質問にきちんと答えられない人たち

駄文にゅうす』さんの ところで取り上げられた質問にきちんと答えられない人たち : 亜細亜ノ蛾が、凄いアクセス数に なっていてビックリ。ありがたい限りです(それにしても、たった一行で 1,000 アクセス強か……)。

二年以上前に書いた記事で いまと文体が違っているけど、「質問に きちんと答えられない人たち」に対する感想は、あまり変わっていません。まぁ、「世の中には色々な人がいるのだな」と気にしなくなったくらい。

きちんとした質問が できない人たち

ただ──、世の中には「きちんとした質問が できない人たち」も多いのでは? とも思う。

「私のどこが好き?」

「適切ではない質問」の代表例として真っ先に思い浮かぶのが、「私のどこが好き?」でしょう。検索すると、ザクザク出てきます。

私のどこが好き? - Google 検索

最近 見たブログ(2ch まとめサイト)だと、ここが面白かった。

【2ch】ニュー速クオリティ:女性はなぜ「私のどこが好き?」と聞いてくるのか

やはり、この質問は >>141 が言うとおり、この問いって無難な答えないよな、が答えだと思う。

その辺りは、昨年 読んだ、この記事が わかりやすい(id:tomo-moon さんが女性だから、というのも大きいけど)。

【衝撃】「私のどこが好き?」の「どこが」、実は意味なんてなかった! - 月がでたでた月がでた

ところで、ふと半生を振り返ってみると、(数少ない)カノジョから、こんなことを言われたことは無かった……。なので、>>32 の気持ち、よく わかるぞ!

32 キンキキッズ(コネチカット州) 2008/01/26(土) 20:58:02.33 ID:05aC/c//O

あれ?おまえら、こんなこと言われた事あるの?

最近のエロゲーはこんな選択肢があるのか……

【2ch】ニュー速クオリティ:女性はなぜ「私のどこが好き?」と聞いてくるのか

いつも、口説くときは自分から、振られるときは向こうから、という asiamoth です……。

コールセンタの お客さん

じつは、自分は某 ISP のコールセンタで働いています。0x21 歳・男性でコールセンタ、しかも派遣社員という、良く言えば「地位や名誉に興味はない」、悪く言えば「──学生バイトと変わらなくね?」な感じ(同業者・同じような立場の方、すみません)。

電話越しに全ての案件を片付けなくては ならない、という、よく考えると かなり難しい──というか面倒な仕事を、「コミュニケーション・スキル: 0」な自分が、よく できるな、といつも思います。しかし、仕事って、いざ やってみると、何とかなるんですよね。

それは さておき、やっぱり長年やっていると、「話していて可笑しいお客さん」ばかりではなく、「話が おかしい お客さん」も多く──。

ここでも、「きちんとした質問が できない人たち」が たくさんいます。

話が長い人

たとえば、こんな感じ。年配の方は、話が長くて困ることが多い。

「はい、こちら■■コールセンタです」

「あー、もしもし?」

「はい」

「ワシは、■■町■丁目、■■……の○○で、アンタんところを 5 年くらい使っておる者だが」

「はい、○○様ですね。いつも、お世話に なっております。失礼ですが、電話番号も教えて いただけますか?」(電話番号さえ聞けば、必要な情報は調べられる)

「XXX-XXXX。それで、二、三日前からメールで『タスクを処理中に(以下略)』と出てくるようになったんだが、アンタんところで何か、障害が出ておらんか?」

「いえ、今のところ、障害の情報は入っていないようです」

「そうか。何年か前には障害で(以下、愚痴を省略)」

「その節は、誠に申し訳ありませんでした。──ところで、エラー番号は出ていませんか?」(エラー番号さえ聞けば、たいていの原因は わかる)

──はい、書いていてダルくなってきたので、以下省略。

ようするに、この じーちゃんの場合は「じつはインターネット自体が できなかった」ことが判明するまで何分も かかりました。じーちゃんは、それを知っていて電話したのですが、「(一般的に)インターネットができないと、メールもできない」ことが、わかっていなかったのですね。

今回の場合は初めから、

「自分は○○という者で、電話番号は XXX-XXXX。二、三日前からインターネットもメールも できない。何が悪いのか?」

──という、10 秒もあれば全貌が わかるような質問をしてくれると、大変ありがたいのだけれど……。

話が短い人

そうかと思うと、話が短すぎて困る若者も。

「はい、こちら■■コールセンタです」

「ダウンロードできない」

「──はい、そう なんですね。失礼ですが、何がダウンロードできないのでしょうか?」

「音楽」

「それは、インターネット上のサイトからダウンロードできない、ということでしょうか?」

「違う」

──はい、思い出してカチーン☆と きたので、以下省略。ネタではなく、本当に こんな やり取りなんですよ。

ようするに、Win■y が使えない という件だったので、「ググれカス!」で終わった。──というのは嘘で、「こちらではサポートできない」件であることを、やんわりと伝えた。まぁ、ルータのポートを空けるくらいは、『ネトラン』読んで勉強しる!

「お客様は神様です」?

以上の例は「極端な例」ではなく、けっこう毎日 同じような電話を対応しています。

「お客さんは、わからないから電話してくるのだから、仕方がない」と言われそうですが──インターネットのことが「わかる/わからない」以前に、人として その話し方は どうだろう、という人も多いです。

「お客様は神様です」という、いち演歌歌手が言ったことを鵜呑みにして、当然の権利のように振りかざす人もいたり。

──まぁ、八百万の神々が おわす我が国では、迷惑な神様も多く、一説には「日本の神は、単に人間よりも力がある存在のこと」だったりするので、言い得て妙、という感じ。

まとめ

森 博嗣さんが『MORI LOG ACADEMY』や著作で、「問題は、見付けた時点で半分は解決している」という趣旨のことを よく書かれています。「何が問題なのか」を見付けること のほうが難しい、と。

詰まるところ、「質問にきちんと答えられない人たち」も「きちんとした質問が できない人たち」も、「何が問題なのかを わかっていない」という点で同じ、ということ でしょうね。

──と書けば終わることを、「適切ではない質問」の例を いくつか挙げようとして、また いつものように長くなってしまった……。

自分自身、「話を まとめられない人」だった、というオチ(しかも落ちてない)。

[2] このページの一番上へ戻る