• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

DEATH NOTE : Page.58 「胸中」

さてはて。今回は、Lが今までに無い表情を見せてくれます。Lファンは必見ですね。Lファンは……必見です……。

ちなみに、

Lの画像

こんな表情、ではないですよ。

感想

Lの死に顔

……てか、死に顔かよ!! ビックリしました。まさか、あんなに簡単に死ぬなんて……

この作品は、あくまでも「キラ対L」を描いた作品として終わって欲しいです。そういう意味では「次回完結」になればいいわけですが……このまま終わるのはイヤですね。「そして10年後」みたいな展開だけは避けてほしいところ。

まぁ、状況から「死んだ」と考えて問題はなさそうですが、この作品にはさんざん騙されてきましたからね。今回も、何らかのトリックがあるのでは、と勘ぐるのは人情というものです。

ライトが心臓の鼓動・呼吸を確認する、といった描写が無いところ、局長が病院に向かってから帰ってくるまで二時間もかかっているところから、「実はLは生きていて、局長に何かを頼んだ」という展開が思い浮かびます。(そうですよね?>大場さん)

ということで、以下の文中で「Lは死んだ」と表記しているところは心情的に「Lは死んだ(?)」「Lは死んだ(ように見せかけている)」と読み替えてください。

ワタリは…

残念ながら、ワタリは死んでいますよね。データーを全消去したくらいですから。もちろん「Lがそう言っているだけで実は…」という可能性も有りますが、それは無いでしょう。

それにしても、ワタリはこんな部屋で、一人きりで作業をしていたんですね。和気藹々(わきあいあい)とした捜査本部(キラ二人・死神付き)とは対照的です。Lにこき使われたり、資金の調達をさせられたり、狙撃させられたり、色々大変だったようですが、それは報われたのでしょうか? せめて、本名と、Lとの関係が明かされるといいですね。

死神を超えたライト

レムに「死神を越えている」と言わせたライト。“死神を越えた表情”でLの死に際を看取りました。これで、レイ=ペンバー・南空ナオミ・L、ともに「キラの真相に迫り、ライトがキラであることを知った直後に殺される」結果に終わりました。レイとナオミには「さよなら」を告げたのに、Lに対してはあっさりとしているのが、何だか不思議でした。さんざん苦労させられたので、「やれやれ」という感じなんでしょうか? ライトにとっては、世界一の名探偵も「障害の一つ」でしかないという感じです。

次回の予想

ライト中心でキラ事件の捜査は続行される、という、ライトの目論見どおりの展開になりそうです。Lが生きているか死んだかがハッキリするのは、まだまだ先でしょう。

というか、「Lが死んだ」となると、その先の展開が思い浮かばないです(それを言い出すと「ライトが捕まった」後の展開も思い浮かびませんが……)。

Lが生きている、とすると、どこからかライトを監視している事でしょう。ライトにとって最大の障害だったLがいなくなり、油断をした時にキラとしての重大な証拠を残す……その時をLは待っているのかもしれません。

ミサの立場は微妙ですが……Lがいなくなった今、ライトにとって「邪魔な存在」ではなくなっている……と思いたいですね。「死神の眼球」はライトにとって便利な物である為、ライトに殺される事なく、(かなり減ってしまった)寿命までは生きて欲しいですね。

余談

今回は、まともに感想が書けなかったです。いつもよりあっさり目に。

まぁ、一応、Lは死んだ事になっているので、追悼の意味で、彼が好きだった“甘いもの”を買ってきました。「コ○ラのマーチ」にすればよかったのですが、何故か板チョコ三枚(Lが板チョコ食べるシーン、あったっけ?)。Lみたいにバクバク食べられるわけもなく、チビチビ食べてます。

板チョコの画像

「甘い物を食べても、頭を使えば太らない」という、Lの言葉は実感できますね。頭を使うと、運動した後のようにエネルギが消費されます。逆に、ボーっとしている時に甘い物を食べると、「脂肪になっていくなー」という感じが、なんとなくします。

[2] このページの一番上へ戻る