コミックス一覧

『バクマン。』 9 巻 「才能とプライド」 魅力ある女性と岩瀬に完敗

『バクマン。』 コミックス 9 巻 「才能とプライド」

we toast with cava - slowly comming
(「乾杯!」もあるでよ)

9 巻の表紙は、蒼樹紅でした!

4 巻の亜豆以来、久しぶりに女子が表紙ですね。しかし──、4 巻と同様に、あまり華々しいイメージではありません。

表紙の蒼樹は、彼女の仕事場にいるのだと思います。ところが、博物館での一場面とか、研究所の一室とか、学者の自宅とか──、そういった部屋みたいに見えるんですね。重苦しい感じ。

蒼樹の表情もゾクッとするほど冷たくて、なんだか人間ではないようにも見える。まるで、錬金術師のようです。

そこで思いついた話は──。

──蒼樹自身が、錬金術によって生まれたホムンクルスである。だが、そのことを彼女は知らない。自らが錬金術の権威として研究を続けるうちに、自分の出生に疑問を持った彼女は──(以下略)

「何番煎じだよッ!」と突っ込まれそうですが、だれか話をふくらませてください。

ここからは、9 巻で見逃してほしくない場面や、「ジャンプ」連載時との変更点を書いていきますね。

続きを読む


バクマン。 8 巻 「パンチラと救世主」 学生結婚と秘密プロジェクト

『バクマン。』 コミックス 8 巻 「パンチラと救世主」

LowBoy500 (by s.schmitz)
(ハーレーに乗った王子様は、「俺がパンチラの描き方を教えてやる(キリッ」と言う──)

8 巻の表紙は──なんと! ここに来て、サイコーが単独で描かれています。コミックス 1 巻から久しぶりですが──、まだまだ表紙に登場していない人も多いような……。

これまでの表紙を振り返ってみましょう。

  1. photo サイコー
  2. photo サイコー, シュージン
  3. photo サイコー, エイジ, 福田
  4. photo 亜豆(, と誰?)
  5. photo 福田, 雄二郎, 安岡
  6. photo サイコー, シュージン
  7. photo サイコー, シュージン

うーむ、なんという偏りの多さでしょうか。サイコーの登場が多いのはともかく、アシスタントの安岡やアフr ──雄二郎、名もなき(?)声優さんまでデカデカと描いてある。それなのに──、

──カヤも蒼樹も平丸も出てこない!

とくに 8 巻は、カヤと蒼樹とのつながりができた記念すべき巻なので、この 2 人を描いて欲しかった……。4 人でファミレスにいる場面、とか。

続きを読む


バクマン。 7 巻 「ギャグとシリアス」 山久の口説きとチアガール

『バクマン。』 コミックス 7 巻 「ギャグとシリアス」

Mop Puppet (by playbeasy) (by playbeasy)

いよいよ、『バクマン。』も 7 巻まできました。「ラッキィ」なナンバでおめでたいですね(?)。

表紙は、サイコー・シュージンでした。まさかの亜城木夢叶 2 連チャンです。え? 蒼樹は? 見吉・岩瀬・平丸──まだまだ表紙に出ていない人がたくさんいるのに!

続きを読む


バクマン。 6 巻 「無茶と根性」 悪い冗談と実力の世界

『バクマン。』 コミックス 6 巻 「無茶と根性」

Nikon D40X with 50mm 09.JPG (by midorisyu) (by midorisyu)

明けまして、おめでとうございます!(遅い) 今年も平年どおり(つまりダラダラと気楽に)ブログを続けていきますので、よろしくお願いしますね!!(お願いされても困ると思うケド)(このカッコ書きのウザさも今までどおり)

さて、5 巻が出たばかりのような気がしますが(気のせい)、『バクマン。』の 6 巻が発売されました。

「サイコーとシュージンが描かれた表紙」は、これで 64 回目くらいですね(?)。もっと女性たちに華々しく飾って欲しいところですが、まだまだ この傾向は続くのじゃよ……。

そういえば、「コミックス派」の人は、ひょっとして、アニメ化の話を初めて知ったのでは?

