描かれてきました。普段とのギャップが良いですよね!
──まぁ、カバーを外すといつもどおりですケド。

それにしても──ヒロインなのに表紙の扱いが小さい!
コミックスの中身でも今回の出番は少なめで、次の巻での巻き返しに期待したいです! (もちろん、鶫 清司郎のこと)

続きを読む


『ニセコイ』 10 巻 「スキナコ」 2 – 心残りは一つもない

『ニセコイ』 Vol 10 「スキナコ」

Circles / Círculos (Abstracción 011) 思い出は いつか──雨の波紋のように消える

後半ではシリアスな話から始まります!
一条と舞子の「男同士の熱い友情」(意味深)を描きつつも、鶫の言葉で力づける展開が燃えました! みんながまっすぐ青春を生きていて さわやかです!
たとえ、悲しい別れが あったとしても……。

続きを読む


『ニセコイ』 10 巻 「スキナコ」 1 – なれあいは好きじゃない

『ニセコイ』 Vol 10 「スキナコ」

京都銭湯「錦湯」 のれんをくぐれば──伝統の新天地

コミックス派の人も、今週号の「ジャンプ」を買おう!
ニセコイ』のオールカラー特別編である「第♡話 『サービス』」が「週刊少年ジャンプ」 2014 年 6・7 合併号に載っています! これもアニメ化の おかげでしょうか。

ほぼヒロイン全員完全なオール・ヌードTo LOVEる(トラブる)に巻き込まれる──という健康的な内容で、とっても息が抜けること間違いなし!
千棘の生胸を素手で触る つぐみんも見られるぞ! さらに、楽だけではなく女子を見る目も、ねばっこく熱い視線の橘もキマシタワー!
新春早々に 400cc くらい体重が減りそう(なぜ!?)。

TVアニメ「ニセコイ」公式サイト TVアニメ「ニセコイ」公式サイト


もちろん、コミックスも おもしろい!
表紙からして また水分を持って行かれそうな勢いです。カラー・イラストならではのサービスではなく、本編と連動しているので お楽しみに!
にぎやかでハデな黄色い表紙には、初めてキョーコ先生が登場しました。ワカモノたちを「青春だなー」と にこやかな遠い目で見つめる彼女は、表紙をめくると──。

続きを読む


『ニセコイ』 9 巻 「カミカゼ」 2 – もう孤立しない

『ニセコイ』 Vol 9 「カミカゼ」

谷瀬の吊橋 - Suspension bridge of Tanize // 2010.07.28 - 33 揺れるのは──橋ばかりではなく

第 9 巻の後編でも「後輩組」が活躍しています!
つい先日まで一年生だった登場人物たちも、先輩として頼れる姿を見せ──ることなく、後輩に振り回されている。そのドタバタが楽しい!

そしてまた、一条の「(寝ている間に)お姫様だっこ歴」に新たな 1 ページが刻み込まれるのじゃった……(全ヒロイン制覇を狙っている? もうカンスト済み?)。

続きを読む


『ニセコイ』 9 巻 「カミカゼ」 1 – 彼女は甘くない

『ニセコイ』 Vol 9 「カミカゼ」

And looked down one . . .
桜の降る季節は──ネコもクマも出る

新キャラを投入してきた第 9 巻です!
ようやく「モヤシ攻略部隊」に参戦してきた彼女(と友だち)は、これから どんな『To LOVEる』(トラブる)を巻き起こすのか……(マンガ変わっとるがな)。

今回の表紙は、『ニセコイ (1)』と同じ構図です。
深読みすると──、これからのヒロインの主軸は この 3 人に なるのでは? そう思わせるほど、「1 巻の表紙で右にいた人」の登場が少なくなっている……。

続きを読む


『ニセコイ』 8 巻 「ギリギリ」 2 – ただの義理じゃない

『ニセコイ』 Vol 8 「ギリギリ」

Peanut Butter Cup Heart
おいしさも愛情も──控えめで ちょうど良い

小野寺には妹が いる──と以前から予告済みです。
今回いよいよ登場──か!?(スポーツ新聞風)と思わせて、まだまだ引っ張る様子でしたー。
ここまで出し惜しみされると、逆に「顔面が残念な子」なのかと思ってしまう。実際は──次の巻くらいの お楽しみです!

続きを読む


『ニセコイ』 8 巻 「ギリギリ」 1 – 酔った勢いは続かない

『ニセコイ』 Vol 8 「ギリギリ」

black walnut and dimple pinch whiskey chocolates チョコレートに お酒は──爆弾の味

またもや買いにくい表紙です!
現役の女子高校生である桐崎 千棘小野寺 小咲全身を粘液まみれにしてベロを出すという──なんともサワヤカですねー(棒)。
巫女コス(逆さ言葉)な鶫 誠士郎に水を BUKKAKE橘 万里花も、「このあと」を想像すると生唾ゴクリもののチャンスが来た(『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』ネタ)感じです!

カバーを外したあとも良かった!
桐崎と小野寺という「殺人★お料理」コンビに死食試食を勧められ、鶫が犠牲になる喜ぶ場面です。
いかにも「お約束」な一コマですが──、ノリノリで鶫を拘束(意味深)している橘の表情がイイネ! 普段は いがみ合っている 2 人ですが、以外と相性は良いのでは? ──不憫(ふびん)な者同士だし……。
クロードの おっちょこちょい★(というレベルか?)の おかげで、おそらく「誠士郎」の国籍は(取っているとしたら)男性だろうし、万里花と結ばれる可能性は あるはずです!(即売会では確率 4,096 倍)

内容も楽しくて、サクサクと感想が書けました!

続きを読む


『ニセコイ』 7 巻 「キッカケ」 2 – 彼女も素直じゃない

『ニセコイ』 Vol 7 「キッカケ」

gift tags
リボンに込めた思い──花開く

後半こそは小野寺さんが可憐に咲き誇る!
──と期待していた多くの読者を置き去りにして、百合──もとい るりが主役の回から始まりました。
周囲の人間を描くことで、中心にいる人物を深く掘り下げる見せ方ですね。

ところが、「そのほかの人々」が魅力的すぎて、メイン・ヒロインの輝きが埋もれているような……。
ラストに登場した桐崎の話も、じつは一条の良さが前面に出ています。女性陣しか見ていない人も、そのあたりを注目して再読をどうぞ!

続きを読む