• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

小原 愼司氏の『パノラマデリュージョン』を読みました。

主人公は女子高生でありながら「心霊犯罪捜査官」。作中の言葉でいうと「妄想(デリ)」、簡単に言うと「幽霊」と闘うのです。

『菫画報』と同じく、独特の空気感が楽しい作品です。デリと闘っている最中でも笑えるのがさすがです。それと、スミレにはほとんど感じなかった(失礼)「色気」があるのも特徴。

ちょっとビックリするのが、「デリを見ることができる者」が逮捕されること。この作者のノリだったら、「お化けを逮捕する」話を書きそうなのに。逮捕された後は「ある施設」で過ごすことになるのですが──けっこう悲惨。デリ自体の設定なども悲劇的で、この作者以外が描いたら、いくらでも暗い話になりそう。

まだ一巻で話が動き始めたばかり。今後が楽しみな作品です。

[2] このページの一番上へ戻る