『バクマン。』 153 ページ 「世界と相手」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 47 号)

Owned Cat-dog
(お人よしと言われても──この人は私が守る!)

昨日 書いた感想と同じく、西尾維新先生が書いたストキン炎 & プリンス総評から引用します。

いまの WJ は若手新人に厳しすぎる環境ですが、それでも若い人にはトップを狙って欲しいです。ただ人気漫画長期連載に総合力で勝つのは事実上不可能なのでまずは局地戦。(……)

『ここだけは連載陣にも既に勝っている』という己の取り柄を見つけましょう。多分そこがスタートです。

──「『バクマン。』してる」感じですよね!

本作品に限らず、「ジャンプ」を読んでマンガ家を目指す人は、この言葉を額縁に入れて飾っておくべきだと思いました。

それと同時にアマノジャクな自分は、「長期連載というだけで人気のマンガがある」という「裏のメッセージ」を読み取ったってばよ!

同じページの総評で、大場つぐみ先生は次のように書かれています。

何が起きているか少し分かり辛い作品ばかりでした。自分だけ分かっていたのでは駄目だと思います。『色んな人が読む』 その読者に伝えるという努力をもっとして欲しいと思いました。

そのとおりだってばよ!

どういう意向で 掲載に

「必勝ジャンプ」のロゴを見て笑いました。「最強ジャンプ」まる出しじゃないですか!

最強ジャンプ秋号|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com
最強ジャンプ秋号|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com

──でも、逆に「最強」のロゴほうが「必勝」をマネしたように見えたりして。「X」の部分にムリヤリ感がありますよね(失礼)。

佐々木と瓶子が並ぶと、まるで『新世紀エヴァンゲリオン』の碇ゲンドウと碇シンジの親子みたいです。

ゲンドu ──佐々木のセリフからすると、旧・テレビアニメ版の『エヴァ』に登場した加持リョウジのほうが近い。『ヱヴァ: 破』しか観ていない人は、ナンノコッチャ分からんと思いますケド。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版: 破 - あなたの知らない面白いこと | 亜細亜ノ蛾

帰ると見せかけて戻ってきた瓶子は、何だかんだ言って最後は佐々木の力を借りるのかと思いました。瓶子は「自立」できていない──という場面なのかと。

それも瓶子っぽいけれど、実際は違っていましたね。「ジャンプ」の編集長として、瓶子は確実な一歩を進み始めました。

──もう、「吉六会」のメンバだったころとは違うんだッ!(このネタは一生 引っ張ります!)

幕張 (漫画) #吉六会 - Wikipedia

連載会議に 出してもらえない

サイコーとシュージンも、『REVERSI』は「必勝ジャンプ」の掲載でも構わない──。この展開にはビックリしました。あれ? あくまでも「週刊少年ジャンプ」で連載することに こだわっていたのでは?

このままでは、「必勝ジャンプ」のマンガとして、『REVERSI』がアニメになってしまいます。それで良いのでしょうか──。

亜城木としても亜豆としても──、なにより「ジャンプ」マンガの『バクマン。としても、そんな結末は許されないと思います。

おそらく、下のような展開になると見ました。

  • 最終的に『REVERSI』は「週刊少年ジャンプ」で掲載
  • 『REVERSI』の相乗効果で『PCP』がアニメ化

月 1 掲載なら 亜城木くんも

瓶子編集長の機転は、大場つぐみマジックですね!

いまの亜城木夢叶では、週刊で 2 本の連載は当分ムリだろう──。かといって、『PCP』を切ることは絶対に避けたい──。そこで考え出されたのが、「月 1 + 週 1 連載」でした。

ここで問題となるのは、「サイコーとシュージンが納得するかどうか」という 1 点だけです。2 人が それで良ければ、「必勝ジャンプ」でも「マガジン」でも良かった(後者はダメだ)。

なんか、自分はモヤモヤしますケド。

そんなお人好しじゃ

雄二郎のツッコミが するどい! 新妻エイジは否定していますが、珍しく一瞬 言葉が止まっている──。

本当にエイジは、亜城木が連載を始めやすいように、『ZOMBIE☆GUN』の提出を遅らせたのでは?

そういう視線から見ると、前のページで地球儀を見ながらエイジは、「いつか『REVERSI』は 「週刊少年ジャンプ」で連載になる可能性があるから 先に待っている」といったことを考えていたように思います。


「世界一」よりも「身近なライバル」へと意識が行くのは、少年マンガらしくて良い! いわゆる「セカイ系」に向かって行かなくて良かった。

セカイ系 - Wikipedia

ネタバレなので作品名は伏せますが、「アフタヌーン」で連載していた某・メルヘンチックなマンガも、セカイへ飛び出ちゃった──もとい、セカイを飛び出させちゃったからなぁ……。

もっと、「自分の身近な環境 = 世界」という こぢんまりした視点で「宇宙を描き切る」くらいの作品が好きです。『ジョジョの奇妙な冒険』も第四部が素晴らしい!

結論: 「セカイ系」より「セケン系」

[2] このページの一番上へ戻る