• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 18 ページ 「ライバルと友達」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 03 号)

「面白きことは良きことなり!」

最近読んだ小説に出てきたセリフだ。けだし至言である。

年を取ってくると面白さの上限を決めてしまいがちだ。やる前・見る前から「だいたいこれくらいの面白さだろう」と決めつけてしまう。世に可能性を見いだすのは子どもの仕事だ、と言わんばかりに。その結果、「面白きこと」を自分の中で勝手に消してしまう。

しかし、そんな人の思いとは別に、面白いことは世にあふれている。マンガもその一つだ。

今週号の『バクマン。』で起こった事件には、今後の話の広がりを感じさせて、たいへん面白い。十分に想定できた展開ではあるが、文句なしに楽しめた。

面白さには底がない。──そう素直に思った。

それしか描けない

オープニングでのサイコー・シュージンと服部との「対決」は迫力がある。お互いに一歩も譲らない。

こういう場面は、「やりたいから、やりたいんです!」「ダメだから、ダメだ !!」のような、理屈のない我の張り合いになりがちだ。見苦しい。しかし、この作者が書く話には、そんな心配は無用である。──まぁ、筋道を通そうとするのは、三人とも男だからだ──と事を荒立てるようなことを書いてみる。

(明日に書く予定の)後半の感想でも改めて語るつもりだが、服部の主張のほうが理にかなっている。と思う。

サイコーにはアニメ化を急ぐ理由があるが、それはマンガとは関係がない。そのため、「人気が出やすい・アニメ化されやすい」王道にこだわってる──それだけに思えるのだ。サイコーとシュージンがマンガにかける情熱を何度も見てきたが、マンガを愛しているからではなく、けっきょくは私利私欲のため──そう見えてしまう。

──今週号の新妻エイジを見て、さらに深く感じた。

有望な新人

「王道」への移行を決意した「亜城木夢叶」だが、彼らの「邪道」作品を推す者は服部のほかにもいる。さりげなく「僕は新妻より亜城木派です」などと言う編集者を登場させたりして、編集部と二人との意向の差を感じた。

ここで、二人が王道へ向かうことを、作者は「良いこと」として描いているのか、分からなくなってきた。

たしかに、もともと邪道を勧めたのは服部だ。シュージンの書いた話が、たまたまジャンプらしくなかった。サイコーの絵も少年マンガらしくない。そこに光る物を見た服部が、二人の進む道を決めた。

大人が子どもの道を示す。子どもが自分の意志で別の道を行く。──それだけを見ると、ジャンプマンガというか、少年が主人公の話としては良さそうだ。「王道で頂点を目指す」という困難な目標も、立派に聞こえる。

ただ、よく考えて欲しい。ジャンプでは王道マンガが人気を取っている、というのは先人たちが築いた道である。サイコーとシュージンは、先人たちのあとを追っているに過ぎない──というのは言い過ぎだろうか。

二人には、二人しか描けない世界で頂点を目指して欲しかった。そして、邪道を受け入れられる器が今のジャンプ読者にはない、と納得できるのも悲しい。

まぁ、『重機人間ユンボル』の面白さを理解できなかった時点で、ジャンプ読者には何も期待しないけれど……。

(というか、最近では『To LOVEる -とらぶる』すら後ろに載っていて、「そこまでバトルだけが好きか!」と思った)

新妻エイジの新連載

前代未聞というか、誰も考えつかないことをエイジは平気な顔でやった。ただ──自分のデビュー作くらいは自分で決めたい、という気持ちも分かる。

完全に蚊帳の外であるサイコーとシュージン・服部は ともかく、編集部は野次馬を含めて ざわめいている。そんな中、編集長の落ち着きは さすがだ。格好いい。たしかにこの場面では、あわてたり怒ったりしても、何も解決しない。緊急時でもすぐに的確な指示を出せる──だからこそ編集長なのだ。

──と言いながら、取り乱す編集長を一度は見てみたい、とアマノジャクな自分は思う。

編集部に行くぞ

雄二郎の独白によって、エイジがとぼけてる可能性に気付かされた。なるほど、本気かどうか分からない とんでもない発言を、過去にエイジは していた。単純に思いついたことをすぐに口にしている、と思っていたが、演技かもしれない。

本当に良い意味で読者を裏切ってくれる作者だ。完全な脇役であるアシスタントにも非凡さが見える、と前回の感想で書いた。それなのに、アシスタントの二人は あっさりとリタイヤしそうだ。いつもそうだが、まるで先を読ませない。

ページが進むたびに雄二郎が情けなく思えてくる。天才・エイジの担当には頼りない。しかし、服部のように自分の意見をハッキリと言っても、衝突するだけだろう。そういう意味では、エイジに合っている。情けない理由だが……。

さて、いよいよエイジが集英社へ到着、そしてサイコーとシュージンとの初対面! というところで、感想は次回へ続く……。

[2] このページの一番上へ戻る