NHKアニメワールド バクマン。

続きを読む


HUNTER×HUNTER 27 巻 「名前」 敗者への称賛

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』 No.27 「名前」

octopus & starfish buddy (by moon angel) (by moon angel)

『H×H』の 27 巻が発売されました!

いちおう、本巻は今日(2009/12/25)が発売日です。しかし、昨日の時点で入手できました。サンタさんからの、粋なプレゼントでしょうか(違うと思う)。

27 巻の見どころ

この巻の見どころは、「すべてのページ」と言いたくなるくらい、面白い!

王直属護衛隊と討伐隊との戦いも終盤──と思ったら、まだまだ終わりが見えません。並の作品であれば、そろそろ中だるみの時期です。でも、『ハンター』には、そんな退屈な場面はない!

自分なりに、27 巻を象徴していると思ったセリフは、すげェな ……… お前らです。

この言葉が自然に出てきた状況は、戦いの始まりには、とても予想ができなかった。いや、ほんの数分前の展開からでも、まさかこんな感情が出るとは、想像できません。この先の読めなさが、冨樫作品のミリョクですね。

続きを読む


バクマン。 5 巻 「文集と写真集」 新たな天才と連載開始

『バクマン。』 コミックス 5 巻 「文集と写真集」

Toasting Champagne (by Waldo Jaquith) (by Waldo Jaquith)

スーパ面白マンガ『バクマン。』の最新コミックス・第 5 巻が発売され(てい)ました! ──今日の今日まで、買い逃がしていたのです……。

第 5 巻の表紙には、マンガ家にとっては冗談では済まされない状況が描かれています。アシスタントも、インクをこぼした瞬間には背筋が凍ったでしょうね。

どちらかというと、「怒髪天を衝く」な髪型なのはアシスタントのほうですケド。

続きを読む


バクマン。 4 巻 「電話と前夜」 間界野昂次の正体と亜豆の歌

『バクマン。』 コミックス 4 巻 「電話と前夜」

calavera key (by digiyesica) (by digiyesica)

『バクマン。』の新しいコミックスが発売されました!

表紙には声優の仕事をしている亜豆美保と──誰だろう……? もしかしたら、今後の展開に出てくる重要な人物でしょうかね?

さて、長~~~いお付き合いをしているようでいて、まだ 4 巻なのですね……。いったい、何文字分の感想を書いたのだろう……?

続きを読む


バクマン。 3 巻 「デビューと焦り」 福田の野心と中井の約束

『バクマン。』 コミックス 3 巻 「デビューと焦り」

Broken Heart (by Gabriela Camerotti) (by Gabriela Camerotti)

とうとう『バクマン。』の単行本も 3 冊目である。

驚くべきことに、まだ連載が開始されてから 1 年も経過していない。もう 3 年くらいは この作品の感想を書き続けている気がするのだが……。

続きを読む


バクマン。 2 巻 「チョコと赤マル」 新妻エイジと服部哲が登場!

『バクマン。』 コミックス 2 巻 「チョコと赤マル」

Hearts and Berries (by North60) (by North60)

コミックス 1 巻の発売から、はや 2 か月。2 巻が発売された。

この巻では、新妻エイジ・服部哲(あきら)・佐々木編集長が初登場する。

──あと、ほんのオマケ的に、服部雄二郎とかなんとかいう ただのアフロが出ている可能性もある(この扱いの差は──愛の差だ)。

続きを読む


バクマン。 1 巻 「夢と現実」 大場つぐみと小畑健がもう最高!

『バクマン。』 コミックス 1 巻「夢と現実」

祝・『バクマン。』のコミック 1 巻の発売! こいつァ春から縁起がいいワイ(三重弁なまりの江戸っ子)。

このコミックの見どころは、なんといっても「大場つぐみ・小畑健によるネーム」である。マンガ家のネームを見られる機会が少ない上に、神のようなお二方のネームが見られるのだ。

そのネームが、もう……。

続きを読む