• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

DEATH NOTE : page.36 「親子」

次回は巻頭カラー !!

次回からは新展開になると思うし、かなり楽しみだ。


「L は今まで甘い物とコーヒー (と指) しか口にしていない」というのが、変にこだわりがあって好きだ。しかし、あんまり話題になってないみたい。

「L × 甘い物同盟」を作ろうかな。ちょっと探しただけでも、こんなにいっぱい同盟があるのに。

感想

第三のキラ、というのは無理がある と思ったが、なるほど、ビジネスで利用する人間、と来たか。

つまり、ライトの「考え」というのは、「レムに、キラの真似事をする事を条件に、デスノートを欲しがっている人間を探してもらう」事だったんだな。

さて、「第三のキラ」はどんな人物だろう。たんなる金持ちか、政治家か……。警察の関係者、というのもあるかな。


局長の迫真の演技が良かった。まぁ、ミサが「第二のキラ」 (のまま) なら、殺されていたから、あんな表情になるよな。

てか、「デスノートコラマンガ」のネタにされるな、と思った。笑い。

ミサと局長の絡みは、思ったとおり淡白だった。コラマンガで、もっと絡みがあると面白いかも。


ミサは、あれだけ長期間拘束された後なのに、なんか、あっけらかんとしている。長期間、監禁・拘束され、更に視界も奪われた状態が続いたら、精神に障害が起こるのでは ?

その割りに、「ボディガードが付いた」と喜んでいたりする。暗い過去を持ちながら、底抜けに明るくたくましいのが、ミサの魅力だな。

ところで、デスノートの記憶が無くなっても、寿命が半分になったのは戻らないのかな。もしそうだとしたら、あまりに不憫だな。もう、あまり出てこないだろうし。

次回の予想

次回は「八人」。何が八人なんだろう。「ついに、八人目のキラが !!」というのはやめて欲しい。

捜査本部の人数だろうか。現在は、L + 刑事が四人 (局長、松田、相沢、模木) + ワタリ + ライト、で七人。あと一人、誰か加わるのでは。

その一人が、「第三のキラ」と関連がある人物、とか。


リュークはもう出てこないのだろうか。原作者は違うが、前作の「ヒカルの碁」で、佐為が出てこなくなっても物語が成り立っていたから、なんとなく、このままリュークは出てこなさそう。

または、ライトと L が完全に信用し合う仲になった頃、ひょっこり現れそう。

[2] このページの一番上へ戻る