サウンドカードに直接ヘッドホンをつなぐ

2008-07-07T20:22:44+09:00 追記、タイトル変更

コメント欄をご覧いただきたいのですが、下記の方法はヘッドホンを壊す恐れがあるそうです! なので、良い子(も悪い子も)マネしちゃダメ、ぜったい!

まぁ、ドー●ーが「ムヒとか効くんだよな」と言うような、知ったかぶりと思って、笑ってスルーしてください。

こういうことがあるから、ブログに書いておくと良いですね。みんなもブログやろう! トクトク人生ですよ。

今回は、パソコンのサウンドカードから、直接、音を聴く方法を紹介します。

自分が愛用している ONKYO SE-90PCI というサウンドカードは、ステレオ RCA 端子と光デジタル端子がついています。しかし、PRODIGY HD2 ADVANCE のようにヘッドホンアンプ内蔵ではないので、ヘッドホン端子はありません。

しかし、ある方法を使うと、アンプを使わずに、ヘッドホン端子(ステレオミニ)をサウンドカードの出力端子(RCA)につなげられます。

聴いてみたら、ビックリするくらいにキレイな音が出て、「アンプ、いらないかも……」と思いました。あんなに、ノイズに困っていたのになぁ……。

実際の手順

ようするに、こういうケーブルを買ってくれば、すぐに試せます。

しかし、この「ステレオ RCA(オス)×ステレオミニ(メス)」という組み合わせの「Y ケーブル」って、あんまり種類が少ないんですよね。とくに、「オーディオに魂込めてます!」というメーカが少なそう(失礼)。

それに比べ、「ステレオ RCA(オス)×ステレオミニ(オス)」は選択肢がたくさんあります。こだわりのメーカでも見つかるでしょう。

そこで、自分が購入したのは、コレ。「ステレオミニ(メス)×ステレオミニ(メス)」という、マニアックな変換器です。コレを利用すれば、「ステレオ RCA(オス)×ステレオミニ(オス)」ケーブルの、ステレオミニがメスになるわけです。

photo
audio-technica GOLDLINK Fineステレオミニ延長 AT509CS
オーディオテクニカ 2007-08-24

audio-technica GOLDLINK Basic ピン×2-ステレオミニ2.0m AT361A/2.0 audio-technica DVDLINK オーディオケーブルピン×2 - ステレオミニ0.7m AT-DV61A/0.7

by G-Tools , 2008/07/02

audio-technica の GOLD LINK という、コストパフォーマンスが抜群でクオリティが高いシリーズなので、安心して使えます。同じ GOLD LINK で Y ケーブルも揃えれば、極上のサウンドが手軽に楽しめます。

──あ、いま気付いたけど「直接ヘッドホンをつなぐ」というと、ウソになるのか……。「アンプを経由せずに」という意味です。すみません……。

注意点

注意することも、いくつかあります。

まず、ケーブルを抜き差しする場合は、

「パソコンの電源を入れた状態で、マスターボリュームを 0 にする」

のを徹底しましょう。「ミュート」ではなく、手動で「0」にするのが確実です。

というのも、自分の環境の場合、音量が 30 を超えると、鼓膜が破れそうなくらいの音量が出ます。50 以上だと、ヘッドホンが壊れそう。

自分の大事なヘッドホンと、それ以上に大切な耳のため、ボリューム調整に気をつけましょう。

あと、言うまでもなく、このような使い方はメーカの想定していない使い方のため、自己責任でお試しください。

──とはいえ、一度でもこの魅力を知ってしまうと、アンプにつなぐのが馬鹿馬鹿しくなってくるんだよなぁ……(と誘ってみる)。

サウンドカードの実力

サウンドカードの、本当の実力を知るには、どのような準備が必要でしょうか?

一流メーカのアンプ? 超・高級なスピーカ? それとも──。

超・高校級(ショボっ!)──ではなくて、超々・高級スピーカでようやく聞こえるような音が、ヘッドホンやイヤホンで聞こえる、と言われています。

では、サウンドカードの実力を測るには、ヘッドホンがベストでしょうか?

しかし通常は、それでもアンプ(ヘッドホンアンプ)の能力に左右される、というのは避けられません。

では──、ヘッドホンアンプを経由せずに、直接サウンドカードから音を聴くことができれば──?

というのが、今回の発想です。

SE-90PCI のレビュー

そもそも、この方法は自分がオリジナルではなく、Amazon のカスタマーレビューを参考にしました。

たしか、ONKYO SE-90PCI のレビューで見た、と思ったのですが、いま確認すると見当たりません。うーん、どこか別の場所で見たのかな……。

photo
ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-90PCI
オンキヨー 2005-03-25

audio-technica ヘッドホンアンプ AT-HA20 バッファローコクヨサプライ Arvel 変換アダプタ モノピン プラグ2:ステレオミニ MAD213MP2 ONKYO WAVIO 77monitorアンプ内蔵スピーカー 15W+15W GX-77M(B) /ブラック ONKYO WAVIO アンプ内蔵スピーカー 15W+15W GX-70HD(B) /ブラック

by G-Tools , 2008/07/02

それにしても、SE-90PCI くらい、ノイズが皆無のサウンドカードじゃないと、この方法は使えません!

一度、オンボードのステレオミニ端子につないだことがありますが、「ビリビリ」とハッキリ聞こえるくらい、ノイズがヒドかったです。

まとめ

まぁ、この方法が「正しい」のであれば、ヘッドホンアンプのメーカは倒産するわけで(そうか?)。たぶん、シロートでは分からない、問題点があるのでしょうね……。

しかし、ヘッドホンの直つなぎで SE-90PCI の実力を聴いてしまうと、これを引き出せるアンプは──、少なくとも数万円クラスじゃないと、無理じゃないかなぁ……。

ということで、千円くらいで試せるので、ぜひどうぞ!

(余談だけど、個人的にパソコンのマスターボリュームをしぼるのは、音質の低下を招きそうで嫌い。パソコン側は 100% にして、良質なボリュームコントローラをケーブルに付けると、便利で良さそう)

[2] このページの一番上へ戻る