動的生成一覧

MT3.34 でダイナミック・パブリッシング周りに不具合

MT3.34 の不具合

今回の記事は(も?──いやいや)自分では試してませんよー、伝え聞きですよー、というのを念押しつつ──。

なかなかこのブログでは移行に踏み切れませんが、MT3.34 がリリースされています。

ref.: Six Apart – Movable Type News: Movable Type 3.34日本語版の提供を開始

しかし──ダイナミック・パブリッシング周りにいくつか問題が残っているようです。

今のところ、見つかっている不具合(の中で自分が識っているもの)は簡単に修正可能です。動的生成を使っている人、これから試してみたい人は、是非とも確認ください。

続きを読む


MT 標準の動的生成は「改行設定」がポイント

【常識】MT の動的生成は Smarty を使ってる【今更】 : 亜細亜ノ蛾 に引き続き、PHP 版のダイナミックパブリッシング(動的生成)について。

動的生成に移行する場合に障害となるのは、やはりプラグインを使っている場合です。PHP に対応したプラグインを使っているの場合は、テンプレートの変更なしでもそのまま移行できます。mt_dir/php/plugins をざっくり見て、使っているプラグインの名前があれば、大丈夫でしょう(それでいいのか)。もし、PHP 非対応だった場合はテンプレートの書き直しが必要です。

──だがしかし。ちょっと落とし穴なのが、「改行設定」──いわゆるテキストフォーマットを変更するプラグインを使って記事を書いていた場合。このせいで自分は PHP 版の動的生成に移行できなかった、のをいま思い出しました。

いくつか抜け道があるので紹介します。

続きを読む


【常識】MT の動的生成は Smarty を使ってる【今更】

MT 情報はまだ尽きない

「MT の情報は、もう出尽くしたよね」──したり顔で、かつてはあれほど熱心だった MT 最新情報の追っかけを止めてしまった──というあなたはオラオラを 100 万回熟読していただくとして。

ダイナミック面白いです (オラオラ) 経由で知った、WingMemo: ダイナミック・パブリッシングで頁分割(4) バリエーション編で、なにやら見慣れないコードを見ました。──何スか {{capture assign="count"}}<$MTBlogEntryCount$>{{/capture}} って? と思って別の記事を読んで驚愕。

なんと、MT 標準の PHP 版ダイナミック・パブリッシングにはもともと頁分割機能があった、とのこと! ──というか、さらにリンク先を辿っていくと、

そもそもMovableTypeでダイナミック・ページを実現するのに使われているSmartyには、ページ分割表示できる能力があるわけですな。

買い物ログ: カテゴリ・アーカイブをページ分割しました

と、しれっと書いてありますが──えええ? MT 標準の動的生成って Smarty を使っているのか!(イマサラ?)

続きを読む


MT で動的生成を使うときの .htaccess をダメ出し

動的生成時の .htaccess ファイルを見直す

今回は、ちょっと難しいよ! でも、Movable Type で動的生成(ダイナミック・パブリッシング)を利用している人は必見です。

MT で動的生成を利用する設定にすると .htaccess が自動的に作成されます。初期状態のままだと、思いっきりサーバに負担がかかるかも知れない──ということを発見しました。特に Perl 版ダイナミック・パブリッシングを使っている人は、とんでもないことになっているかも。──悪いのは、みんな spammer ですが……。

具体的には、.htaccess ファイルにこんな設定を施す、という提案です。

RewriteEngine on
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
# 下の三行を追記
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !\.(cgi|css|gif|jp*g|png)$
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/mt/cm/.*$
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/mt/tb/.*$
RewriteRule ^(.*)$ /mt-dynamic.php [L,QSA]

では、順を追って解説してみます。

続きを読む


MTのInclude問題は「MTIncludePlus」で解決

#### テンプレいじりの必須知識
どのブログツールでも大差ないかと思いますが、MTでデザインを変更する場合、それぞれのページの「テンプレート」を変更することになります。少しテンプレート変更に慣れてくると、複数のテンプレートで同じ部分が繰り返されていることに気がつくでしょう。例えば「カテゴリィ一覧」や「月別アーカイブ」、「最近の記事一覧」などが代表かと思います。
さて、MTといえば再構築、というのが有名ですが(?)、できれば再構築時間を短くしたい。ちょっと記事を変更しただけで何時間も待たされる(おおげさ)のは厭だ、という人が大半でしょう。そんなときには、それぞれのテンプレートの共通部分を、何とかして使い回したいものです。
幸いにして、MTには``というピッタリの専用タグがあるので、これを使うのが解決の糸口です。インターネッツ上に、いくらでも有益な情報があります。真琴さんのところがまとまっていていいですね。
[hxxk.jp – カテゴリアーカイブとナビゲーションリスト](http://hxxk.jp/2005/02/04/0232 “hxxk.jp – カテゴリアーカイブとナビゲーションリスト”)
#### MTIncludeの仕様
いよいよ本題ですが、`
`には「``タグの中にはMTタグを記述できない」という仕様があります(MT3.2で確認)。
例えば、年ごとに作成された何らかのファイルを取り出すために
.php”>
と書いてもダメな訳です。どうしても読み込みたい場合は
< ?php readfile('.php’); ?>
という具合に、PHPの力にすがることになります。──でも、毎回ページが読み込まれるたびにPHPスクリプトが実行されるので、サーバに負担がかかる──と思います(どの程度かは知らない)(レンタルサーバ者の悲しさ)。
──では、どうするか?

続きを読む


MT3.2にアップデート完了、プラグインも正常動作

[Movable Type – News – Announcing Movable Type 3.2](http://www.sixapart.com/movabletype/news/2005/08/movable_type_3_2.html “Movable Type – News – Announcing Movable Type 3.2”)
Powered by Movable Type 3.2
Movable Type3.2もベータが取れたので、アップデートしてみた。*どきどきしながら*。
以下、簡単にアップデート手順を説明します。

続きを読む


MTの動的生成でperlプラグインも動作する「mt-dynamic.cgi」

このブログはMoveble Typeを利用している。そして*perl版のプラグイン*をいくつか使用しているが、**全てのページが動的生成**(ダイナミック・パブリッシング)になっている(RSS Feedは除く)。
どうしているかというと、
「**MTの動的生成でperlプラグインも動作するCGI**」を利用しているからだ。
──と、これだけの説明でこのCGIの素晴らしさが解る人は、かなりのMovable Typer(造語)

続きを読む