• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

DEATH NOTE : Page.52 「寸止」

えー、エントリーを投稿するのを忘れていました。「ありえねー」って感じですね。

今回は巻中カラーです。いつものように、死神を背景にしたライトの絵がきれいでした。ヨツバキラ編のクライマックスにふさわしいですね。

感想

また拘束されるミサ

今回もミサは、カラーページでは、後ろ姿だけでした。カラーでミサのアップを見たかったですね。

その後は、拘束し慣れているLと拘束され慣れているミサ、という感じでした(?)が、結局ミサの出番はここで終わりでした。捜査本部で「レム」の存在を知る唯一の人物ですが、このまま何もできないで終わるようです。このままではL達にデスノートの存在が分かってしまうのですが…

格好良すぎのワタリ

今回、格好良かったのがワタリと局長。特に、ワタリはビックリするくらい格好良かったです。ほとんど目が開いてないように見えるのですが、見事なライフルの腕でした。今回の「火口捕り物劇」は、ワタリがいなかったら確保はできず、火口が自害するところでした。

気になったのが「ライトとワタリ、普通に会ってるよ!!」というところ。今の今まで、ライトにはワタリの存在は明かされていなかったのに、普通にライトとワタリがいる場面になっていましたね。Lも隠すことなく、普通に「ワタリ」と呼びかけています。…いつの間に、「ワタリというのは、モニタの向こうにいるもう一人のL」とライトに思わせている作戦が無くなったのでしょうか?

格好良すぎの局長

ウエディと局長が火口を待ちかまえるシーンで、ウエディが「Mr.夜神」と呼びかけたり、「相変わらず堅いのね」「うむ」という会話のシーン、妙に二人の中が親密に見えたのは気のせいでしょうか。気のせいです。

その後、「哀れ、局長散る!!」…となるかと思ってちょっとビックリしました。あくまでも「法」を重んじながらキラと対峙する局長、見事でした。

LLコンビ

さて、今回の捕り物劇の中心はやはり、LとライトのLLコンビ…って、え? よく考えると、火口を確保するのにLやライトが出てくる必要は無いのでは? 人員不足、といえばそれまでですが…

やはり、どう考えても次回以降の展開上、この場所にLとライトがいる、と考えるのが正解かと思います。

哀れな火口の最期(?)

なんだか、見ていると哀れに見えますね。思えば、火口はライトの計画の犠牲者とも言えます。私利私欲の為にデスノートを使った報いといえばそれまでですが。

段々と追いつめられて、最期は自分の手で終わらせようと決意する…そういった描写が見事でした。

相沢と伊出

あまり予想もしていなかった相沢の登場ですが…ビックリするくらい、デスノートにしては珍しい「説明口調」でしたね。

次回の予想

割とストレートな展開だった前回と今回。これからがどうなるかが見物ですね。

デスノートはどうなる?

最大の疑問は、この後デスノートがどうなるか。

自分の予想のひとつが「L達に見つからないうちにレムが持ち去る」です。もちろん、その前に火口に所有権を放棄させるのが先です。ただ、問題はLとライトが「松井マネージャの名前を控えたノート」を見ている事ですね。この二人がノートの存在を忘れたりするはずがありません。

というわけで、デスノートがこのまま車内にあっても、レムが持ち去っても、どちらにせよLは核心に迫ることになるわけです。そこが最大の疑問です。

そこで、自分なりの結論です。

ずばり、ノートはL達に見つかる!! ただし、それは「ただのノート」です。つまり、レムがデスノートによく似たノートにすり替える訳です。これなら今後の話の展開にも無理が無いと思います。

[2] このページの一番上へ戻る