L「恋愛の形として珍しくはないですが…」

シェアする

*DEATH NOTE : page.33 「移動」
毎回毎回「こう来たか~ !! 次はどうなる !?」という感じだが、今回もすごかった。何がスゴイって、扉絵。ミサミサ ファンは必見 !! 誰かコスプレして下さい。
**感想


前回の予想では盗聴機を仕掛けた、と見ていたのだが、ケータイを盗ったのか。うーん、「ライトがミサ名義のケータイを使って電話した」というだけでは、ライト = キラの証拠・容疑としては弱いと思うなー。それだったら、盗聴機を仕掛けた方がよかったと思う。とはいえ、もし盗聴していたら、ライトはこの時点で捕まっていたが。
:L|それは恋愛の形として珍しくはないですが、プライドの高い夜神くんがそれを受け入れるとはとても思えません
って言われても。てか、ココだけ抜き出すと、かなり面白いセリフだな。
扉絵のミサの拘束具着用はイメージかと思ったら、本当だったのがビックリした。第 2 のキラならアレくらいは当然、と L は言っていたが、L は「キラは念じただけで人を殺せる」という推理をしていたはず。もしそうなら拘束は意味が無い。
拘束することに対して「誤認逮捕なら問題だが」と L は言うが、ミサはデスノートの記憶が無くなった。このままでも釈放されるはず((もちろん、早く解放するようにレムは要求してくるが))。「第 2 のキラの共犯者」という容疑は残ると思うが。
L が本部に帰ってたのは、夜だった。てことは、のうのうと大学で授業を受けていたのか。まぁ、ミサを捕まえてすぐに本部に戻っても L がする事はないし、ライトの動きを見ていたのだろう。L の事だから、ライトに「学食のケーキを食べに行きましょう」と改めて誘ったかも。
ミサが捕まった事によって、レムが L を殺せなくなったのが面白い。L が死ねば、捜査本部もガタガタになるだろうから、L を殺す意味はあると思うが。……ん ? てか、「L を殺す = ミサの寿命を延ばす」ことになるのかな。現時点でミサは拘束されているが、命に別状があるわけでは無いだろうし、レムもミサの為に死ねるといっているし。ということで、今回「レムが L を殺す」というのがうやむやになっているのが、ちょっと残念。今からでもレムに頼めばいいのに、ライト。
**次回の予想
:ライト|さよならだ リューク
というセリフと、次回のタイトル「投身」。ココから予想。
ライトは一時的にデスノートを手放すと思う。ミサが解放された後、デスノートを 2 冊ともミサに預ける、とか。単純に、一時的にデスノートの所有権を放棄して、その間に L の取り調べを受け、その後に所有権を取り戻す、と思ったが「デスノートを”’他の人間に渡す”’と、デスノートに関する記憶が無くなる」というルールである以上、ミサに渡すんじゃないかな。問題は、デスノートを持った人間は不幸になるから「ごめんよ…ミサ」というレムが、再びミサがデスノートを持つ事に納得するとは思えない。
「投身」するのは、ライトの父親かも。心労で、かなりゲッソリしているし。
—-
ところで……
***月曜の朝、母と子の会話
:母|今から本屋に行くけど、ジャンプ買ってこようか ? 今日、発売日でしょ ?
:自分|うん、買ってきて~
……ワタクシ、今月、30 になります……