ジャンプの『こち亀』コラボ企画について

シェアする

#### 面倒なことを思いついた
週刊少年ジャンプ2006年42号は、『こち亀』30周年記念ということで、各連載マンガに両さんが出ています。
ここでは、各マンガで両さんがどうやって登場しているか(30過ぎのオサーンが真夜中に血眼で)調べたので発表してみます。


#### そのまま
両さんがそのまま出てくるパターン。ボーボボは*ヨイショ*がイヤーンな感じ。
* ボーボボ
* 太臓(ヒドスwwwww)
* ジャガー(一番ワラタ)
* ペンギン
#### うまい!
そのまま出てくるんじゃなくて、ひねってあるのが流石。
「え? こち亀30周年ですか。だったら両さんメインでストーリィ考えますよ!」みたいな懐の深さを感じる!
そんな企画くらいで折れるような武士道は持ち合わせていねェぜ!
* 銀魂(しかし、*両さん本人*は一人・一回しか出ていないのだ! ──多分)
#### 表紙にモロ
「──スンマセン、どう考えても(僕|私)のマンガに登場させると*世界観が崩れる*ので」という感じがアリアリと。
* ディグレ(略し方合ってる?)
* 村雨くん(気持ち悪いよ!)
#### モブ
モブ(背景の群衆)に紛れ込ませパターン。やはりネウロが*狂っていて*素晴らしい。
テニスは戻ってきた途端に厄介な縛りで迷惑だったろう。その割には*大胆な登場*。やっぱり、この先生は天才。
* ワンピース
* アイシールド
* エム×ゼロ
* ネウロ(でもまぁ本人の感じは出ている)
* テニス(いい味出てるなぁw)
* 斬(M字開脚で座り込みそうな両さんに萌え)(ません)
* みえるひと(最終話でこんな企画に巻き込まれるとは)
#### ポスタなど
学園物ばかり。
* To LOVEる(両さん柄のパンツ、ではない)
* リボーン
* オーバータイム(煮えきらなさがここでも)
#### 判るかこんなもん!
ムヒョロジは、山の怪が山ほど出てくるから怪しい、と狙いを付けると意外と発見が早い。
ナルトは気合いが必要です。
* ムヒョロジ
* ナルト(雰囲気台無しw)
#### いない?
「──もしもし? えーと、おっしゃる意味が解りかねるのですが──。僕の作品には、ちょっと、*似合わない*ですよね。*そういうの*。──はい──はい、ええ、それは、記念すべきことだ、ということ自体は判りますよ。しかし──『BLEACH』は*僕の作品*ですからねぇ。そういうのは、ちょっと、違うというか──え? ポスタやカレンダで、ですか。いや、虚夜宮には無いでしょうね、そういうのは。──え? ああ『ラス・ノーチェス』です。漢字だと*ウツロにヨルにミヤ*です。ミヤ。──えーーーっと、では、そろそろ原稿を仕上げないといけませんので──。はい、はい、ええ、ではこれで。お疲れ様でした」プー、プー、……
──スンマセン、上記は*曖昧状態*のasiamothが妄想した、虚空の久保センセです。オサレ系なビジュアル・イメージで。
こんな感じで断ると思ったが、ちゃんと両さんはいた! 一番見つけるのが難しかったなー。
* BLEACH(超激ムズ。本編にいるはずがない、というのがヒント)
#### 総括!
『デスノート』の連載が終わっていて、ある意味*よかった*──!(小畑・画の両さん、見たかったようなそうでもないような)
あと、やっぱりコラボは、*先生同士に交流*があったり、*作品の《スピリット》が通じる物同士*でやって欲しい、と思いました。──**無理矢理描いている**、って感じるのがキツイ。
多分、*悟空だったらもっとノリがよかった*だろうな、と想像。
#### この記事のタグ(偽)
[嫌々描いた感ありの人も][久保センセは……][小畑絵の両さん、ねぇ……]