english一覧

日本語と英語の辞書引き・翻訳ができる Greasemonkey

Fast look up JP and EN

今回紹介するのは、超絶便利な Greasemonkey スクリプトです。

[firefox][Greasemonkey][javascript] Fast look up JP and EN – jimo’s memo

これは、(決められたキーを押しながら)文字を選択をすると、英単語も日本語単語も辞書引きできる、というものです。

元となった下記のスクリプトを一つにまとめ、さらに便利になっていますね。

翻訳もできる

驚いたのが、翻訳もできること。単語の辞書引きと同じように、文章を選択すると、そのまま英訳・和訳が行えます。これは便利!

ネットで、英文サイトを見る機会はたまにあっても、何となく理解した気になって終わることがほとんど。このスクリプトで翻訳しながら読めば、もっと理解が深まりそう。

日本語の文章を英訳することもできるので、さらに英語学習の幅が広がりますね。

続きを読む


ポジティブを履き違えたバカにならないように

「ネガティブ」「ポジティブ」

「ネガティブ」「ポジティブ」という言葉が日常的に使われるようになって久しいです。──が、ただ単に「明るい」「暗い」を言い換えているだけ、という人が多いようです。──でも、うーんと、それって本当に置換可能なのか? と前からモヤモヤしていました。

同じようにもやっとボールな人がいたようで。

ネガティブが「否定」とか「消極」って意味だから、ついポジティブは反対の「肯定」「積極」って意味に捉えられがちなんだけど、そうではないのだよね。

みたいな話を江原さんが、靴ひもが解けたときの対処で例えていた。

  • 靴ひもが解けた
    • 靴ひもを結ぶ
      • →ポジティブ
    • 靴ひもが解けたって前に行けるさ!
      • →バカ(原文ママ)

深海魚のカタルシス – 誤ったポジティブ観
なるほど! と腑に落ちました。

是非とも深海魚のカタルシス – 誤ったポジティブ観にある「posit系・negate系」の意味が書いてある表もご覧ください。

「悩む」というだけで「ネガティブ」呼ばわりしている人は、「悩まない馬鹿」の事を「ポジティブ」と言っているに等しい──というのは言い過ぎですかね。でも、「ポジティブに悩む」という事もある、と考えられるだけでも少し認識が広がりますね。

(まぁ、ぶっちゃけ“positive”には「積極的な」という意味もあるので、“negative”の反対、と考えるのは問題無さそうだが)

「好き」「嫌い」

そういえば、

「好きの反対は嫌いではなく、無関心」

てきな事を初めて聞いた時も、同じように膝射ちでした。世の中には「嫌いにすら、なってもらえない」という苦痛があるのだよ──ね?>若き日のオレ

「──って、きんじょのオジサンからきいたよ」

「ちがいますー。スキのはんたいはキライ、ってセンセーがゆってましたー」

「うう、いやでもさ」

「センセー、asiamoth くんがぁ、ヘンなこといってまーす!」

「(うわ、きらわれたかな……。でも、スキのはんたいはムシだよな……)」

──いや、ゴメン。そんな思い出は無いけどさ(記憶を捏造)。


「情報」は英語で何という?

「情報」は英語で何というでしょう?
──と、いきなり問題を出しましたが、答えられる人と答えられない人、正解を聞いたあとの感想など、人それぞれ異なるのでは──と想像します。
今回は、はてなブックマークなどの「ソーシャルブックマークサービス」で「タグ」を英語で付けていくときにちょっと悩んだことを記事にしてみました。
2006年の初エントリィということで、ちょっと気合いを入れて書きました(空回りにならなければいいけど)。今年も、よろしくお願いします。

続きを読む