• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

Movable Type 4 への移行作業(途中)

週末なので軽めに行こうぜ!(挨拶)

ということで、今回は思いっきり手抜きで、他人様の記事を丸パクリです(なんだ、いつもと一緒か)。

下記の記事が素晴らしかったので、さっそく真似っこしてみました。Movable Typer(造語)必見の記事ですよ!

MovableTypeプラグインのコードを書く準備を40秒で済ませる - blog.aklaswad.com

この記事は「MT プラグイン開発の準備」という視点で書かれているので、

「あ、わたし関係ない。パス」

と飛ばしてしまう人がいるかもしれませんが、普通に MT を使っている人にも役立ちます。

MT はバージョンアップのたびに「ファイルのお引っ越し」が大変。なので、勢い「全部上書き」にした後で途方に暮れたり──。

そういった手間を減らし、安全にバージョンアップする方法、としても読める記事です。

具体的にやったこと

例として下記のようなディレクトリ構成にします。

/ (root)
|
+-------cgi-bin/
|       +-------mt/     (MT 本体)
|       |       |
|       |       +-------mt-static/
|       |       +-------mt.cgi
|       |       +-------mt-config.cgi
|       |
|       +-------mt-dev/ (オレオレディレクトリ)
|               |
|               +-------plugins/
|               |       +-------(追加したプラグイン)
|               |
|               +-------alt-tmpl/
|                       +-------(オレオレ.tmpl)

「/cgi-bin/mt/」に MT 本体を置いて、「/cgi-bin/mt-dev/」に自分が追加したプラグインやカスタマイズしたテンプレートファイル(.tmpl)を置く、という感じ。

さらに、「mt-config.cgi」は以下のように書きます(必要な部分だけ抜粋)。

CGIPath         /cgi-bin/mt/
StaticWebPath   /cgi-bin/mt/mt-static/

PluginPath      ./plugins
PluginPath      ../mt-dev/plugins
AltTemplatePath ../mt-dev/alt-tmpl

こうすると、

  • プラグイン:
    • /cgi-bin/mt/plugins/: 有効
    • /cgi-bin/mt-dev/plugins/: こっちも有効
  • テンプレートファイル(.tmpl):
    • /cgi-bin/mt-dev/alt-tmpl/: ここのテンプレートが優先
    • (上記にない場合は /cgi-bin/mt/tmpl/ のファイルが使われる)

という状態になります。──なんだか自分の説明だと、テレパス相手にしか伝わらない予感。

要するに、「mt-dev」(オレオレディレクトリ)にプラグインやテンプレートファイルを置くようにすれば、バージョンアップの際にいちいち引っ越ししなくてもいいわけです。

リンク先には、さらに「mt-static」以下の引っ越しも不要にするトリックがあります。始めにやっておくと後々かなり楽になるので、ぜひとも挑戦してみましょう!

下記の記事で書いた、シンボリックリンクも使えると、さらに便利。

Movable Type 4 正式リリース! インストールと雑感 : 亜細亜ノ蛾

MT4 の流儀?

余談。

いまのところ、せっせとテンプレート編集の毎日です。全くのオリジナルテンプレート作り──は今度にして、mt.Vicuna を MT4 用にゴニョってます。

いちおう書いておくと、コメント部分以外はコピペでそのまま使える(と思う)けど、わざわざ自分流に書き直すのが趣味なので。

Vicuna - Movable Type テンプレート

──しかし、MT4 の流儀に沿って <MTSetVar>, <MTGetVar>, <MTIncludeModule> を駆使して作るテンプレートって、思ったよりスマートじゃない。余計に、ゴチャゴチャするだけのような。

結局、自分のスタイルにあった書き方をするのが一番

──ということに気付くまでに、ものすごく遠回りをしてしまった。

しかし、自分の手を動かしてみないと、わからないことでもあるので、無駄ではない。──といいな。

[2] このページの一番上へ戻る