鬼頭莫宏一覧

『なにかもちがってますか』 5 巻 鬼頭莫宏 – 事故批評を許さない


『のりりん』 11 巻 鬼頭莫宏 – 十年目のニワカ 雨・ハレ

鬼頭莫宏 『のりりん

Renault Spider 余計な物を取り除き──新しい世界へ

堂々の完結を迎えた第 11 巻です!
──え? もう終わったの!? という思いが正直な所では ある。しかし、「打ち切り感」は少なくてスッキリした終わり方が好印象でした。
いろいろな伏線が、答え合わせのようにパタパタと閉じられていきます。まさか、この作品に「叙述トリック」が仕込まれているとは思わなかった!
また、単行本の特典として、「リンの お母さんの秘密(意味深)」が描きおろしで追加されています。連載派の人も要チェックですよ!

続きを読む


『のりりん』 10 巻 鬼頭莫宏 – 策士 策で溺れさせる

鬼頭莫宏 『のりりん

New Brighton, Wirral, Milk Race 1966 いつの時代も好敵手は──自分自身

勝負は性格の悪い方が勝つ
──そう思わせるレースの結果でした。終わってみれば すがすがしくて後味の良い試合なのに、こまかい所では「いかに勝負に徹するか」を問うような状況が目立ちます。
そして、「性格ワルっっ!」なキャラクタを描かせたら、この作者ほど上手な人は なかなかいません。
しかし、『のりりん』の作風では 2,048 分の 1 くらい薄めてあるから、みなさんにも安心な飲み口でした!

続きを読む


『のりりん』 9 巻 鬼頭莫宏 – 青年 追いやすく 逃げ なりがたし

鬼頭莫宏 『のりりん

89/365 - Oberon pour 勝利が あふれる一杯──と なるのか

ついにレースが始まりました!
開始直前に感じた お祭りのようなワクワク感は どこへやら、走り始めたら真剣勝負で身も心も熱くなります。──もっとも、そのまま お気楽に走っている連中もいるけれど。
タイム・トライアルは そのまま脚力の争いですが、4 時間エンデューロは自転車競技ならではの駆け引きが早くも展開しています! 補給と補水にまで戦法があるなんて面白い!

続きを読む


『なにかもちがってますか』 4 巻 鬼頭莫宏 – 天数制で刑罰

鬼頭莫宏 『なにかもちがってますか

left alone
ぬいぐるみは──いつまでも覚えている

なるたる』では、偶数巻に悲惨な描写が多かった。

『なるたる』 1~4 巻 鬼頭莫宏 – 海に沈むホシと出会う少女 | 亜細亜ノ蛾

なにかもちがってますか』では逆に、大量に人が亡くなるのは奇数巻です。2 巻と 4 巻は、すくなくともミッツは人の命を奪っていない。
かといって「ヌルい」内容ではなく、新たな謎や「点数制」など、読んだあとに頭がズッシリ重くなるような充実感が ありました。
この作品の着地点は、まだまだ見えてこない──。

続きを読む


『のりりん』 8 巻 鬼頭莫宏 – 口は試合の元

鬼頭莫宏 『のりりん

Artisan, locally sourced, organic protein powder. Moving to Brooklyn and setting up shop.
時には──適量を超すことも大事

珍しく緊迫した前巻の終わりが気になっていました。
現役の女子高校生である織田 輪デリケートな部分(意味深)に侵入してしまった丸子 一典は、その責任を取る(意味深)ことが できるのか……?
口げんかは、ノリに とっては呼吸と同レベルだけれど(?)、リンには慣れていないはずです。この関係の修復は容易ではない──と予想してしました。

また、杏 真理子の告白も待っている!
2 人のヒロインから「両手に花」状態(?)なのに、いつまでもノリはドンカンでいられるのだろうか。
はたして、待つは修羅場か、酒池肉林……!?

続きを読む


『のりりん』 7 巻 鬼頭莫宏 – 鬼の居ぬ間に頂上

鬼頭莫宏 『のりりん

P1340215
鬼が出るか──輪が出るか

ついに杏 真理子の本性が暴かれる第 7 巻です!
カラモモさんは「カマトトさん」だったわけですが、その正体は──「オニモモ様」だった……!

また、ラーメン屋「」での解説が おもしろかった!
オイちゃんが延々と話を続ける場面は、「動かざることエベレストのごとし」な(?)『SKET DANCE』を思わせます。両方とも、セリフだらけなのに ちゃんと「マンガとして楽しい」!
オイちゃんと陽子さんの 2 人が中心になってロード・バイクの解説をする内容で、『のりりん』の副読本が出たら買います! たとえロード乗りじゃなくても、そういう読者は多いのでは?

“SKET DANCE” カテゴリィの記事 | 亜細亜ノ蛾

DMM.com 電子書籍: 『のりりんからダウンロードすると、パソコンや iOS・Android で手軽に読めます!

続きを読む


『なにかもちがってますか』 3 巻 鬼頭莫宏 – 刑画性が大事

鬼頭莫宏 『なにかもちがってますか

Pabst + Hollow Point
積み上げてきたものが──一瞬で終わる

なにもかも間違っている第 3 巻です!

日比野 光一社 高蔵の強みは、「誰にも能力を知られていない」の 1 点だけでした。それすらも、一社 春にはバレている。こうなると、ただの「ボンヤリくん」と「中三病患者」なだけですね。
──いやいや、いまや 2 人とも「×立派な(よくある間違い)」→「○れっきとした」犯罪者ですよ! これ以上、能力に気づかれては ならないのですが──。

緊張感あふれる描写以外も楽しかった!
前巻から方向性が「姉萌え」へ切り替わりかけましたが(?)、この巻では──もっと大きく間違っていきますよ!

続きを読む


『なにかもちがってますか』 2 巻 鬼頭莫宏 – 計画を実姉する

鬼頭莫宏 『なにかもちがってますか

IMG_3174 見たかった光景まで──あと少し

前巻とはジャンルが間違っている第 2 巻です!
なにしろ この作者だから、主要人物だって容赦しない。いったい何人のクラスメイトや「善良な市民」を巻き込みつつ世直しが進むのか──とドキドキワクワク緊張しながら読み進みました。
それでも──まったく予想できない展開です!

続きを読む


『なにかもちがってますか』 1 巻 鬼頭莫宏 – 転校生は片人

鬼頭莫宏 『なにかもちがってますか

Memorial to the Murdered Jews of Europe - Berlin, Germany
何人眠れば──世界は良くなる?

なにもかも間違っている「中三病」患者の話です!
同じ作者の鬼頭 莫宏が描く『なるたる』や『ぼくらの』とは まったく違うジャンルでありながら、同じ系列と見て間違いありません。しかも、前者の 2 作よりも「牙を剥く」時期が早い
「その瞬間」は いきなり来るぞ……!

続きを読む